今年のスポーツ界は新型コロナウイルスに振り回され続けた1年となった。プロ野球界も例外ではなく、当初予定されていた3月20日の開幕が延期され、約3カ月遅れの6月19日にようやくスタート。開幕後は無観客試合が続き、7月10日からファンの入場も許されたが、人数制限付きであるため、かつてのようなプロ野球の日常は戻っていない。



 そこで今回は、プロ野球以外も暗いニュースが多かった2020年の空気を吹き飛ばすような選手で構成した「ムードメーカー ベストナイン」を独自に選出してみた。(★は現役のNPB選手、通算成績は2020年終了時の数字)

*  *  *
・投手:岩本勉(日本ハム)
 通算成績:63勝79敗3セーブ、防御率4.44

「まいど!」の掛け声がトレードマークだった元気印。北海道移転前、日本ハムが“不人気チーム”だった時代にエースとして活躍する傍ら、グラウンド内外で周りを盛り上げようとする姿は印象深い。オフシーズンにはプロ野球選手とは思えぬモノマネを披露するなど、孤高のイメージのある投手らしからぬ“陽キャ”ぶりを発揮していた。


・捕手:小田幸平(元中日など)
 通算成績:371試合、112安打、2本塁打、45打点、打率.197

巨人時代には“清原の舎弟”としてテレビなどに取り上げられ全国的な知名度を誇ったが、通算の出場数は371試合。それでも17年という長いキャリアを全うできたのも、ベンチでの役割も評価されたからに違いない。中日移籍後にも主に控え捕手ながら、存在感は抜群。決勝タイムリーを放った後のお立ち台で放った「やりました〜っ!」の絶叫はTシャツとして販売されるなど、ムードメーカーらしくファンにも愛された。


・一塁手:中畑清(元巨人)
 通算成績:1248試合 1294安打、171本塁打、621打点、打率.290

名門巨人の選手は「球界の紳士たれ」との遺訓もあり、どちらかというと大人しい感じもあるが、その中でも圧倒的な陽気さを誇った選手。口癖は「絶好調!」で常にハツラツとした表情でプレーしていた姿が印象に残る。現役引退後には古巣巨人でコーチを務め、2012年からはDeNAの監督に就任。4シーズンで最下位2回、5位2回と結果は残せなかったが、その時代でも明るいチームのイメージがあったのは、表情豊かなこの男がベンチにいたからに他ならない。


・二塁手:杉谷拳士(日本ハム)★
 通算成績:672試合 263安打、14本塁打、92打点、打率.226

“野球の上手い芸人”と呼ばれているように、笑いを取ることに関しては球史に残るレベルのプレイヤーだろう。先輩の中田翔や、敵地・西武本拠地のウグイス嬢からも“いじられ”、他のチームメイトの笑顔を引き出す様子は今や日本ハムの名物となった。成績面では物足りなさは否めないが、ベンチでの貢献度は計り知れない。今季は試合前に国歌を熱唱し、チームを盛り立てる姿が「パ・リーグTV」に数多く取り上げられていた。


・三塁手:松田宣浩(ソフトバンク)★
 通算成績:1752試合 1728安打、287本塁打、937打点、打率.268

今年で37歳となり大ベテランといってもいい年齢になったが、チームを盛り立てる姿からは“衰え”は感じさせない。今季は成績的には満足のいくものではなかったが、日本シリーズ4連覇を果たしたチームには欠かせない存在でもある。今季はコロナ禍のため静かな環境で試合が行われたが、松田がいかにゲーム中に声を出しているのかも改めて実感することとなった。ホームラン後の「熱男!」の掛け声でファンを盛り上げることも忘れない。


・遊撃手:川崎宗則(元ソフトバンク)
 通算成績:1187試合 1376安打、27本塁打、373打点、打率 .292

三塁手として選出した後輩の松田にも間違いなく影響を与えた選手だろう。端正な顔立ちから女性ファンも多かったが、チームを盛り上げるためには“三枚目”を演じることもいとわなかった。メジャー移籍後も寡黙な日本人のイメージを覆す明るいキャラクターと“ムネリン流の英語”で、プレーしたアメリカやカナダのファンにも愛された。一方で、慣れない環境でプレーした米国時代には円形脱毛症を患うなど繊細な部分もあったようだが、そんなことを感じさせない姿に元気をもらったチームメイトやファンは多いはずだ。


・左翼手:ホージー(元ヤクルト)
 通算成績:244試合 218安打、51本塁打、142打点、打率.267

助っ人選手として唯一選出した。長年日本で活躍したラミレス(元ヤクルトなど)と迷ったが、2年と短かった日本でのプレーで強烈なインパクトを残したホージーを選んだ。その陽気な性格は異国の地・日本でも愛され、フジテレビ系「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」では、「たけや〜さおだけ〜〜」と歌う姿がファンの笑いを誘った。アメリカから来た選手はプライドが高いプレイヤーも多く、日本人選手との距離感がある場合も多い中、当時のチームに溶け込んでいたのも記憶に残る。来日した1997年にはホームラン王に輝き、日本一の原動力となるなど、実力でもチームに貢献している。


・中堅手:新庄剛志(元日本ハムなど)
 通算成績:1411試合 1309安打、205本塁打、716打点、打率.254

12月7日に行われたトライアウトでは、48歳とは思えぬ肉体でハツラツとしたプレーを披露してくれたのは記憶に新しい。現役時代は特に日本ハム移籍後に、ムードメーカーぶりを発揮。チームメイトを盛り上げるのは当たり前だが、本拠地・札幌ドームの天井から登場するなど様々な演出でファンを楽しませることも常に忘れなかった。日本ハム=明るい球団というイメージが定着したのは、新庄が作った流れであるのは間違いないだろう。


・右翼手:森本稀哲(元日本ハムなど)
 通算成績:1272試合 904安打、33本塁打、267打点、打率.259

北海道移転後の日本ハムを新庄剛志とともに盛り上げた。元々は決して明るい性格ではなかったようだが、“元気”を出すことによって自身のみならず周りのテンションも上げていた。また、新庄らと秘密戦隊ゴレンジャーの恰好で登場したかと思えば、漫画ドラゴンボールのキャラクター・ピッコロの姿で現れたりと、野球選手という枠を超えたパフォーマンスを見せていた。引退試合(西武時代)では、最終打席を森本に回すために同僚たちが奮起する姿からも、仲間から慕われていることも感じとれた。


・指名打者:川藤幸三(元阪神)
 通算成績:771試合 211安打、16本塁打、108打点、打率.236

現役時代は主に代打として出場。“浪速の春団治”としてファンに愛された。陽気なキャラクターで周囲を明るい雰囲気にするだけではなく、伝説の助っ人バースが来日した際には、流暢な英語が話せずとも将棋などをして親睦を図り、チームに溶け込めるよう尽力した。バースの活躍も川藤の存在があってからこそだったのかもしれない。全体を俯瞰してグラウンド外でも重要な役割を果たす男気溢れる選手であった。