今季限りで引退を決断した巨人の岩隈久志投手。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が岩隈の印象を振り返る。



*  *  *
 巨人の岩隈久志が今季限りで現役を引退することを表明した。日米通算170勝か。メジャー時代の2017年9月に右肩を手術した。39歳。巨人では今季までの2年間で1軍登板はなかった。もし、これが「外様」じゃなかったら、もう少しわがままが通ったかもしれない。しかし、これ以上はチームに迷惑がかかると判断したのだろう。お疲れさまといいたい。

 私が西武の監督をしていた1999年のドラフトで近鉄に入団した。上背はあったが、線が細く、出てくるまで時間がかかるかなと思ったが、高卒入団から2、3年で出てきた。とにかく腕の長さから球持ちがいい。なかなかリリースされないから、打者はタイミングがずれる。直球は150キロ前後だったが、球速以上にキレを感じる。制球力も抜群だった。

 2004年の近鉄の合併騒動、そして翌05年の新球団、楽天での投球。同じ投球回でも、必要以上にエネルギーを使うなど、おそらく目に見えない負担がかかっていたろうと思う。いい意味で手を抜ける試合がどれだけあったか。特に楽天1年目の05年は戦力的に苦しい中、岩隈が投げる試合だけは勝とう……という空気感もあった。本人にしかわからない思いもあったろう。

 そして、忘れられないのが、09年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だ。まさに世界一の立役者となった。MVPを獲得した松坂大輔も「あれは岩隈が獲るべき賞」と話していたのを思い出す。

 この時期になると、どうしても選手の引退、もしくは戦力外といった動きが表面化する。10月26日にはドラフト会議が行われる。今年は本指名と育成指名の配分は変わるかもしれないが、それでも各球団10人近くは指名するだろう。そうなると、単純に現在在籍している10人程度は切らなきゃいけない。

 今年は難しい。新型コロナウイルスの影響もあって、選手のコンディションだって一定ではない。チームの功労者という選手に球団がクビを言い渡すことは難しいが、今年は球団の収益は大幅に減っている。本人との話し合いの中でどう折り合いをつけるか。昨年は阪神と鳥谷敬の間でいろいろあって退団することになったが、球団からすれば苦渋の決断をしなきゃいけない時期にさしかかっている。各球団とも収入減に合わせ、来季の年俸総額もどうしても抑えなければならない。いつもと違ったオフになるかもしれない。

 この原稿を書いている時点で、優勝争いはセ・リーグの巨人に続いて、パ・リーグもソフトバンクの優勝が近づいてきた。左腕の笠谷など、工藤監督が我慢して起用してきた選手が優勝争いの中で活躍している。ロッテは救援陣の駒の多さを考えても逆転があるかなと考えていたが、新型コロナウイルスの大量陽性者が痛い。コロナが優勝争いの分岐点の一つとなってしまうのが、ちょっとやるせない。

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95〜2001年)に2度リーグ優勝

※週刊朝日  2020年11月6日号