指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第40回は、逆境を乗り越えるために必要な指導の基本について。



*  *  *
 競泳で今年度初の全国大会となる第96回日本学生選手権(インカレ)は10月1〜4日、東京辰巳国際水泳場で無事に開催することができました。新型コロナウイルスの感染拡大予防策として参加人数を絞ったこともあり、記録的にも好調だったと感じています。

 学校対抗は男子優勝が明治大で2年ぶり、女子は神奈川大が初優勝を果たしました。8月初めまでキャンパスの施設が使えなかったという神奈川大は、オンライン授業を受けながら大学の外で練習を続けたと聞きました。外出自粛期間をはさんだシーズンでしたが、どの大学も練習環境を整える努力を重ねて臨んでいました。日本選手権、ジャパンオープンと全国大会が続く下半期に確かな一歩を踏み出せたと思います。

 戦後の日本の水泳界をリードした古橋広之進さんは「逆境こそが進歩の母」という言葉を残しています。敗戦後の厳しい環境の中で練習に打ち込み、自由形中長距離で何度も世界記録を更新しました。選手も組織も、いつでも順風満帆というわけにはいきません。つまずいたとき、理由を深く考えて、どうやって前を向いて起き上がるか。日本の水泳界は古橋さんの言葉通り、逆境を乗り越えて前進してきた歴史があります。

 前回の1964年東京五輪で期待された競泳日本代表は、男子800メートルリレーの銅メダル1個に終わりました。ジュニア育成を柱とした再建策が打ち出され、全国にスイミングクラブができていきます。私がコーチとして就職した東京スイミングセンター(SC)も68年、昨年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公の一人、当時日本水泳連盟名誉会長の田畑政治さんが中心になって創設されました。

 前回の東京五輪で競泳がそこそこの成績を上げていたら、スイミングクラブがジュニア強化の軸となる現在とは、違った体制ができていたかもしれません。

 スイミングクラブ育ちが国際舞台で活躍するようになっていた84年ロサンゼルス五輪で水泳界に痛恨の出来事が起こりました。競泳日本代表選手の大麻吸引事件が発覚。当時の藤田明・日本水連会長が引責辞任し、副会長だった古橋さんが「誠意を尽くして、社会の理解と信頼を取り戻したい」と会長に就きました。

 86年に東京SCに入った私は、現在の日本水連会長である青木剛ヘッドコーチの元、水泳が速くなるだけでなく、あいさつを始め人間教育を重視した指導を心掛けてきました。

 大学のときは規則や礼に厳しい水泳部の寮で生活していたので、東京SCに入ったとき、選手たちは好き放題やっているなあ、という印象がありました。身勝手な態度をとる有力選手もいて、先輩コーチから「オリンピックを目指す選手は、こんな個性のある選手ばかりだぞ」と言われたこともあります。「そんなことはないだろう。個性をはきちがえてもらっては困る」と考えて、その後、北島康介、中村礼子、寺川綾ら五輪メダリストを育てるときも「水泳が速くなる前に人間教育」という指導を続けてきたつもりです。

 延期された東京五輪に向けて、これからが大事な時期です。人間教育の基本を水泳界で共有して、「逆境こそが進歩の母」の精神でコロナ禍の状況を乗り越えていきたいと思います。
(構成/本誌・堀井正明)

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

※週刊朝日  2020年10月23日号