戦力外通告を受けた野球選手たちの再起の場、トライアウト。48歳にして現役復帰を目指した新庄剛志さんの姿に、心を打たれた人も多いだろう。だが、トライアウトの意義は「再契約」だけではない。グラウンドには様々な思いが駆け巡る。



*  *  *
 真新しいユニフォームに袖を通し、笑顔を見せた。

「一度、クビになって終わった身なので、新しい自分を作って貢献したい」

 12月21日、横浜DeNAベイスターズへの入団会見でそう話した風張蓮(かざはり れん)投手(27)。2015年にヤクルトへ入団し、18年には53試合に登板。しかしその後低迷し、20年オフに戦力外となって12球団合同トライアウトを受験していた。風張投手はトライアウトで打者3人に対して無安打2奪三振の活躍を見せ、DeNA入団に至った。

 トライアウトは、戦力外通告を受けた選手たちがプロ再契約への望みをかけて集う舞台だ。しかしその道は細く、険しい。

■目的は「機会の均等化」

 ここ数年、プロへ復帰できるのは育成契約も含めて5人以下に留まる。20年も56選手が参加したが、プロ12球団との契約にこぎつけたのは風張投手のほか、日本ハムを戦力外になりヤクルト入りした宮台康平投手(25)、いずれも前ソフトバンクでオリックスと育成契約を結んだ田城飛翔(たしろ・つばさ)選手(21)、ヤクルトと育成契約した小澤(こざわ)怜史投手(22)の4人だけ。

 06年以来のプロ再挑戦が話題を集めた新庄剛志さん(48)、18年のセ・リーグ最優秀中継ぎ投手でトライアウトでも2三振を奪うなど活躍した前ヤクルトの近藤一樹投手(37)、かつては160キロを超える剛速球で知られた前楽天の由規投手(31)ら実力者にも吉報は届いていない。風張投手らはトライアウトで結果を出したが、トライアウトでの活躍が再契約へ結びつくとも限らないのが現実だ。

 自身も18年にトライアウトを受験した元ヤクルトの久古(きゅうこ)健太郎さん(34)は、トライアウト受験者のプロ再契約が難しい現状についてこう指摘する。

「トライアウトは球団側ではなく選手会側が求めた制度で、目的はあくまで『機会の均等化』です。契約する球団側が何を求めているかに沿った場でなければ、それ以上の役割を果たすのは難しいのではないでしょうか」

 合同トライアウトが始まったのは01年。当時は戦力外通告を行う時期が詳細には決まっておらず、日本シリーズに進出したチームなどで通告が遅れる傾向にあった。結果、他球団の入団テストを受験できないケースがあり、日本プロ野球選手会が球団側に対し、平等に受験できる場をつくるよう求めて始まった。つまり、「入団テスト」に近い場ではあるものの、選手を獲得したい球団側が設けたものではなく、選手側が受験機会を求めてできた場なのだ。

「どの球団もシーズン中から他球団の選手のチェックはしています。戦力外になった選手がどのくらいやれるかはシーズン中のパフォーマンスでわかっている。『トライアウトで活躍したから獲得する』とはなりにくいのだと思います」(久古さん)

 実際、戦力外通告を受けたのち、トライアウトを受験せずに別のチームと契約する選手も多い。20年は前述のとおり4人がトライアウトに合格したが、それ以外にも戦力外通告を受けた4選手がトライアウトを受験せずに他球団と再契約している(1月5日現在。同一チームと育成再契約したケースを除く)。また、ソフトバンクを退団しヤクルト入りした内川聖一選手(38)や、「事実上の戦力外」と報じられた前阪神の能見篤史投手(41、オリックスへ)、福留孝介選手(43、中日へ)のように、球団との話し合いで自由契約となりトライアウトを経ずに他チームへ移籍する選手もいる。

■トライアウトに不要論

 トライアウトを受験する、しないに関わらず、戦力外となった選手と他球団の交渉が解禁されるのはトライアウト終了後だが、その前から情報共有や非公式の接触があるとの指摘も多い。「他球団の動きや誰が別のチームと契約できそうかという感触はトライアウト前から伝わってくる」と話す元プロ選手もいる。

 そんな事情もあって、「トライアウトに意味はない」「その役割を終えた」との指摘はここ数年付きまとっていた。

 それでも、関係者の多くは「不要論」には待ったをかける。元プロ野球選手で野球評論家の森本稀哲(ひちょり)さん(39)は言う。

「ないよりもある方が明らかにチャンスはあります。年間数人とはいえ、トライアウトを経て再入団する選手はいる。シーズン中にある程度の能力はわかっていても、トライアウトで再確認して契約にいたるケースは多いはずで、トライアウトが不要だとは思いません」

 一方、前出の久古さんは自身のトライアウト挑戦について「合格は難しいと思っていた」と振り返りつつ、別の意味で「あってよかった」と語る。

「もう一度プロで、との思いは強くありましたが、18年シーズンのパフォーマンスや年齢を冷静に考えると、正直厳しいだろうとも感じていました」

 それでも受験を決めたのは、区切りをつける場にしたいとの思いがあったからだ。

「いつ出番があるかわからない中継ぎ投手の私は、最後の登板がいつだったかよくわからないまま戦力外になってしまった。野球人生を出し切って悔いのないように終わりたいし、家族にも投げる姿を見てほしい。トライアウトを『区切り』としてやり切りたいという思いでした」

■ハイタッチで迎える

 実際、同じような思いでトライアウトに臨む選手は多い。死に物狂いでプロ復帰を目指す選手が集まり、殺気立つと思われがちだが、例年会場の雰囲気は実に明るい。昨年のトライアウトでも、ヒットを打った打者をハイタッチで迎えたり、マウンドを降りる投手に拍手を送ったりするシーンが多くみられた。

 久古さんは続ける。

「私自身、仮に打たれても『ナイスバッティング』と素直に声をかけられたと思います」

 ファンの思いも同様だ。20年は新型コロナウイルスの影響で一般公開されなかったが、例年、会場には多くのファンが詰めかける。過去2回トライアウトを会場で観戦し、昨年もネット中継を見守ったというヤクルトファンの女性(25)は言う。

「もちろん選手のプロ復帰を願っていますが、難しいことはわかっています。それでも、『引退試合』のように最後に精一杯応援したい。トライアウトはファンにとっても大切な場です」

 そして、トライアウトは数々のドラマも生んできた。新庄さんの挑戦には、「勇気をもらった」との声が殺到した。再入団した先で花開いた選手もいる。08年にトライアウトを受験した森岡良介選手(36、現ヤクルトコーチ)は移籍先のヤクルトでブレーク、選手会長まで務め、リーグ優勝も経験した。

 選手とファンの思いを乗せるトライアウト。より実効性のある場とする議論を続けつつ、これからも続いてほしい。

(編集部・川口穣)

※AERA 2021年1月18日号