今年は巨人、楽天などを中心にシーズン中の積極的なトレードが注目を集めるシーズンとなった。



 だがチーム、選手の数が日本よりも圧倒的に多いメジャーリーグでは毎年NPBを遥かに超える数のトレードが成立している。数多くトレードが敢行されれば、勝ち組と負け組が生まれ、過去のトレードに対する評価が「たられば」でファンの間ではよく話題となるが、勝ち負けだけでは語れない“変なトレード”もメジャーでは行われてきた。

 トレードと言えば、大前提として選手と選手の間で行われるのが通例ではあるが、選手と監督の間でトレードが起きたのが2002年。指揮官としてトレード要員となった人物は、名将として知られるルー・ピネラ監督だ。

 イチローのメジャー初年度となる2001年には、メジャータイ記録となるシーズン116勝をマークしたチームを指揮するなど、日本でも有名なピネラ監督。マリナーズの他にもヤンキース、レッズで監督を務め、1990年にはレッズを世界一に導いた優勝請負人ともいえる存在でもあった。

 この名将の移籍先となったのは、当時弱小チームだったタンパベイ・デビルレイズ(現レイズ)。チーム力向上を目指し、選手ではなくチームの根幹を司る監督を変えることで強化を図ったというものだ。1998年にメジャーリーグに参入して以来、2002年まですべてア・リーグ東地区で最下位だったデビルレイズは、見返りとして当時チームの主力だったランディ・ウィン外野手を放出している。

 しかし名将といえども、当時のデビルレイズの戦力は立て直すことができないほど絶望的な状況。2003年からの3年間で地区最下位2回に、4位1回と成果は残すことが出来なかったのは言うまでもない。一方、ピネラ監督の古巣マリナーズもウィンの獲得には成功したものの、そこから長いトンネルに入り、2001年を最後に一度もプレーオフに出場できていない。日本でも名監督がチームを去った後に勝てない時期が続くケースは多く、やはり監督の存在は大きいと改めて考えさせられる……。

 選手と監督という例も十分珍しいが、あくまで「人」と「人」の間で行われたトレードである。だが、過去には選手と「物」のトレードが発生した事例も多い。

 これまで選手と交換された「物」はバラエティに富むが、1900年代の初頭は道具も揃っていなかったためか、選手と交換されたのの中には、バット、ボールなど試合中に使われるものが多い印象を受ける。他にも、生きた七面鳥、牡蠣といった食べ物も選手の見返りとしてトレードされることもあった。ちなみに牡蠣と交換されたジョー・マルティナは後に“オイスター・ジョー”としてファンの間で親しまれることになる。

 近年では殿堂入りも果たしたデーブ・ウィンフィールド(ヤンキースなど)が、「ディナー」とトレードされるという事例も発生した。このトレードを引き起こす原因となったのが1994年に起きたストライキだ。ストライキはこの年の8月中旬から始まり、翌1995年の4月まで続くことになるが、実際にはストライキに入った後も1994年のシーズンは再開される可能性があったため、各球団はそんな中でも戦力補強を行っていたのだ。

 そして、その年ポストシーズン進出を狙える位置にいたインディアンスは、ツインズとのトレードを成立させ、ベテランの強打者ウィンフィールドを獲得。世界一を見据えリーグ再開後に戦う準備は整っていたが、結果的にストライキは長引き、残りのシーズンは行われることなく終わってしまうのである。

 ウィンフィールドのトレード交換相手に関しては、後に発表される予定だったものの、試合がなくなったことで消滅。そこで事態を解決するため、インディアンスの役員たちがツインズの役員たちをディナーに招待することで、“代わり”を果たしたのだ。ストライキが起こったゆえに生まれたエピソードであるが、ベテランとはいえ一流の選手とディナーとでは間違いなく釣り合いは取れていない感じは否めない……。(公式には金銭トレードとなっている)

 他にも“変なトレード”が存在する。前述のウィンフィールドの場合もそうだが、メジャーリーグではトレードが成立した際に、片方のチームが獲得する選手が決まってはいるものの、その代わりとしてトレードされるプレイヤーがその後に発表されるケースが多い。

 そんな慣習が生んだ“変なトレード”が起きたのが1987年。当時カブスに在籍していたディッキー・ノールズ投手は、トレードでタイガースへの移籍が決まった。見返りとして放出される選手はその後に発表されることになっていたが、トレード成立後にタイガースは見返りの選手がいないことに気づいてしまうのである……。

 そこでタイガースがとった手段は、トレードで獲得したノールズの見返りとしてノールズを選んだのである。トレードでは度々一方のチームだけが得をして、片方が大損をするというケースがあるが、これほど“イーブン”なトレードは後にも先にもないのではないだろうか。

 この様に長い歴史を誇るメジャーリーグでは、考えられないようなトレードも数多く起きている。日本では今後、選手と物が交換されることはないと思われるが、選手と監督のトレードが仮に発生すれば、プロ野球界は大いに盛り上がるのではないか。(dot.sports)