コロナ禍の中で幕を閉じた2020年のJリーグ。川崎の圧倒的な強さ、大卒ルーキーの活躍などとともに目立ったのが、外国人選手たち活躍ぶりだった。



 最もセンセーショナルだったのが、ケニア代表FWオルンガ(柏)だ。1994年3月26日生まれの26歳。2018年の加入初年度は、8月移籍もあってリーグ戦10試合3得点と大きなインパクトは残せずにチームもJ2に降格したが、昨季は1試合8得点を記録するなどJ2で計30試合27得点の大活躍。そしてJ1に復帰して迎えた今季、2月22日の開幕・札幌戦で2得点を決めると、リーグ再開後の第5戦・湘南戦から第11節・神戸戦まで7試合連続ゴールの離れ業をやってのけた。

 身長193センチ、体重85キロの体躯は強靭かつしなやかで、左足シュートは強烈で無慈悲。並居るセンターバックたちを圧倒的なフィジカルで吹き飛ばしながら1試合1得点のハイペースで得点を重ね、最終的に28得点をマーク。2位に10点差をつけて得点王に輝いた。かつてのエムボマ級、あるいはそれ以上のインパクトだった。

 来日1年目のブラジル人FWエヴェラウド(鹿島)の働きも見事だった。1991年7月5日生まれの29歳。抜群のキープ力とシュート力、高い打点からの強烈なヘディングシュートを武器に最前線で起点となり、シーズン途中の数試合は左MFでも出場する柔軟性を見せた後、シーズン終盤は上田綺世との2トップを組んでゴールを量産。11月は5試合で4得点を奪い、最終節・C大阪戦では鼻骨骨折明けのフェイスガードをつけながら後半終了間際に右足で同点ゴール。試合を重ねる毎に周囲との連携を高めながら最終的に18得点をマーク。自らが得点を決めた試合は12勝4分けという不敗神話を継続したままシーズンを終えた。

 この2人のストライカーを筆頭に、15得点を挙げたレアンドロ・ペレイラ(広島)、13得点のレアンドロ・ダミアン(川崎)、ジュニオール・サントス(横浜FM)、エリキ(横浜FM)の得点ランク上位陣は評価に値するものだった。

 さらに優勝チームの守備を支えたDFジェジエウ(川崎)、高さと強さ、献身性でチームの2位フィニッシュに貢献して健在ぶりを見せたパトリック(G大阪)、左サイドからの崩しの役割を担いながら自らも9得点をマークしたマテウス(名古屋)、契約満了で今季限りの退団が決定したが、豊富な運動量と優れたボール奪取能力でロティーナ体制の中盤を支えたデサバト(C大阪)。さらに高レベルのパス、ドリブル、シュートで攻撃を牽引したレアンドロ(FC東京)などの助っ人陣は期待以上の働きを見せたと言えるだろう。

 その一方で、期待外れの助っ人もいた。1人目はGKネト・ヴォルピ( 清水)。昨季のコロンビアリーグのベストイレブンの実績を持ち、鋭い反応と高い足元の技術で昨季J1ワーストの69失点の改善が期待されたが、出場したのは中断前の2月の開幕戦1試合のみ。その試合で3失点したことよりも、チーム方針、監督の起用法に大きな要因があったことは確かで、実際、今季もリーグワーストの70失点と守備崩壊が続いた。チームの中で「ネト待望論」もあったが、結果的に出場1試合は「期待を裏切った」と言わざるを得ない。

 だが、彼はまだ“マシ”かもしれない。今季、1試合も出場しなかったのが、FWジョー(名古屋)だ。元ブラジル代表の実力者で、来日1年目の2018年に24得点を挙げて得点王に輝いたが、昨季は足首のケガにも悩まされて6得点のみ。そこからの復活が期待された今季だったが、2月の故障から治療のために帰国、再来日、そして新型コロナウイルス感染拡大の中で再び帰国し、公式戦出場がないまま6月に契約不履行で契約が解除に。その後、この契約解除問題を巡ってFIFAの「紛争解決室」に裁定を委ねるまで発展した(ジョーとコリンチャンスが名古屋に対して賠償金の支払いを命じられる)。チームは3位でシーズンを終えたが、得点数45はリーグ12位。ジョーが2018年のような働きを見せていれば、川崎との勝点差は縮まったはずだ。

 その他、費用対効果を考えるとDFフェルマーレン(神戸)にも不満が残る。ベルギー代表として能力に申し分はなく、出場すればエレガントなプレーで攻守に貢献したが、負傷とコンディション不良もあって今季出場は34試合中14試合のみ。チームは14位と低迷し、失点59はリーグワースト4位タイ。フェルマーレンの今季の推定年俸5億円は、イニエスタを除くとJリーグトップだったが、この年俸に見合った働きはできなかった。

 さらに、アデミウソン(G大阪)も期待を裏切った1人に挙げられる。開幕から好調を維持し、プレー自体は悪くなく、上り調子でもあったが、10月に酒気帯び運転で接触事故を起こし、そのまま走り去ったとして書類送検。不祥事の多かった今季のJリーグの中でも大きな事件となった。サッカー選手ならばピッチ上で“答え”を出せばいいという考え方もあるが、現実として事故後は謹慎処分を受けて試合には出場しておらず、ファンを裏切る形となった。

 すでに来季へ向けた新外国人の補強も始まっているが、果たしてどれだけの選手がJの舞台で活躍できるか。願わくば、新たな歓喜と衝撃を、我々に届けてもらいたい。