来年の夏に開催が延期された東京オリンピック。地元開催で活躍が期待されるなでしこジャパンのロードマップはどのようになっているのか。昨年の女子ワールドカップとそれ以降の戦い、また来年の五輪へ向けたチームの再編成まで、高倉麻子監督に話を聞いた。

*  *  *
 まず、大きな世代交代を経て臨んだ、昨夏の女子ワールドカップ・フランス大会を振り返っておこう。この大会ではケガなどの理由でコンディションを崩していた選手も多く、仕上がりが遅れた。形が出来上がったのはフランスに入ってからだったが、グループリーグを戦いながら、チームは完成度を増していく。

 ベスト16のオランダ戦では、攻守に日本らしさが表現された。前半は相手の攻勢を1失点で耐え、選手交代でリズムを変えると、攻め疲れの見える相手に波状攻撃をかける。レンヌのスタジアムに来場した観客からも、日本の選手が織りなすパスワークに、大部分をフランス人が占めたレンヌの観客席からは手拍子が起こった。終了直前のPK献上(このジャッジも微妙だった)で敗れたが、内容は完全な勝ちゲームだった。

「トレーニングの内容、選手のパフォーマンスを見て、もちろん、難しいところであるけれども、ギリギリのところで上に上がって行けるのではないかという思いがありました。グループリーグの3試合では、非常に苦労をしましたけれども『オランダ戦から行くぞ』と。普段通り、焦らずに、後半はカードを切るタイミング考えながら、延長戦まで戦い切って勝ちきるぞという思いでした。あの一撃で負けてしまって、選手がいちばんつらかったと思いますけれども、私自身もシャッターを閉じてしまったような感じでした」(高倉監督)

 敗戦だけをクローズアップして、自信を失う必要はない。指揮官は「決して、下を向くだけの大会だったわけではない」と選手に語りかけた。そして、10月のカナダ戦(〇4−0)、続く南アフリカ戦(〇2−0)で連勝を飾ると、年末に釜山で行われたEAFF E−1サッカー選手権でもチャイニーズ・タイペイ(〇9−0)、中国(〇3−0)、韓国(〇1−0)を破って優勝を果たした。

「(女子W杯のベスト16敗退に)選手たちも気持ちが落ちる部分があったでしょうけれど、自分の中で足りない部分へ前向きに、逆に通用した部分に対しては自信を持って、取り組んだ」と高倉監督。

 チームコンセプトはそのままに、女子W杯で得た経験をところどころで生かしながら、秋以降の5試合を無失点の全勝。いい形で2019年を締めくくった。

 年が明けた3月、なでしこジャパンはアメリカで行われたシービリーブスカップ(アメリカ)に参加した。ここで、スペイン(●1−3)、イングランド(●0−1)、アメリカ(●1−3)に3連敗を喫した。大きく分けて敗因はふたつ。第一に、対戦相手がシーズン中であり、こちらはオフ明けという、彼我のコンディション差。そして、ゲーム回しの拙さである。

「(オフ明け最初のスペイン戦と続くイングランド戦に比べれば)アメリカ戦では、だいぶコンディションが上がって、自分たち本来の戦いができたと思います。選手は試合の中で成長をしようとしているんですけれども、決して犯してはいけないようなミスも出ました。やってはいけない時間帯、やってはいけない場所で、やってはいけないプレー……。強豪は、少しの隙でも、しっかりと決めてくる。勝負に対して脆いところを見せてしまい、調子が悪いなりに試合を組み立てていく『したたかさ』がまだないなと確認しました」

 女子W杯時にはいなかった選手も加わった編成で、イングランドや女王・アメリカを振り回した時間帯もあった。課題と手ごたえが浮き彫りになり、「収穫が大きい大会だった」(高倉監督)。世界との距離を再認識し、本番まで残すところ半年足らず、のはずだった。

