五十嵐亮太は最後も「ワイルド・シング」だった──。

 10月25日、ヤクルトの本拠地・神宮球場。この日の中日戦が五十嵐の引退試合として行われることは事前に告知されていて、チケットは早くからソールドアウト。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、まだフルに観客を入れることはできないものの、神宮のスタンドは現在の上限に限りなく近い1万4484人の観衆で埋まった。

 しかも、この日はグリーンの「TOKYO燕パワーユニフォーム」が観客にプレゼントされたこともあり、レフト側の一部を除いてチームカラーの緑一色。2004年に当時としては日本プロ野球最速タイの158キロをマークし、「神宮球場がヤクルトファンで満員になったら、160キロ出せるかもしれない」と話したこともある五十嵐にとって、これ以上ない舞台が整っていた。

 試合前から熱気に包まれていたその神宮に、米国のパンクバンドX(エックス)の『Wild Thing(ワイルド・シング)』が流れたのは、両軍のスターティングラインナップが発表された直後のこと。過ぎし日に何度もこの場所で聴いた曲に、思わず懐かしさが込み上げてくる。

 日本のヴィジュアル系ロックバンドのX JAPANが、もともとのバンド名である「X」から改名したきっかけになったと言われるこのバンドを知らずとも、日本でもヒットした映画『メジャーリーグ』シリーズのサウンドトラックであるこの『Wild Thing』は、話が別だろう。

 さらに言えば、干支が一回りする前からヤクルトを見てきたファンならば、知らない者はまずいない。それはこの曲こそが、五十嵐がメジャーリーグに移籍する以前、2008年頃まで自身の出囃子として使っていたナンバーだからだ。

 映画の中では、この曲はチャーリー・シーン演じるクリーブランド・インディアンスのクローザー、リッキー・ボーンの登場曲として使われている。ワイルドな性格と、球はめっぽう速いがコントロールは恐ろしく悪いというワイルドな投球スタイルから、付いたあだ名が「ワイルド・シング」。それでこの曲を使っているという設定だったと思う。

 映画のボーンほどのノーコンではなかったものの、若い頃の五十嵐も自慢のストレートでグイグイ押すパワーピッチングが身上。「誰よりも速い球を投げるということが、この世界で生きていくために必要なことだという選択をした」と引退会見で語っていたように、まだ20代の彼にはこの曲がピッタリだった。

 その一方、同じ引退会見で「時間が経つにつれて、それ(ストレート)だけではやっていけない。じゃあ生きていくためにはどうすればいいかっていうところを考えて、その時その時で自分のベスト、バッターを抑えるためにはどうするべきかっていうところを考えて常々やってきた」と話したとおり、メジャーリーグを経て、2013年にソフトバンクで日本球界に復帰すると、年齢とともにその投球スタイルを変化させていった。

 2019年にヤクルトに復帰してからの登場曲は、ソフトバンク時代も使用していたという映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの『Skull and crossbone(海賊の印)』。起伏に富んだ壮大なクラシックは、ナックルカーブも織り交ぜるなど、すっかりベテランになって円熟味を増した五十嵐のピッチングのようでもあった。だからこの引退試合でも、登板時にはこれまでどおりこの『Skull and crossbone』が流れるものと思っていた。

 衆目の下、五十嵐がブルペンで準備を始めたのは、7回表の中日の攻撃が終わろうという頃。試合は劣勢ながら、ヤクルトの「ラッキーセブン」を前にスタンドが東京音頭で盛り上がり、傘の花が満開となる中で投球練習を続ける彼の姿を見ていると、じわじわと感傷的な気分が広がってくる。

 そして、7回裏のヤクルトの攻撃が終了。高津臣吾監督が投手交代を告げると、場内のスピーカーから鳴り響いたのは、なんと『Wild Thing』。「ピッチャー五十嵐、背番号53」のアナウンスとともにマウンドに向かうのは、まごうことなき現在の、41歳の五十嵐なのだが、懐かしい登場曲にその姿が「球界のキムタク」と呼ばれた若かりし日の、長髪の彼とダブって見えた。

 昨年9月23日の巨人戦以来398日ぶり、そして現役最後となる神宮のマウンド。その上に立つ五十嵐の元に守備に就くナインが歩み寄り、1人ひとりハグを交わす。それは五十嵐自身も「ちょっと感情があふれそうになってしまった」という、感動的な光景だった。

