サッカー日本代表が5日、今月のオーストリア遠征(13日・パナマ代表、18日・メキシコ代表※開催の日付は日本時間)の招集メンバー24人を発表した。先月のオランダ遠征に続いて“オール海外組”となったが、その選考対象となった欧州クラブ所属の日本人プレイヤーの数は年々、増加の一途をたどっている。今冬の移籍市場へ向けても先日、横浜FC所属の19歳FW斉藤光毅の欧州移籍(ベルギー2部ロンメル)が報道されたばかりだが、まだまだJリーグには「未来の海外組」と言える有望な若手が多くいる。



 今季最大の発見であり、早くも海外から熱視線を送られているのが、首位を走る川崎フロンターレの大卒ルーキーMF三笘薫だ。1997年5月20日生まれの23歳。左サイドからダイナミックかつ変幻自在なドリブル突破でチャンスを創出し、ゴール前では冷静かつ豪快なシュートを繰り出し、出場22試合で11ゴール。途中出場が多い中、出場時間(1058分)で換算すると、94分間で1得点を挙げている計算となる。

 縦への推進力は1999年ワールドユースの本山雅志を彷彿とさせ、背筋が伸びた美しい姿勢でのボールタッチは乾貴士に通じるが、先人たちにやや不足していた得点力が、三笘の価値をさらに高めている。すでにこの活躍ぶりを大々的に取り上げる海外メディアも出てきており、東京五輪の開催と出場が叶えば、間違いなく魅力的なオファーが次々と舞い込むはず。あとは三笘の決断次第になるだろう。

 同じく、川崎フロンターレの大卒ルーキーで東京五輪世代のFW旗手怜央も売り出し中の若手Jリーガーだ。1997年11月21日生まれの22歳。U−22日本代表の一員として参戦した昨年のトゥーロン国際のチリ戦でハットトリックを決めて名を売ると、Jリーグの舞台で力強さと勝負強さが一気に増し、出場24試合で5得点。J初得点となった神戸戦での胸トラップからの左足ボレー、清水戦での地を這うミドル弾など印象的なゴールを決めた。前線ならどこでも対応可能。豊富な運動量で汎用性の高いアタッカーに対して、必ずオファーが届くはずだ。

 ただ、彼ら2人にとって海外移籍へのネックになるのが、年齢だ。世界レベルで選手発掘の若年化が続いており、三笘の23歳、旗手の22歳という年齢は、欧州クラブが“青田買い”するにはギリギリの年齢。この2人以外にも、豊富な運動量と高いボール奪取能力で中盤を支えるMF安部柊斗(FC東京)、攻守に高いクオリティーを誇るMF田中碧(川崎)、先日の横浜FM戦で超絶トラップからのゴラッソを決めたFW上田綺世(鹿島)、日本人離れした身体能力を持つDF立田悠悟(清水)などの名前が挙がるが、彼らも現在22歳。中堅クラブで欧州の生活を楽しむのならば年齢は問わないが、渡欧後にビッグクラブへステップアップを果たして行くためには、20歳前後で欧州サッカー界に身を投じないと現状、難しい部分がある。中田英寿と香川真司が渡欧したのは、ともに21歳だったのだ。

 そう考えると、前述した斉藤や久保建英(ビジャレアル)のように、もう一つ下の世代がターゲットになり、まずはセレッソ大阪の堅守を支えるセンターバック、瀬古歩夢の名前が挙がる。2000年6月7日生まれの20歳。強力な助っ人外国人を封じ込める強さと高さ、物怖じしないメンタリティーを持ち、今年度のルヴァンカップのニューヒーロー賞にも選ばれた。冨安健洋(ボローニャ)の成功もあって日本人DFに対する評価は上昇中で、欧州クラブから“見つかる”のも時間の問題。名将ロティーナの存在に加え、香川真司、乾貴士を輩出したクラブに所属していることも、欧州スカウト陣からすれば手を出しやすい存在と言える。

 今季から名古屋グランパスの右サイドバックを担う成瀬竣平も、海外の舞台への挑戦が期待される注目の若きタレントだ。2001年1月17日生まれの19歳。小柄ながらも攻撃時にはスピードに乗った仕掛け、守備時には闘志を前面に出し、何よりボールを持った際の落ち着き、判断力が素晴らしい。元々アタッカーであったことから攻撃センスも抜群で、U−19代表合宿で内田篤人ロールモデルコーチからアドバイスを受けながら日進月歩の成長を続けている。身長165センチと、サイズ面で不利を抱えるが、そこを他の部分でどれだけカバーできるか。日本人サイドバックの有能ぶりは、すでに欧州クラブ内で認知されているだけに、すぐに獲得リストに挙げられるはずだ。

 今年の高卒ルーキー勢では、鹿島アントラーズの荒木遼太郎が随一だ。2002年1月29日生まれの18歳。名門・東福岡高校時代は10番を背負い、トップ下やボランチが主戦場だったが、プロでは左サイドハーフとして躍動。柔軟なボールタッチからの鋭いドリブルとラストパスでチャンスメイクし、確かなプレービジョンと狭いスペースでも能力を発揮して攻撃にアクセントを加えている。入団前は、同期の染野唯月、松村優太の方が注目されていたが、現在は彼らを一歩リード。今後、スタメン出場を増やしていけば、必然的に海外からオファーが届き、その数も増えてくるだろう。

 彼ら以外にも魅力的なタレントが次々と育っている日本サッカー界。遠藤保仁や中村憲剛のサッカー人生を思うと、必ずしも海外移籍が正解だとは言えないが、その数が増えて行く流れは今後も変えられない。「森保ジャパンの新戦力」並びに「未来の海外組」は、日本国内にまだまだいる。