2020年シーズンのオフは新型コロナウイルスの影響もあり、メジャーのストーブリーグが異常なほどに鈍い動きとなっている。



 これまで、大物と言われる選手で去就が決まったのは、DJ.ルメイユ内野手(ヤンキースと6年9000万ドルで再契約)、ジョージ・スプリンガー外野手(ブルージェイズと1億5000万ドルで契約)、救援右腕のリアム・ヘンドリックス投手(ホワイトソックスと3年5400万ドルで契約)、メジャー屈指の打てる捕手J.T.リアルミュート(フィリーズと5年1億1550万ドルで再契約)の4人ぐらいのもの。

 最大の目玉である昨季のサイ・ヤング賞右腕トレバー・バウアー投手(レッズからFA)、強打の外野手マーセル・オズーナ(ブレーブスからFA)などの行き先は、まだ決まっていない。また、田中将大(ヤンキースからFA)も当初は米国でのプレーを希望していたが、所属先が中々見つからず、古巣の楽天と年俸9億円(推定)の2年契約を結び、8年ぶりの日本でのプレーが決まった。

 既に契約を結んでいるルメイユも32歳と年齢的には若くはないが、昨年は打率.364で自身2度目の首位打者になったメジャー屈指の好打者。新たにヤンキースと結んだ契約を年俸に直すと1500万ドル(約15億円)となる。日本のプロ野球の年俸を考えると巨額には見えるが、メジャーリーグの水準を考えると、FAのタイミング次第では年俸がもう500万ドル(約5億円)ほど上乗せされてもいいような気もするほどだ。

 このように実績のある選手が移籍する際には、長期契約を結ぶことが一般的なメジャーリーグでは、どのタイミングで移籍するのかというのが非常に重要となってくる。

 今思えば、田中は今オフこそ最悪のタイミングで移籍の時期を迎えたが、メジャーへ移籍した時には逆に最高のタイミングだった。楽天時代の2013年に24勝0敗、183奪三振、防御率1.27という文句のつけようのない成績を残したとはいえ、大型の契約を手にできたのは“運”もあったからというのは否定のしようがない。

 まず、この年田中がラッキーだったのは、ポスティングのシステムが変わったことだ。それまでは、上限なしで最も高い金額を入札した球団のみが、選手と交渉できるルールだったが、この年から入札の上限を2000万ドル(約20億円)とし、NPB球団側が設定した入札額を了承した全ての球団が、選手と交渉できる制度となった。旧制度では前所属のNPB球団に支払う入札額がどうしても大きくなったが、新たなルールの下では年俸として選手の手元に行く金額が増えたのだ。

 また、田中がメジャーに挑戦した年のFA市場には目玉となる投手が乏しく、それも追い風となった。最終的に田中はメジャーでのプレー経験がないにも関わらず、7年1億5500万ドル(約160億円)という破格の契約を勝ち取ることに成功した。

 一方、田中同様、日本で“無双状態”だった日本ハム時代のダルビッシュ有(現パドレス)は2011年のオフにポスティングでメジャーに移籍。田中ほどの神がかった成績ではないが、日本最終年の成績は18勝6敗、276奪三振、防御率1.44と全くそん色のない数字だった。だが、当時のポスティングのルールは入札額に上限のないもの。最終的に5170万3411ドル(約54億円)という高額でレンジャーズが入札。ダルビッシュとの契約は6年5600万ドル(約58億円)というものだった。

 田中とダルビッシュの契約額を年俸に置き換えると、田中の約2214万ドル(約23億円)に対して、ダルビッシュは約933万ドル(約9億7000万円)。田中が倍以上の年俸を稼ぎ出している。当時の2人の選手としての評価はほぼ同じと考えてもいいが、移籍するタイミングでこれほどまでに年俸に差が出ている。

 メジャーリーグの選手でも当然、FAになったタイミングで年俸の“不均衡”が生まれている。最も運がよかった選手の一人とされているのが、先発右腕のホーマー・ベイリー投手(当時レッズ)だ。

 ベイリーは2013年シーズン、先発投手の一角として11勝12敗、防御率3.49をマークし、FAとなった。前年にも13勝(10敗)を挙げているが、その年までに通算49勝45敗、防御率4.25と決してトップクラスの成績と呼べるものではない。だが、FA市場では先発投手は高く評価される傾向があり、田中もメジャーに移籍したこの年のオフは先述の通り大物投手がいない状況。最終的に、レッズと6年1億500万ドル(約110億円)という大型の契約を勝ち取った。

 しかし、契約後は低調な投球が続き、2018年には1勝14敗、防御率6.09という不名誉な成績を残し、オフに放出される結果となった。

 逆にFAになるタイミングが悪かったのが、ティム・リンスカム投手だ。リンスカムは2006年のドラフト1巡目でジャイアンツ入りすると早くから頭角を現し、2年目、3年目にはナ・リーグのサイ・ヤング賞を獲得するなど、一気にメジャー屈指の好投手となった。

 だが、そこをピークに徐々に成績が下降し、FAの権利を得る頃にはかつての投球を披露できなくなっていた。そして権利取得前の2013年オフに、FAでの流出と年俸を抑制したい球団から2年3500万ドル(約36億円)という契約を提示された。本来なら、大型契約を視野にFA市場で勝負したいところだが、当時の状況では強気にはいけない部分もあり、リンスカムはジャイアンツとの契約を選択した。

 その後もデビュー当時のようなピッチングはできず、初めてFA選手として市場に出たのは2015年オフの年齢が31歳の時。その年のシーズンでは7勝4敗、防御率4.13とまずまずの成績を残したが、パフォーマンスが下降曲線を描いていたリンスカムには買い手は中々見つからず。契約は開幕後の5月までもつれ込み、結果的に単年で年俸も250万ドル(約2億6000万円)というものだった。

 今もベイリーは現役だが、昨年までに稼いだ年俸の総額は9813万4500ドル(約102億円)。一方、リンスカムは1億255万5000ドル(約107億円)とほぼ同額だ。リンスカムはサイ・ヤング賞2回のほか、奪三振王3回、オールスター選出4度回など数々の輝かしい功績を残したが、早熟だったがために割を食ってしまった感は否めない。逆にベイリーはタイトルも球宴選出もなしだが、FAのタイミングもよく、給料的には実力以上のもの手にした言ってもいい。

 今回挙げたのはほんの一例だが、FA選手を筆頭にメジャーでは移籍のタイミング次第で年俸がいかに大きく変わってくるかがお分かりいけただろう。当然、選手たちは安定を得るため長期契約を望むのは理解できるが、もう少しFAの時期などに大きく左右されない年俸の仕組みができてもいい気がする。(※円換算の金額は全て現在のレートで算出)