 ところが、アメリカから帰国したなでしこジャパンを待っていたのは、新型コロナウイルスの感染拡大で、一変した空気。緊急事態宣言が出され、社会の動きが止まりかけた時には、高倉監督も「平和で健康な社会にいない限り、スポーツはできないんだな、と強く感じました」。そして、東京五輪の延期が決定される。出鼻をくじかれた格好にはなったが、指揮官は「若い選手が多いので、時間をもらったと考えることにした」。新しいカレンダーに合わせて、強化を進めていく。

 再開されたなでしこリーグでは、個々の選手の状態に注意を払った。やはり、コロナ禍で体調をキープするのは困難で「身体が大きくなった」「強くなってきた」と感じさせる選手がいる一方で、コンディションが落ちてしまっている選手もいた。勝って加速し、躓くと再上昇できない、チーム状況と勝負の難しさを外から観察し、「やっぱり、チームは生き物だ」と感じた。

 そして、昨夏から今春までの候補だけでチームを固めるのではなく、調子のいい選手をピックアップし、短い期間でもチームが作れるプランに取り組んでいる。10月のキャンプでは、久しぶりでもあり、クロスからの攻防などをチェックしながら、コンセプトを確認した。なでしこリーグで好調なクラブから選考された選手が多かったが、単に「勝っているチームの選手」を選んだわけではない。むしろ、逆境下で発揮する底力に注目する。

「強いチームでいいパフォーマンスをするのは普通。チームの調子が良ければ、選手自身の調子も勝手に良くなるものです。そうではなくて、勝てない中で何ができるのか。チーム状態が落ちているときに、どうやって自分とチームを立て直していけるか。そこに代表選手としてのパフォーマンスを見ていますし、そこが選手としての真価を問われるところではないかと思います」(高倉監督)

 女子W杯不出場組では、レギュラー復帰後、チーム成績を劇的に向上させたジェフユナイテッド市原・千葉レディースの山根恵里奈や、開幕2戦連続で虎の子の1点を挙げ、ここまで8勝のうち7戦でゴールを挙げた田中美南らが選出されている。ただし、個々の選手の特徴は生かしながらも、チームとして目指す方向性を変えるつもりはない。

「『日本は、日本の武器で、世界のどのチームにもまねができないサッカーを目指す』と言っています。そのためには判断力、組織力がちょっとでも狂ってはいけないと思いますし、パス、コントロール、立ち位置、自分の動き出すタイミングなど、判断のクオリティーも高めていかなければいけません」(高倉監督)

 来年の秋には、日本初の女子プロサッカーリーグ=WEリーグが開幕する。高倉監督は「コロナ禍の中でも、プロリーグを立ち上げようと強い想いを持って、苦労しながら話を進めている方々がいる。難しい問題はたくさんありますが、舟や自転車をこぎ出す時にも、大きなパワーがいりますから」と関係者にエールを送り、同時に期待を寄せる。

 代表とリーグは両輪。WEリーグの成功を約束するためにも、代表の活躍は必要だ。また、秋春制への移行に伴う空白期間も、代表チームの完成度を高める糧になるだろう。

 2016年にリオ五輪出場権を逃し、昨夏のベスト16敗退。女子W杯・ドイツ大会(2011年)の優勝を皮切りに、ロンドン五輪(2012年・銀メダル)、女子W杯・カナダ大会(2015年)と、世界大会のファイナルへ進んでいた。ただでさえ、代表チームは結果が評価を左右する。「なでしこジャパンは大丈夫?」という厳しい声や批判は、大きな期待の裏返しなのだ。

 フランスでの戦いで、ヨーロッパ勢はベスト8の7チームを占めたが、今度、ホームのアドバンテージを得るのは、日本の側。なでしこリーグを戦う中で、選手が酷暑への対応力を身に着けているのは大きな強み。筆者自身は、メダルを十分に期待できると考える。

「このチームは未来に向かって、必ずレベルアップしていく。それは間違いないと思っています」と高倉監督。なでしこジャパンが、再び、世界の頂点を争う日は、そう遠くない。(※高倉監督への取材は、10月14日(水)、オンラインで実施)

(文・西森彰)