 偶然だが、ここで打席に入った中日の7番バッター、モイセ・シエラは、2012年にはトロント・ブルージェイズのマイナーで五十嵐のチームメイトだった選手。その年の7月にメジャー昇格を果たし、8月12日にはニューヨーク・ヤンキースに移籍していた五十嵐と2度対戦して、ヒット1本を打っている。

 そのシエラに対し、五十嵐が「自分らしいボールを投げようと思って、真ん中めがけて」投げ込んだ初球は、ケレン味のない143キロのストレート。シエラがこれを強振すると打球は三塁の右を襲うも、アルシデス・エスコバーが横っ飛びでグラブに収め、起き上がりざま一塁に送ってサードゴロに仕留めた。忖度なしのガチンコ勝負は五十嵐に軍配が上がった。

 わずか1球。若き日の「ワイルド・シング」然とした渾身のストレート勝負で最後のマウンドを終えた五十嵐のところに、高津監督が足を運ぶ。かつてはセットアッパーと守護神の間柄で「年齢はずいぶん離れてるんだけども、一緒に過ごした時間がすごく長かったので、言える思い出もあれば、他人に言えないような思い出もたくさん詰まってます」(高津監督)という2人は、改めてハグを交わした。

 驚いたのは、ファンの惜しみない拍手に帽子を取って応えた五十嵐が、一塁側のベンチに引き揚げながら、エスコバーから手渡されたボールをスタンドにポーンと投げ込んだことだ。「あんなにたくさんのファンに来ていただいて、最後の1球だったんですけど、その気持ちを伝えたいなという思いで投げました」という、五十嵐なりの感謝の表れだった。

 五十嵐にとってこの日、最後の舞台となったのは試合後の引退セレモニー。7分近くに及んだスピーチの終盤、スタンドのファンに起立を促すと「これからも東京ヤクルトスワローズと共に戦っていってくれるでしょうか? ヤクルトスワローズを愛していってくれるでしょうか?」と、自身が引退しても変わらぬ「燕愛」を呼びかけたのも、実に彼らしかった。

 その後はナインによる胴上げで5度、神宮の夜空に舞い、再び『Wild Thing』が流れる中でグラウンドを一周。その途中でライトスタンドのフェンスによじ登り、池山隆寛、古田敦也、宮本慎也といった歴代のレジェンドたちが引退試合で行ったパフォーマンスを「あそこからの景色を僕も見たかったんでね」と、再現してみせた。

 そんな五十嵐に聞いてみたかったのは、最後の試合で『Wild Thing』を登場曲として復活させた理由だ。幸いにもセレモニー終了後の囲み取材で直接、質問をぶつけることができたのだが、その答えがまたグッとくるものだったので、そのまま引用する。

「その時(『Wild Thing』を登場曲にしていた当時)、流した時にみんなが『リョータ!』って叫んでくれたんですよ。その声をね、今は出せないんだけれども、なんかどこかでファンのみんなの声、出ないんだけど『声を届けてほしいな』っていう思いがあって。もちろんそうじゃないんだけど、どこかでたぶんファンの方もね、昔を思い出してくれたんじゃないかなと思い……。言葉とか、今はこういう状況で歓声とかってないんだけれども、どこかで『僕らは通じ合ってるんだ』っていう思いがあって、アレにしました」

 現在は感染拡大防止のため、スタンドのファンは大声を出して応援することはできない。それでも五十嵐は彼らが心の中で発するであろう「リョータ!」の声に耳を傾け、絆を感じ取ろうとしたのである。ファンの「声なき声」は、彼には聞こえたのだろうか?

「聞こえましたねぇ。はい、自分で言ってましたし」

 そう言ってさわやかに笑う五十嵐に、少し感傷的になっていたこちらも自然と顔がほころんだ。

 23年間の現役生活で日米通算906試合に登板。NPB通算823試合は歴代7位、ヤクルト通算553試合は球団史上4位。若手時代さながらの「ワイルド・シング」として現役生活にピリオドを打ったレジェンドは、最後の最後まで湿っぽさとは無縁。それもまた、五十嵐らしかった。(文・菊田康彦)

●プロフィール
菊田康彦
1966年生まれ。静岡県出身。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身。2004〜08年『スカパーMLBライブ』、16〜17年『スポナビライブMLB』出演。プロ野球は10年からヤクルトの取材を続けている。