2位以下に大差をつけてセ・リーグ連覇を達成した巨人。7月中旬に首位に浮上すると、その後は山場らしい山場もなく、まさに独走での優勝だった。しかし細かく数字を見ていくと手放しでは喜べない点もいくつか見えてくる。そんな巨人の不安要素と、それでも独走となった原因について探ってみたいと思う。



 まず巨人最大の不安要素となるのが投手陣だ。チーム防御率3.34(以下、成績は全て11月4日終了時点)はリーグでもトップの数字だが、エースの菅野智之がこのオフにもメジャー移籍という報道が出ており、その穴をどう埋めるかということが最大の焦点になる。今年の菅野のここまでの成績は19試合に登板して14勝2敗、防御率2.04、1イニングあたりに許した走者の数を示すWHIPは0.91と先発投手としては非の打ち所がない成績となっている。

 菅野に続く投手としては高校卒2年目の戸郷翔征が8勝6敗、新外国人のサンチェスが8勝4敗と貯金を作っているものの、ともに今年が実質1年目のシーズンだけに来年も同じ成績が残せるかは未知数である。他の候補では田口麗斗、畠世周、桜井俊貴、メルセデス、今村信貴などの名前が挙がるが、シーズンを通して先発を任せるには心許ないのが現状である。

 10月26日に行われたドラフト会議では上位指名で二人の大学生投手を獲得したが、2位の山崎伊織(東海大)は6月にトミー・ジョン手術を受けて来年はリハビリのシーズンとなり、1位の平内龍太(亜細亜大)は故障明けでどちらかというとリリーフタイプであることを考えると、先発投手陣の上積みとしては計算できないだろう。新外国人やFAでの補強という手もあるが、菅野の穴を埋めるような投手を獲得できる可能性は低いだろう。まだ菅野の退団が決まったわけではないが、原辰徳監督には頭の痛い日々が続きそうだ。

 一方の野手陣も万全とは言い難い。今年のチーム得点数(511)はDeNAと並びリーグトップタイの数字となっているが、個人成績を見てみると、セ・リーグの打率トップ10に巨人の選手は一人もランクインしていない。打率3割を超える選手はゼロである。全体的に打率の高い選手が少ないシーズンとはいえ、ダントツで優勝するようなチームの打者が一人も打者成績上位に名を連ねていないというのは異例と言えるだろう。

 主砲の岡本和真がホームラン、打点でリーグトップの成績を残しているのは心強い限りだが、中軸を構成する坂本勇人、丸佳浩の二人はベテランと言える年齢に差し掛かっており、来年以降も安定した成績を残せるかは微妙なところだ。リードオフマンでは吉川尚輝、松原聖弥の二人がレギュラーに定着したのは大きいが、ともに大学卒ということで来年26歳と中堅に差し掛かっている。

 昨年高校卒1年目ながら二軍で首位打者を獲得した山下航汰も故障で今年は二軍でわずか4試合の出場にとどまっている。岡本以外の若手で中軸候補と言える選手は見当たらないのが現状である。坂本と丸が元気なうちに、世代交代の準備を進める必要がありそうだ。

 少なくない不安要素を抱えながら巨人が独走できたのは投手では菅野、野手では岡本、坂本、丸という柱がしっかりしており、若手とベテランを上手く回しながら積極的なトレードでチームを活性化させた賜物と言えるだろう。そして他の5球団を見ると投打の太い柱が揃っているチームはなく、補強に対しても出遅れたという印象が強い。どのチームも巨人に何としても対抗しようという姿勢が見えてこないのは寂しいところである。

 しかし前述したように巨人の不安要素は多く、来年以降もこの状態が続くとは考えづらい。以前と比べてFAで選手が獲得しづらくなっているだけに、重要なのは若手の輩出スピードを早めることである。ドラフトでは支配下と育成あわせて19人を指名し、11月2日には14人の選手に戦力外通告を行うなど思い切った選手の入れ替えを行ったが、それだけではもちろん不十分である。

 二軍、三軍をしっかり機能させて、獲得した選手の能力開花に努めることがこれまで以上に求められることになりそうだ。“育成の巨人”が復活して、新たな柱が確立されることに期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。