50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいことは? 今回は11月15日開催された天龍プロジェクトの興行を振り返ります。



*  *  *
 俺の引退試合からちょうど5年目となる2020年11月15日、天龍プロジェクトの興行『革命伝承』を東京・後楽園ホールで行った。代表(※娘の嶋田紋奈さん)が選手やファンとコミュニケーションを取ろうと思いたって開催した興行で、ちょうど俺の引退5周年に合わせたんだ。当日はさまざまな団体から参加してもらった選手による全5試合+メーンイベントで天龍源一郎 V.S. オカダ・カズチカ(新日本プロレス)のトークバトルという、引退試合と同じ相手とのカードで、当日のことを順番に振り返っていくけど、まず感じたのは引退から5年経っていても、後楽園ホールを見ると気持ちが高揚するということだね。会場に到着してからは控室のモニターで試合の様子を見て、トークバトルの出番が近くなってくると、テンションが上がって、現役時代の試合前のような気分になったね。

 控室で試合を見ていると、リングに上がって自分の気持ちを表現できるのは幸せだなと感じる一方で、それがうらやましくてやきもきしている俺がいたね。プロレスラーは自分の怒りや嫌なことがあっても、すべてリングで発散できるという特異な職業だよ。なにがあってもリングで発散して、感情をストレートに表現すればいい。これが演劇だったら、役者がイライラしてても感情を抑えなきゃいけないし、喜劇だったら自分が悲しくてもお客さんを笑わせなきゃいけない。プロレスは特異なエンターテイメントだと再認識したね。

 さて、俺が試合を見ていて一番印象的だったのは、やっぱり鈴木みのる(パンクラスMISSON)だ。彼はからだが大きいわけではなく、何か特別なことをしているわけでもないんだけど、あれだけの選手がいる中で、お客さんの注目を一番集めていた。いろいろな団体の大きい選手や実力者と長年戦い続けてきたという自信があるんだろうね。何をやるのでもないけど、とにかくインパクトがあった。

 それから、驚いたのはDASH・チサコと橋本千紘(共にセンダイガールズプロレスリング)の女子選手だ。男子選手との混合タッグマッチだったけど、その中にあってあの2人はキレイな小気味いいプロレスをしていたね! 取材に来ていた記者たちからの評価も高かったよ。女子選手ながら潔い試合をしていて、俺は少し悔しかったくらいだ。女子だから目立ったんじゃなくて、あの日の試合の中で目立って、引き立っていた。チサコは5年前の俺の引退試合興行にも出場していたけど、橋本は初めて。この5年間でチサコの成長した姿が見られて、さらに橋本という新しい才能を持った選手も見ることができた。ここに5年間という月日を感じたね。

 彼女らだけじゃなくて、5年前は若手だった拳剛(フリー)、河上隆一(大日本プロレス)、那須晃太郎(ランズエンドプロレスリング)たちも、当時とはくらべものにならないくらいからだも“態度も”大きくなって(笑)、久しぶりに会っても最初は気づかなかったくらいだ。5年前はおどおどしながら試合をしていた彼らも、今回は堂々と自信満々に試合をしている姿を見て、本当に成長したんだなと感じることができた。変わっていなかったのは(78歳の)グレート小鹿くらいだ! 変わらないのがすごいんだよね(笑)。プロレスの先輩として、成長した後進の姿を見られるのは嬉しい。相撲界で言ったら、今の北の富士さんのような気分かな?

 さて、いよいよ、天龍源一郎とオカダ・カズチカのトークバトル。本当は俺がオカダの後にリングインする予定だったんだけど、俺の希望で先にリングに上がらせてもらった。オカダの入場シーンをリング上から見てみたいと思ったからだ。まず、俺がリングイン。今は脊柱管狭窄(きょうさく)症の影響やら、引退後にからだのケアをしていなかったツケで、杖をつきながらの入場となったわけだけど。以前はお客さんの前に杖をついて出るのはカッコ悪い、恥ずかしいという気持ちもあったが、今ではそんなモヤモヤもすっかり消えている。どう思われようと俺の成れの果て……と言っていいのかな(笑)、今のありのままの姿を見てもらいたいと思っている。プロレスラーが引退して長生きすると、からだにどれだけのダメージが残るのか。それを後輩やファンの方たちに身をもって見せることも、俺たち世代の役割だと思うんだよね。

 とはいえ、今のからだの状態で堂々と歩けるか、ちゃんとリングインできるか不安はあったんだ……。ところが、いざ入場となって現役時代のテーマ曲『サンダーストーム』がかかると、これまでにないくらい絶好調にからだが動くんだよ! いやあ、音楽というのは不思議なものだね。俺の葬式のときはこの曲をかけないでくれよ。この曲を聴いて起き上がったりしたら大変だろう!

