今年はオリックスのアダム・ジョーンズ、巨人のヘラルド・パーラを筆頭にメジャーリーグで実績のある大物助っ人が来日した。結果的に2人とも大きな戦力になったとは言い難いが、シーズン前は米国でも活躍した助っ人の獲得にファンは大いに盛り上がった。



 今シーズンのオフは新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか助っ人の補強も難しいところもあるが、昨年に続き大物助っ人の来日はあるのか……。今回はシーズンオフにフリーエージェント(FA)となり、日本に来たら面白い存在になりそうなメジャーの大物を探ってみたいと思う。

 まず、既に報道でも出ているが、NPBチームとの契約が噂されているのがトレバー・バウアー(投手・前レッズ)だ。今年は60試合と短いシーズンだったが、その中で11試合の登板で防御率1.73、WHIP0.79と圧巻の投球を続け、ダルビッシュ有(カブス)とのサイ・ヤング賞争いを制したことで日本でも有名となった投手である。

 バウアーは1991年生まれで来年30歳。前述のとおり、今シーズンはサイ・ヤング賞を獲得し、年齢を考えてもここから数年はキャリアの全盛期と言っても良い。当然、米国でもFA投手の最大の目玉であり、その去就は本国でも大きな注目を集めている。ここ数年は年俸がやや高止まりした感があり、コロナ禍による各球団の収入減の影響はあるが、大型契約がオファーされることは間違いない。お金以外の部分でも、バウアークラスの投手が格下と見られているNPB移籍を選ぶとは通常考えにくい。

 だが、バウアーは2009年に日米大学野球で来日して以来日本に興味を持ち、昨年12月にはDeNAの2軍施設を訪れるなど、親日家としても知られている。また、意見が分かれるセンシティブな野球の不文律や、サイン盗み問題に対しても鋭い意見を述べるなど、その“大胆さ”と“変わり者度”はメジャーでも屈指だ。自身のツイッターでもNPB球団からのオファーを検討すると表明しており、1年限定など短い期間での来日は十分にあると考えられるのではないか。

 バウアー以外の大物でFAとなっている選手では、イチローのマリナーズ在籍時にエースを長年務めていた元サイ・ヤング右腕フェリックス・ヘルナンデス(投手・前ブレーブス)や、2011年に本塁打と打点で二冠王に輝いたマット・ケンプ(外野手・前ロッキーズ)がいる。2人とも大物度としては申し分ないが、ヘルナンデスが34歳、ケンプは36歳と年齢的にベテランの域に入っている。成績も徐々に下降しており、ヘルナンデスに至っては新型コロナウイルスの蔓延を理由に今季は全休している。オリックスに加入したジョーンズも同じような年齢と成績の推移で来日して苦しんだだけに、日本の球団も手は出しにくい状況ではあるか。

 彼ら以外で知名度もあり、実績がある選手ではディー・ゴードン(内野手・前マリナーズ)がいる。日本ではイチローをリスペクトしているプレイヤーとして知られるようになり、昨年東京ドームで行われた引退試合では涙を流したことが話題となった。

 イチローとのエピソードで有名なゴードンだが、マーリンズ時代の2015年には首位打者となり、過去3度盗塁王を獲得。オールスターには2度の選出を果たした正真正銘のスーパースターだ。年齢も32歳とまだまだ老け込む時期ではないが、近年はケガの影響もあり、以前のようなパフォーマンスを見せられていない。今年も33試合の出場で打率.200、3打点、3盗塁とキャリア最低の成績に終わっている。

 まだまだやれると判断し、獲得に立候補するメジャー球団が現れる可能性も高いが、尊敬するイチローの母国の球団がオファーを出せば、興味を示してくれるはずだ。ここ数年の成績からも、そこまで高い年俸を提示するチームはないと思われ、日本の球団も十分対応できる額になるだろう。今年、阪神でプレーしたボーアもマーリンズ時代にイチローとプレーしたことが少なからず影響して来日したとも考えられるだけに、ゴードンもお金以外の“魅力”を見出し、日本に来てくれるかもしれない大物の一人である。

 その他で可能性のある選手としては、今年ソフトバンク入りしたマット・ムーアのような若い時期にメジャー屈指の選手となったものの、その後負傷などでくすぶった選手になる。最近ではマイルズ・マイコラス(巨人→カージナルス)、ピアース・ジョンソン(阪神→パドレス)などがNPBで活躍後、良い条件でメジャーに復帰するケースも増えてきており、再起をかけるために来日を検討している選手も少なくないはずだ。

 その条件に当てはまる選手として面白いのが、マイク・フォルテネービッチ(投手・前ブレーブス)だ。2018年には最速101マイル(約162.5キロ)の直球を武器に、キャリア最多となる13勝、防御率2.85をマークし、オールスターにも選出。ローテーションの一角として2019年シーズン終了までに通算44勝を挙げ、今年も先発ローテーションの一人として開幕を迎えた。だがシーズン最初の登板となった7月27日のレイズ戦で炎上すると、その後メジャー出場の40人枠から外され事実上の戦力外となった。

 開幕前のキャンプでは球速低下が指摘されていたが、まだ年齢も今年で29歳と若いフォルテネービッチ。現地メディアでもまだまだ“余力”はあるという評価もされており、復活を見越してNPB球団が触手を伸ばしても良いのではないか。既にメジャーでもトップクラスの実力は示しており、仮に復活となればバウアーにも負けない投球を日本で披露してくれるかもしれない。米国ではマイナー契約が見込まれており、条件的にも日本の方がより良いオファーを提示できるはずだ。

 似たような境遇としては、今年来日の噂も出た31歳の右腕マット・ハービー(投手・前ロイヤルズ)もいる。ハービーはメジャーでもトップクラスの元プロスペクトで、メッツ在籍時の2013年に地元でのオールスターに先発、2015年にはキャリアベストの13勝、防御率2.71を記録したメジャー屈指の投手だった。

 当然その後はメジャーを代表する投手になると目されていたが、肘の手術の影響もあり徐々に成績が低迷。ここ数年は毎シーズン復活を期待されながら、今季も7試合に登板して防御率11.57と結果を残せずに終わった。しかし、ストレートの平均球速は94マイル(約151キロ)と球速に関してはある程度の水準を保っている。まだまだ余力を残しているように見え、日本でプレーして見たい選手の一人である。

 他では、2012年のワールドシリーズMVPパブロ・サンドバル(内野手・前ジャイアンツ)、通算218本塁打のトッド・フレイジャー(内野手・前メッツ)、元サイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバー(投手・前レンジャーズ)らが大物と言えるレベルのFA選手だ。近年の彼らの成績を鑑みると、所属先がなかなか決まらない見込みも高い。コロナ禍で日本の各球団もリスクを取りにくいのは間違いないが、また来年もビッグネームが来日して日本のプロ野球界を盛り上げて欲しい。