有原航平(前日本ハム)のレンジャーズ入りが決定し、今年も新たな日本人メジャーリーガーが誕生した。これまで多くの選手が海を渡り、オフに日本人選手がメジャーに挑戦する光景は当たり前のようになった。



 だが一方で、メジャーでの活躍の可能性を秘めながら日本でキャリアを全うする選手もいる。果たして、その中には米国で通用したであろう選手はいたのだろうか……。

 日本人初の大リーグスカウト・大慈彌功氏に、メジャーリーグで活躍する能力があった現役選手、そしてすでに引退しているが、その可能性があった選手などについて語ってもらった。

「中日・大野雄大は近年で最も注目していた投手。大崩れしないスタイルを作りあげたのが大きい。数年前から勝負球として使えるようになったチェンジアップが、特に右打者に対して有効。契約内容次第では、先発として獲得に手を挙げる球団はいくつもあった」

 サウスポーの大野は、昨シーズン11勝6敗、ともにリーグトップとなる148奪三振、防御率1.82をマーク。また10完投(うち6試合は完封)と抜群のスタミナと安定感を披露し、沢村賞も受賞した。オフにポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦も噂されたが、最終的に中日残留を選んだ。

「やはり左投手は重要視される。特にMLBで活躍できる条件は、右打者の外側の出し入れができるか。はまったのが柏田貴史(メッツ)。左打者対策のワンポイントということで見られがちだが、右打者の外側へしっかり投げられた。また米国キャンプ中にスクリューを習得したのも大きかった。同じく高橋尚成(メッツなど)もスクリューがあって、右打者の外側で勝負できた」

 柏田は巨人在籍中の97年に、野球留学の形でメッツの春季キャンプに参加。パフォーマンスが認められ同球団と契約を結んだ。その年に35試合に登板して3勝1敗、防御率4.31を記録し、翌年に巨人に復帰した。高橋は巨人で長く左のエースとして活躍し、10年オフに海外FA権を行使し、メッツとマイナー契約。メジャー在籍4年間で、4球団でプレーし、168試合の登板で14勝12敗、13ホールド、10セーブ、防御率3.99の成績を残した。14年には日本に復帰し、2年間DeNAでプレーし現役生活を終えた。

「柏田や高橋の例から考えて、MLBでの可能性を感じていたのは山本昌、岩瀬仁紀(ともに中日)の両左腕。山本は高橋同様にスクリューが決め球。制球力も高く、キレの良いカーブもタイミングを外すのに良い。若手時代にマイナーリーグのプレー経験があるのも大きい。岩瀬は右打者の外側へ鋭く曲がるシュートが武器になる。大きなスライダーもあったので、短い回なら打者の左右問わず、確実に計算できた」

 山本はプロ通算29年間で581試合に登板し、219勝165敗、5セーブ、防御率3.45の成績。球速はないものの、多くの球種を変則的なモーションからきっちりと投げ分けられた。88年には野球留学の形で、ベロビーチ・ドジャースでもプレーしている。岩瀬はプロ通算19年間で、1002試合に登板し、59勝51敗407セーブ、防御率2.31。NPBにおける最多登板と通算セーブ数の記録保持者でもある。

「MLB挑戦はタイミングが重要。和田毅(オリオールズほか、現ソフトバンク)、藤川球児(カブスほか、昨季限りで引退)の例が物語っている。2人とも渡米した時期が故障発症と重なり、新加入1年目でトミー・ジョン手術を受けた。その後、日本球界へ戻ってからの活躍は素晴らしい。しかし獲得当時の球団からすれば即戦力として考えていたわけだから、失敗だったと判断されてしまう」

 和田は11年オフに海外FA権を行使し、オリオールズと契約。米1年目の12年春キャンプでひじ痛を感じ5月に手術、翌13年シーズンの終了まで2年間メジャーでの登板はなかった。同年オフにカブスとマイナー契約、14年はメジャーで13試合に登板して4勝4敗、防御率3.25と結果を残す。15年も米国でプレーした後、同年オフに古巣・ソフトバンクへ復帰した。