 俺が先にリングインしてオカダの入場を見ていたけど、5年前よりも風格があったね! 俺が相手の入場する姿を見てカッコいいと思ったのは、高田延彦とこの日のオカダだけだ! ただ、入場する姿はカッコいいが、俺はオカダに対してある不安を持っていた。それは、トークバトルが決まってから周囲の人間によく言われていた「オカダは口下手でトークが苦手。時間が持つのか?」ということだ。そんな話を散々聞かされていたから、俺は「時間が余ったらどうするんだよ……。俺もそんなに話をひろげられないぞ……」と、ソワソワしていたんだ。

 ところが! トークバトルが始まるとオカダは「こんなにしゃべるのかよ!」というぐらい、流暢にグイグイ話し出したんだよ! いやぁ、完全に予想外だったし、コテンパンにやられたね。トークバトルの結果は引き分けとなっているけど、俺の完敗だったよ。オカダは自分のプロレス人生に自信があるから、同じレスラー同士でも位負けしないで堂々としゃべることができる。自分でも「トークは苦手で……」なんて言っておいてよ(笑)。それにトークが始まる前に、オカダがマイクを両手で持って俺に渡してくれた。こういうちょっとした気遣いができるのも憎らしいね。思わず「ありがとう」と言ってしまって、トークバトルする前から“あ、これは負けたね”と思ってしまったんだ。引き分けという結果になって、再戦要求があったけど、次は居酒屋開催してオカダを酔いつぶして、なんとしてでも勝とうと思っているよ(笑)。

 オカダは5年前の引退試合のときは俺のファンに囲まれてアウェー状態だったけど、今回は「引退試合で天龍を介錯してくれたオカダ、よくぞ来てくれた!」という感じで歓迎されていたね。天龍プロジェクトの興行に新日本プロレスのトップレスラーが来てくれたこともあって、その漢(おとこ)気に彼のファンがまた増えたんじゃないか。当日は新日本プロレスの試合が名古屋であって、すぐに現地に行かなきゃいけないから本当は最初にトークバトルをする予定だったんだ。でも向こうの試合編成が変わって、時間に余裕ができたおかげでメーンイベントにすることができた。試合があるにも関わらずオファーを受けてくれたオカダには感謝だよね。やっぱり、プロレスという共通のエンタメがあると、誰としゃべってもいい回答が出るもんだね。オカダもそつなく、リズムよく答えていたし、『クイズダービー』の大橋巨泉と北野大さんの問答にも負けていなかったんじゃないか。って懐かしいこと言うだろう(笑)。

 興行全体を振り返ると、コロナ禍の厳しい状況でもお客さんが集まってくれたことにまず感謝しているよ。プロレスが低迷していた頃も、今のような状況でも応援してくれるファンがいるのはすごいことだ。俺のイメージではプロレスファンは偏屈だけど愛情がある、昔のちゃぶ台をひっくり返すオヤジのような感じ。プロレスファンはプロレスラーになるヤツよりもよっぽど不思議な人が多いよね(笑)。

 また、他団体から参加してくれた選手たちをケガ無く、送り返せたことになにより安心している。団体の大事な選手をお借りして、ケガをさせてしまうのは恥だからね。俺の引退試合のときに女房から「試合が終わったら自分の足でちゃんと歩いて帰って来てね」と言われたけど、そのときは「何を言っているんだ??」という感じだった。でも引退してほかの選手を預かる立場になってようやくその意味がわかったよ。こんな気持ちだったんだね(笑)。

 代表とも話したけど、天龍プロジェクトとして、今後も興行をやっていきたいと思っている。プロレスラーの収入は「1試合いくら」という世界。興行が増えれば、その分だけレスラーが潤うということになる。「天龍は引退したくせにまだ興行をやるのか」と思う人もいるかもしれないけど、なるべく後輩のプロレスラーの収入になればいいと思っているんだ。だから、ファンの皆さんはこれからもどうか応援をよろしく!

(構成・高橋ダイスケ)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす。