ここ数年で最もブレイクしたスラッガーと言えばヤクルトの若き主砲、村上宗隆になるだろう。ドラフトでは外れ1位での指名だったが、昨年は全143試合に出場して36本塁打、96打点をマーク。ちなみに高校卒2年目の選手が30本塁打以上を放ったのは、セ・リーグでは初のことである。今シーズンもキャンプでは出遅れたものの、開幕が遅れたことも奏功して4番打者としてチームトップの打率(.328)、安打(86)、打点(51)をマークしている。(※以降成績は全て9月15日現在)



 特に昨年は2割台前半(.231)だった打率が1割近く向上している点は見事という他ない。このまま順調にいけば、侍ジャパンの4番を任される日も近いだろう。最も輩出数が少なく、育成も難しいと言われる長距離打者だが、村上が出現してきたことで、各球団で日本人の若きスラッガーを育てようという機運も高まっている。そこで今回は村上に続く存在となることが期待される和製大砲候補をピックアップしてみたいと思う。

 まず筆頭に挙がるのが、村上と同学年の安田尚憲(ロッテ)だろう。二軍では1年目に12本、2年目の昨年は19本とホームランを量産し、今年はシーズン途中から一軍でも4番を任されている。ここまで打率は2割台前半でホームランも5本にとどまっているが、打点はチーム3位となる38打点をマークするなど要所で力強い打撃を見せており、日に日に4番らしくなってきた印象だ。

 昨年の村上はチームが低迷する中で起用されていたが、今年の安田に関しては首位争いを演じる中での4番打者ということで、その経験値も非常に大きくなることは間違いない。球団の日本人打者による30本塁打は落合博満(1986年)を最後に、30年以上遠ざかっているだけに、そういう意味でも期待は大きい。

 パ・リーグでは野村佑希、万波中正の日本ハムの高校卒2年目コンビも期待の大砲候補だ。野村はシーズン前の練習試合で結果を残して開幕スタメンを勝ち取ると、7月に入ってプロ初本塁打を含む2本塁打を放つなど飛躍を感じさせる活躍を見せた。その後、守備の際に骨折して長期離脱となったことは残念だが、高校時代からその柔らかいスイングと長打力には定評があり、来年の本格的なブレイクに期待がかかる。

 万波はルーキーイヤーの昨年、イースタンリーグで4位タイとなる14本塁打をマーク。その魅力は圧倒的な飛距離で、芯でとらえた時の打球の勢いは一軍選手を含めてもトップクラスである。高校時代からタイミングの取り方が安定せず、確実性にはまだまだ課題は残るものの、先に一軍出場を果たした野村を追う活躍を見せてもらいたい。

 パ・リーグのルーキーで楽しみなのが黒川史陽(楽天)だ。二軍ではチームトップの43安打を放つなど早くも中軸に定着。9月4日には一軍昇格を果たすと、初打席でライトへの犠牲フライを放って初打点をマークし、6日には初タイムリーを放つなどいきなり強烈なインパクトを残してみせた。現在は二軍に降格となったが、打席での雰囲気は高校卒ルーキーのものとは思えないほどの風格があり、広角に打ち分けられる打撃技術の高さも光る。高校卒の野手がなかなか育っていないチーム事情はあるが、そんな中でも将来の中軸候補として今後も注目したい選手である。

 一方のセ・リーグではやはり中日のドラフト1位ルーキー、石川昂弥が最も楽しみな選手となる。7月12日の広島戦で一軍デビューを果たし、初打席でいきなりレフトへのツーベースを放つと、その後はプロの変化球に苦しんだものの徐々に対応していくセンスの高さも見せた。二軍でもここまでホームランは2本ながら、3割近い打率を残す活躍を見せている。高校卒の選手はまず木製バットに苦しむことが多いが、石川の場合はそのしなりを上手く使いこなしているように見え、広角に大きな当たりを打てるのが何よりの魅力だ。低迷するチームにとって、最大の希望の星と言えるだろう。

 同じセ・リーグでは林晃汰(広島)も楽しみな一人だ。1年目の昨年は二軍で打率.225ながら7本塁打を放つと、今年はここまでで既に6本塁打をマークし、打率も.266と大きく改善している。高校時代からパワーはありながらも確実性に乏しかったが、徐々にタイミングをとる動きに無駄がなくなり、ミート力も向上してきた印象を受ける。チームは下位に沈み、故障者も多いだけに、起爆剤としてシーズン終盤に一軍昇格を果たす可能性も十分にあるだろう。

 今回取り上げた選手は、決して意図的に絞ったわけではないが、全員が村上と同じ高校卒のプレイヤーたちである。それだけでも球界の流れが徐々に変わってきたことがよく分かるだろう。近い将来、彼らがホームラン王争いをするようになれば、更にプロ野球が盛り上がることは間違いない。今後も新たな和製大砲がどんどん出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。