パ・リーグではまだまだクライマックスシリーズ進出権をかけた激しい2位争いが続いているが、徐々にストーブリーグの話題が増える時期となってきた。来季に向けての戦力補強が気になるファンも多いが、ドラフトが終わった今、残すチーム強化の手段はFA、新外国人、トレードに絞られることとなる。今回この中で注目したいのがトレードだ。アメリカと比べるとトレードの件数はかなり少ないが、それでも中には見事な戦力補強に繋がった例も存在している。過去10年間に行われたトレードで会心の補強となった例をピックアップして紹介したいと思う。


*  *  *

【5位】オリックス:桑原謙太朗 ⇔ 阪神:白仁田寛和

・2014年シーズンオフ

 これは完全に阪神が成功した例として印象深いトレードだ。桑原は2007年の大学生・社会人ドラフト3巡目で横浜に入団し、1年目に3勝をマークしたがその後は結果を残せずに2010年オフにオリックスに移籍。オリックスでも4年間で勝ち星0に終わり、中継ぎの強化を狙う阪神に再びトレードとなった。阪神でも2年間は結果を残せなかったが、2017年には勝ちパターンのセットアッパーに定着し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。翌2018年にも62試合に登板して5勝、32ホールドと見事な成績を残した。また交換要員となった白仁田も移籍1年目には43試合に登板するなどキャリアハイの成績を残しており、両者にとって悪くないトレードだったと言えるだろう。


【4位】ソフトバンク:新垣渚・山中浩史 ⇔ ヤクルト:川島慶三・日高亮

・2014年シーズン途中

 複数の人数によるトレードはあまり成功例が多くないが、このトレードは両チームにとってプラスが多くなった数少ない例である。投手陣に苦しむヤクルトは実績のある新垣と貴重なアンダースローである山中を獲得。山中は先日、今季限りでの退団が発表されたが、2015年から2年続けて6勝をマーク。貴重な先発ピッチャーの1人となった。新垣も3年間で4勝に終わったものの、2015年には15試合に先発してローテーションの穴を埋めている。一方のソフトバンクも日高は一軍の戦力にはなれなかったものの、川島は貴重なユーティリティプレーヤーとして今シーズンも戦力となっている。上手く補強ポイントがマッチした好例と言えそうだ。


【3位】楽天:高梨雄平 ⇔ 巨人:高田萌生

・2020年シーズン途中

 記憶に新しい成功例が今年のシーズン途中のこのトレードだ。プロ入り1年目から3年連続で45試合以上に登板しながらも二軍暮らしが続いていた高梨と、まだまだ高校卒4年目で期待の若手である高田のトレードに驚きの声も少なくなかった。そして高梨は自身最多となる20ホールドをマークするなど、勝ちパターンの中継ぎとして見事に一軍に定着して見せた。もし高梨の加入がなければ、巨人のリリーフ陣はより苦しい状況になっていたことは間違いないだろう。一方の高田は過去2年間と比べても成績はかなり悪化しているが、それでも二軍ではチームで2番目に多い投球回数を投げておりまだまだ期待は大きい。来季は同学年の大学卒投手が3人も入団してくるだけに、奮起に期待したいところだ。


【2位】日本ハム:エスコバー ⇔ DeNA:黒羽根利規

・2017年シーズン途中

 外国人選手のトレードは珍しいが、その中でも大きな成功と言えるのがこのトレードだ。ちなみにエスコバーは2017年に日本ハムに入団したばかりであり、入団1年目の新外国人選手がシーズン途中で他球団へ移籍したのは史上初のことである。1年目はそれほど目立つ成績ではなかったが、徐々に存在感を増し、昨年はリーグトップの74試合に登板。5勝、33ホールドをマークし、チームの2位躍進に大きく貢献した。今年も安定した投球を見せており、もはやチームには欠かせない存在と言える。一方の黒羽根は先日退団が発表され、DeNA時代のような活躍を見せることはできなかったが、数少ない実績のある捕手としては貴重な存在だった。


【1位】日本ハム:吉川光夫・石川慎吾 ⇔ 巨人:大田泰示・公文克彦

・2016年シーズンオフ

 そして過去10年で最もプラスとなった例といえばこのトレードになるだろう。ドラフト1位で入団して期待されながらも伸び悩んでいた大田が新天地では見事に主力へと成長。改めて環境によって選手が大きく変わるということを示した。また巨人では二軍暮らしが続いていた公文も中継ぎとして欠かせない存在へと成長。今年は少し調子を落としてはいるものの、貴重なサウスポーだけに復活への期待も高い。一方、巨人へ移籍した吉川光は2年目の2018年に6勝をマークしたものの、かつてのような輝きを取り戻すことはできず、昨年シーズン途中に再び日本ハムへ復帰。ただ石川はそのパンチ力を生かして、今でも貴重な外野のバックアップ要員となっている。“収支”を考えると完全に日本ハムがプラスではあるが、巨人にとっても決してマイナスではない結果と言えるだろう。


 今回は成功例を紹介したが、吉川光やサブローのように一度移籍して出戻るようなケースも中にはあることも確かである。ただ、ここ数年現役ドラフトが検討されているように、活躍の場を得ることで花開く選手もまだまだいる可能性は高い。今年はシーズン途中で成功した例も多かっただけに、来季以降も選手を生かすトレードが増えることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。