現在のプロ野球界の王者と言えば間違いなくソフトバンクになるだろう。昨年の日本シリーズでは2年連続の4連勝で巨人を一蹴し、4年連続の日本一に輝いた。このオフは今のところ目立った補強こそないものの、大きな戦力ダウンもなく今シーズンもリーグ優勝、日本一の大本命という状況は変わらないだろう。果たしてこの強さはいつまで続くのか、巨人がかつて達成したV9にどこまで迫ることができるのか、今後の展望と不安要素について探ってみたいと思う。



 昨年の戦いぶりを振り返ってみると、大きな強みは安定した投手陣にあると言えそうだ。チーム防御率は12球団で唯一の2点台。与四死球の数こそリーグ5位の多さながら、他の指標は軒並みリーグトップの数字である。特にチーム奪三振1035個はリーグ2位のオリックス(937個)を100個近く上回っており、いかに相手打者を圧倒しているかがよく分かる。

 中でも他球団と大きな差を見せつけているのが救援防御率2.60という数字を叩き出しているリリーフ陣だ。8回をモイネロ、9回を森唯斗というパターンが確立されており、アンダースローの高橋礼、左サイドの嘉弥真新也という他にはなかなかいないタイプの実力者を揃えているのも大きな武器だ。サファテ、岩嵜翔、甲斐野央といった実績のある投手が故障で離脱していることを感じさせない層の厚さで、泉圭輔、椎野新、板東湧梧、津森宥紀などここから成長が見込める投手も多い。高橋礼が先発に回ったとしても、十分にその穴を埋めることはできるだろう。

 先発投手陣も強力だが、今後のことを考えると大きな課題となるのが千賀滉大のメジャー移籍だ。契約更改後にはアメリカ行きの話がほとんどだったとコメントしているように、早ければ今年のオフには退団することも十分に考えられる。石川柊太、東浜巨、先述した高橋礼はまだまだ力があるが、やはりそれ以上に太い柱を確立したいというのが本音だろう。

 しかし未知数な部分はあるものの杉山一樹、C.スチュワート・ジュニアといったスケールの大きな若手が控えているのは心強い。武田翔太、田中正義、松本裕樹、高橋純平といったプロ入り前に高い評価を得ていたドラフト1位の選手たちをプラスアルファとして考えられるのは高い育成力の賜物に他ならない。仮に千賀が抜けたとしても、将来への備えはできている印象だ。

 一方の野手は投手と比べると不安材料が目立つというのが現状だ。昨年は4人が規定打席に到達しているが、若手と言えるのは栗原陵矢だけで残りの3人は中堅からベテランに差し掛かっている。助っ人のデスパイネ、グラシアル、バレンティンの3人も全員が今年で35歳以上ということを考えると、ここからの上積みは考えづらいだろう。

 栗原以外の若手を見てみると盗塁王に輝いた周東佑京を筆頭に川瀬晃、二軍で結果を残した佐藤直樹、三森大貴など足を使える選手の目途は立ってきたが、大砲候補となると育成選手出身のリチャードが目立つくらいである。昨年のドラフトでは1位から3位まで強打者タイプの高校生野手を揃えたが、一軍の戦力になるまでは当然時間がかかる。この1、2年で一昨年のように柳田悠岐が長期離脱するような事態が発生すると、その穴を埋めるのは難しいと言えるだろう。

 もちろん球団もそのことは分かっており、前述したように昨年のドラフト戦略にも野手を底上げしようという意図が強く感じられる。かつてダイエー時代に強いホークスの礎を築いた城島健司(昨年から会長付特別アドバイザー)、小久保裕紀(今年からヘッドコーチ)の2人を招聘したのもその一環と言える。ここからいかにチームの中心となる野手を早く一軍の戦力にすることができるのか、その点がホークスの黄金時代が続くかの大きなカギとなってくることは間違いないだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。