すっかりストーブリーグに突入したプロ野球だが、今月17日には今年活躍した選手を表彰する『NPB AWARDS』が行われる。この場で大きな注目を集めるのが新人王(最優秀新人選手)の発表で、今年はともにドラフト1位で入団した森下暢仁(広島)と小深田大翔(楽天)の受賞が有力視されている。



 プロ野球選手人生で一度しかない栄誉ある賞であることは間違いないが、中にはその年の成績がキャリアハイとなり2年目以降に苦しむケースも少なくない。そこで今回は過去5年間に新人王に輝いた選手がそのまま主力に定着しているのか、改めて検証してみたいと思う。

 まずセ・リーグの過去5年間の新人王、受賞した年の成績、今年までの通算成績を並べてみると以下のようになった。

■2015年:山崎康晃(DeNA)

該当年成績:58試合 2勝4敗37セーブ7ホールド 防御率1.92
通算成績:343試合 13勝20敗169セーブ44ホールド 防御率2.72

■2016年:高山俊(阪神)

該当年成績:134試合 136安打8本塁打65打点5盗塁 打率.275
通算成績:429試合 320安打20本塁打135打点21盗塁 打率.253

■2017年:京田陽太(中日)

該当年成績:141試合 149安打4本塁打36打点23盗塁 打率.264
通算成績:544試合 520安打16本塁打149打点68盗塁 打率.249

■2018年:東克樹(DeNA)

該当年成績:24試合 11勝5敗0セーブ0ホールド 防御率2.45
通算成績:31試合 15勝7敗0セーブ0ホールド 防御率2.71

■2019年:村上宗隆(ヤクルト)

該当年成績:143試合 118安打36本塁打96打点5盗塁 打率.231
通算成績:269試合 249安打65本塁打184打点16盗塁 打率.263

 そのまま主力へ定着した選手は山崎、京田、村上の三人だ。山崎は昨年史上最年少で150セーブを達成。オフには侍ジャパンの守護神としてプレミア12優勝にも大きく貢献している。今年大きく成績を落としているが、5年続けて結果を残したのは立派と言えるだろう。京田も4年連続で規定打席をクリアしているが、こちらは山崎に比べると少し物足りない印象を受ける。安打数、打率、盗塁数など主要な成績は1年目がベストで徐々に成績を落としており、通算打率も.250を下回っている。ここから持ち直して浮上できるか、根尾昂などの若手にポジションを譲るのか、来年が今後を占ううえでも重要なシーズンとなりそうだ。

 まだ実質2年間だが、盤石な雰囲気を感じさせるのが村上だ。昨年の大ブレイクでマークが厳しくなったにもかかわらず、今年は打率を大幅に上げて3割を超えてみせた。チームメイトの山田哲人が残留となったこともマークが分散するという意味では非常に大きく、来年以降も更なる飛躍が期待できるだろう。

 逆に苦しい状況なのが高山と東の二人だ。高山は昨年少し持ち直したものの、今年はわずか7安打でシーズンを終えている。4番に定着した大山悠輔とは完全に差をつけられたと言わざるを得ない。ドラフト1位で佐藤輝明も加入してくるだけに、来年は本当の正念場と言えるだろう。東は2年目の昨年故障で大きく成績を落とし、今年2月にはトミー・ジョン手術を受けて長期離脱となっている。術後の経過は順調と報じられているが、復帰時期については未定だ。成績云々の前に、万全の状態で実戦復帰することが来年の目標になりそうだ。

 続いてパ・リーグは以下のような顔ぶれとなった。

■2015年:有原航平(日本ハム)

該当年成績:18試合 8勝6敗0セーブ0ホールド 防御率4.79
通算成績:129試合 60勝50敗2セーブ1ホールド 防御率3.74

■2016年:高梨裕稔(日本ハム)

該当年成績:37試合 10勝2敗0セーブ1ホールド 防御率2.38
通算成績:118試合 30勝30敗0セーブ1ホールド 防御率4.04

■2017年:源田壮亮(西武)

該当年成績:143試合 155安打3本塁打57打点37盗塁 打率.270
通算成績:541試合 591安打10本塁打176打点119盗塁 打率.273

■2018年:田中和基(楽天)

該当年成績:105試合 112安打18本塁打45打点21盗塁 打率.265
通算成績:295試合 209安打28本塁打81打点37盗塁 打率.235

■2019年:高橋礼(ソフトバンク)

該当年成績:23試合 12勝6敗0セーブ0ホールド 防御率3.34
通算成績:87試合 16勝9敗0セーブ23ホールド 防御率3.13

 リーグを代表する存在となったのが有原と源田の二人だ。有原は新人王を受賞した翌年から二年連続で二桁勝利をマークすると、昨年は15勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。今年は少し成績を落としたが、それでもエースとしての役割を果たした。このオフにはポスティングでメジャー移籍を目指すこととなったが、アメリカでの評価も高そうだ。源田はショートの選手としては史上初めて新人から2年連続で全試合フルイニング出場を達成。2018年に記録した526補殺はショートとしてのシーズン歴代最多記録である。昨年は死球を受けた影響もあって8試合に欠場したが、今年は2年ぶりに全試合出場を果たした。

 短期間で役割を変えて成功している珍しい例が高橋だ。昨年は先発で12勝をマークしたが、チーム事情と連戦が多い特殊なシーズンに対応するためにリリーフに転向。新たな役割を任せられたにもかかわらず、安定感は更にアップし、強力ブルペン陣の一角として大きな存在感を示した。来年どのポジションで投げるかは流動的だが、どちらにせよチームにとって欠かせない存在であることは間違いないだろう。

 一方で苦しんでいるのが高梨と田中だ。高梨は新人王を受賞した年をピークに徐々に低迷。昨年からはトレードでヤクルトに移籍したが、成績の下降に歯止めが止まらない状態だ。来年で30歳と老け込むにはまだ早く、投手陣が弱いチーム事情もあるだけに、何とか復活を目指したい。田中はブレイクした翌年に故障で出遅れたことが響いて大きく成績を落とした。今年は少し持ち直したものの、レギュラー奪取には至っていない状況だ。辰己涼介や小郷裕哉など似たタイプの若手外野手は多いが、長打力のあるスイッチヒッターという希少性をアピールしたいところだ。

 以上、まとめてみると主力として定着したのは山崎、京田、村上、有原、源田、高橋の6人ということになる。投手では山崎はスピードとツーシームという決め球、有原はコントロール、高橋はアンダースローという明確な武器がある強みを感じる。一方の野手ではやはりケガに負けない体の強さが大きいのではないだろうか。今年の受賞者も来年以降続けて活躍するためには、そのあたりが重要になってくるだろう。1年だけで華々しく散るのではなく、今後も長く活躍する新人王受賞者が出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。