女子サッカーのプロリーグ=WEリーグ開幕を今秋に控えて、例年以上にストーブリーグが熱くなっている。

 新たに女子チームをスタートするサンフレッチェ広島は、2011年の女子ワールドカップ優勝メンバー・近賀ゆかり(←オルカ鴨川FC)、福元美穂(←ちふれASエルフェン埼玉)から、現なでしこジャパン候補の上野真実(←愛媛FCレディース)まで、新旧の代表経験者が加入した。大宮アルディージャVENTUSも2011年の世界一を経験し、一昨年のフランス大会にも出場した鮫島彩(←INAC神戸レオネッサ)を完全移籍で獲得。どちらもチームの骨格ができてきた。

 運営体制が変わったマイナビ仙台レディースは意欲的な動きを見せて、長野風花(←ちふれASエルフェン埼玉)、宮澤ひなた(←日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、矢形海優(←セレッソ大阪堺レディース)ら、次代を担うタレントを加えた。ノジマステラ神奈川相模原は、リーグ戦全試合に出場した川島はるな(→サンフレッチェ広島)、南野亜里沙(→ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)が退団する一方、代表候補の脇阪麗奈(←セレッソ大阪堺レディース)らが加入。今季は、ガラリと変わった布陣になりそうだ。

 今オフは、ゴールキーパーの入れ替わりも激しい。日テレ・東京ヴェルディベレーザは、皇后杯で優勝をつかみ取った西村清花が引退。代表でもレギュラー的存在の山下杏也加がINAC神戸レオネッサへ移り、そのI神戸からは、昨季のレギュラー・スタンボー華が退団している。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、山根恵里奈が引退。山根と競争を続けてきた船田麻友(→ちふれASエルフェン埼玉)、木稲瑠那(→サンフレッチェ広島)も他チームでの挑戦を選択し、昨季のリーグ戦出場ゴールキーパーが全てチームを去った。

 こうした中で、森栄次監督の下、成長過程の途中でリーグ優勝を果たし、皇后杯でも準優勝した浦和レッドダイヤモンズレディースは、今のところ大きな戦力低下も見られない。なでしこリーグの歴史を振り返ると、大幅に陣容が変わったチームは、変化に対応する時間が足りず、優勝を逃すケースが多かった。これまでの例に倣えば、ギャンブルをする必要がない浦和が優勝候補の本命となり、昨季のうちにモデルチェンジを行ったアルビレックス新潟レディースも前進が期待できる。

 一方で、今季から始まるWEリーグでは、なでしこリーグとは傾向が変わる可能性もある。そのカギは、アマチュアリーグからプロリーグへの移行にある。

 2020年度のなでしこリーグベストイレブンに移籍初年度の選手として唯一、名前を連ねた田中美南(INAC神戸レオネッサ)は、「大きなチャレンジ精神で臨んで、こういう大きな賞をもらえてうれしかった」。受賞の要因については「チームメートや監督に助けられたのはもちろんですが、ベレーザの時に比べて、もう少し下がったところでの関りが増え、連携がとれたということ。そして、個人で打開していくところが例年に比べて多かった。そのあたりを評価してもらえたのではないかと思います」と自己分析している。

 I神戸では、田中に限らず、加入1、2年目の選手の活躍が目立つ。新人賞は過去5シーズンで4人(杉田妃和、福田ゆい、三浦紗津紀(※2020シーズンからアルビレックス新潟レディース)、水野蕗奈)が受賞している。リーグ初制覇の2011シーズンも、日テレから獲得した澤穂希らの活躍が光った。他チームでは、新加入選手の多くが、新しい職場への適応など、オフの部分にリソースを割かなければいけなかった。I神戸ではプロ、セミプロ選手として、サッカーにほとんどの時間を割けた。その差が大きかった。

 WEリーグのスタートで、同リーグ所属選手のほとんどはプロ契約を結び、これまでのように仕事をしながらプレーする選手は少なくなる。サッカーに集中し、効果的なトレーニングができれば、それだけ短い日数で連携、戦術を向上できるし、意思の疎通も図れる。各チームでこうした取り組みができるようになったWEリーグでは、移籍初年度の選手が活躍するケースが増えるだろう。

 さらに、今季は、秋春制への移行で生まれた開幕までの約半年間という長い準備期間がある。新規参入の2チームや、なでしこリーグ2部から参戦するちふれASエルフェン埼玉やAC長野パルセイロ・レディースが大きな化学変化を起こし、浦和をはじめとする昨季の上位チームを倒すシーンが見られるかも知れない。

 2015年から2019年まで5連覇した日テレや、2011年から2013年まで3連覇したI神戸のように、浦和が長期政権を築き上げるのか。それとも、他のチームがこれをストップするか。WEリーグ初年度の女王をめぐる争いは、開幕の半年以上前から楽しみだ。(文・西森彰)