今月6日、ヤクルトは昨年まで阪神に在籍しており、今シーズンは四国アイランドリーグの香川でプレーしていた歳内宏明の獲得を発表した。香川での成績は9試合に先発して5勝0敗、防御率0.42、奪三振率10.69、WHIP(1イニングあたりに出塁を許した数)0.53という圧倒的なものであり、投手陣にコマ不足に悩むヤクルトでは近日中のデビューが予定されている。



 過去にNPBの球団を退団し、独立リーグを経て復帰した例は決して多くはないが、今年はアメリカのマイナーリーグが行われておらず、新外国人の獲得が難しいという現状を考えると、歳内の獲得というのは面白い補強であることは間違いない。そこで今回は他にもNPB復帰を狙える選手はいないのか、探ってみたいと思う。

 まず候補になりそうなのが、先日BCリーグの栃木に再入団した北方悠誠だ。2011年のドラフト1位でDeNAに入団したものの制球難から一軍での登板なしで退団となり、ソフトバンクの育成選手として1年間プレーした後は独立リーグでプレー。そこで大幅なスピードアップを果たし、昨年シーズン途中にドジャース傘下のマイナーリーグへの入団を果たしている。先述したように今シーズンはマイナーリーグのシーズンが中止となったことで、9月から昨年途中までプレーしていた栃木に復帰している。

 ここまで2試合の登板だが、13日に行われた試合では最速157キロをマークするなど、そのスピードは間違いなくNPBに入ってもトップクラスだ。制球はアバウトで、先日の試合ではどこかを痛めた様子で途中降板したのは気がかりだが、状態が上がってくればまだまだスピードが伸びてくる可能性もある。ドジャース傘下のマイナーリーグに所属したまま栃木でプレーしているため、獲得するとなれば移籍の手続きは必要となるが、これだけのスピードを誇る投手はそうはいないだけに、リリーフが苦しい球団にとっては検討の余地はあるだろう。

 リリーフタイプでもう一人面白いのがBCリーグ武蔵の宮川将だ。楽天では6年間プレーし通算5勝をマークしたが2018年限りで退団。昨年から武蔵に入団し、コーチ兼任でプレーしている。2019年のシーズンは先発として10勝3敗と見事な結果を残し、今シーズンはリリーフに転向。ここまで22試合に登板して防御率は1点台と安定した投球を続けている。スピードはコンスタントに140キロ台後半をマークしており、ピンチの場面でも強気に攻める投球は定評がある。今年の10月で30歳となるが、まだまだもう一花咲かせる可能性もありそうだ。

 先発投手では山本雅士(BCリーグ・富山)と横山貴明(四国アイランドリーグ・高知)が候補だ。山本は高校卒業後に四国アイランドリーグの徳島を経て2014年のドラフト8位で中日に入団。4年間で退団となり、昨年からは富山でプレーしている。BCリーグ1年目の昨年は防御率5点台と成績を残すことができなかったが、今年はここまで12試合に先発して8勝0敗、防御率1.73と見事な成績を残している。今年で26歳と年齢的にもまだ若いだけに、NPB復帰があってもおかしくないだろう。

 横山は早稲田大から2013年のドラフト6位で楽天に入団し、1年目には初勝利をマークしたが2018年に退団。昨年はメキシコなどでプレーし、今年8月に高知に入団している。楽天退団後にサイドスローに転向したことでスピード、制球力ともにアップし、高知ではここまで4試合に先発して防御率は0.93という数字を残している。特に29回を投げて与四死球わずかに4というのは見事だ。

 野手については目立った成績を残している選手はおらず、直近でNPB復帰を狙えるような候補は見当たらなかった。ただそんな中でも9月13日の試合では栃木に入団した川崎宗則が初打席でいきなりホームランを放つ活躍を見せている。年齢を考えてもNPB復帰はなさそうだが、高い技術を間近で見られるというのは独立リーグの醍醐味でもあると言えるだろう。今後も歳内のように、独立リーグでレベルアップして、再びNPBに挑戦する選手が出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。