指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第37回は「チーム北島」について。



*  *  *
 2004年アテネ五輪で北島康介が平泳ぎ2冠を成し遂げたとき、泳法分析やウェートトレーニング、体のケアなどで、「チーム北島」と呼ばれた多くの専門家の支援を受けました。

「チーム北島」は01年に東京都北区にできた国立スポーツ科学センター(JISS)の研究員が中心メンバーでした。東大や日体大で教授を務めた浅見俊雄さんを初代センター長に迎えたJISSはオープン当初から、私が指導していた東京スイミングセンター(SC)の選手が積極的に利用していました。

 JISSの研究員だった岩原文彦さんは東京SC出身の元選手で、私はJISSができる前から練習方法などについて助言を受けていました。日体大1年だった北島が200メートル平泳ぎで銅メダルを獲得した01年福岡世界選手権を終えて、翌年の目標について話し合ったとき、北島から「ウェートトレーニングを本格的に始めたい」という話が出ました。私から提案しようと思っていたことを本人が言い出したので、ひざをたたいてよろこびました。

 岩原さんに相談したところ、「JISSにいい人がいます」とウェートトレーニングが専門の田村尚之さんを紹介してくれました。田村さんの指導で筋力アップに取り組み、世界のトップを争うための体づくりの基礎ができていきます。

 北島は02年の釜山アジア大会の200メートル平泳ぎで世界新を出しますが、その前のパンパシフィック選手権をひじの故障で途中棄権することがあって、JISSでリハビリなどを担当していたアスレチックトレーナーの桑井太陽さんに体のケアをお願いしました。

 競技力向上を目指すために設立されたJISSは、有能な人材が集まって本当に活気にあふれていました。私自身、JISSの研究者との交流は大きな刺激になりました。北島の成長に合わせて金メダルを取らせるために必要な要素が、ほぼすべてJISSの中にあった、と思います。

 釜山アジア大会を終えた02年秋、JISSの会議室に「チーム北島」のメンバーが集まって、2年後のアテネ五輪に向けた強化方針について話し合いました。どこの筋肉を鍛えたらいいのか、高地トレーニングはどのように行うかなど、私が座長になって様々な分野の専門家に一人ひとり発言してもらいました。強化計画を示し、意見を聞いた上で、こういう協力をしてください、とお願いしました。「北島に金メダルを取らせる」という思いが集まって、アテネ五輪で大きな実を結びました。

「チーム北島」をモデルケースとして、文部科学省は様々な競技のメダル獲得に向けたサポート体制を充実させていきます。08年にはJISSの横に味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)ができて、競技の支援体制はこの20年で大きく前進しました。

 大事なのはサポートを利用する選手、コーチ側に「こうしたい」「こうしてほしい」という強いニーズがあることです。「あるから使う」という消極的な姿勢ではサポートは生きてきません。サポートしてくれる人たちの能力を引き出す現場のコーチや選手の度量、スキルも必要です。サポートをする人が思い切り仕事ができる場を作ることも大切だと思っています。

(構成/本誌・堀井正明)

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

※週刊朝日  2020年10月2日号