 藤川は12年オフに海外FA権を行使しカブスと契約も、和田同様、米1年目の13年6月に右ひじを手術。翌14年に復帰するも15試合の登板で防御率4.85と結果を残せず、オフにFAでレンジャーズに移籍となった。15年途中に自由契約となり帰国、独立リーグを経て同年オフに阪神に復帰となった。

「故障について、これまで以上に考慮されるようにもなった。少しでも身体面で不安がある場合は、リストから外れることも増えた。例えば楽天・岸孝之などは先発候補として考えている球団も多かった。素晴らしい制球力と大きなカーブなどは魅力的だったが、故障の心配があった。リスクを冒してまで獲得に乗り出す球団がなかったのではないかな」

 岸は06年オフのドラフト希望枠で西武に入団。1年目から4年連続2桁勝利を挙げた。特に08年日本シリーズでは12イニング連続奪三振のシリーズ新記録樹立など、2勝を挙げチームの日本一に貢献。MVPを獲得するなど、大舞台での勝負強さを発揮する。しかし故障で離脱することも多く、体調面で不安な要素はあった。米国では先発投手の登板間隔も短く、加えて移動も多いため、日本よりもタフさが求められる。そういう意味でも、MLB側が獲得を躊躇したとも考えられる。

「野手ではどうしても外野手中心だが、イチロー(マリナーズほか)、松井秀喜(ヤンキースほか)の印象が強過ぎる。その中で『挑戦したら面白かった』、と思えるのが柳田悠岐(ソフトバンク)。強く振れるので、どの打順でも打てた可能性がある。また俊足強肩であり外野ならどこでも任せられる。身体能力が大きな武器なので、体力が最高潮の20代のうちに見たかった」

 打撃ではパワーに加え確実性もあり、走力などのスピードも申し分ない柳田は、現在のNPBではずば抜けた存在だ。メジャー志向も強かったと言われており、米移籍は常に噂されていたが、国内FA権獲得前の19年オフにソフトバンクと7年の長期契約。事実上の生涯契約を結び、メジャーでのプレーは見ることはできなかった。

「糸井嘉男(阪神)も柳田と同じく、外国人に引けを取らないほどの身体能力がある。あれだけ大きな身体なのに、40歳を迎える今でも動けるのはすごい。プロ入り時に投手をやらずに野手1本でプレーし、早い段階で渡米していたらメジャー史に残る選手になれた可能性もあった。マイペースな性格も米国向きで多くの球団が注目していた。時代が許すならアマチュアから直接、米国行きでも面白かった」

 糸井は188cm100kgという、日本人離れした身体を誇る。また大きいだけでなくオリックス時代の16年に53盗塁でタイトルを獲得するなど、スピードも併せ持つ。プロ入り後、日本ハムでの2年間は投手として二軍でのみの登板となった。野手転向で才能が開花し日本を代表する外野手となった経歴を持つ。

「他にもNPBには素晴らしい選手はたくさんいる。各チーム事情と合致すれば結果を残せるはず。ただしタイミングは本当に大事。菅野智之が巨人残留となったが、コロナ禍というのも大きく影響した。各球団、経営が苦しくて大盤振る舞いできない。今年同様、開幕延期も考えられる。そういう時期にたまたま米国挑戦と重なった。もっと言えば、アマチュアからストレートに巨人入りできていたら、MLB入りもスムーズに行ったかもしれない。でもこればかりは誰にもわからない」

 現在NPB最高の投手の一人でもある菅野は巨人への残留が決定。様々な事情が絡み合い、野球の実力だけでは思った通りに行かなかった。

 多くの日本人選手が結果を残し、MLBも随分身近に感じるようになった。しかし「運(=タイミング)も実力」ではないが、MLB入りして活躍することの難しさを改めて感じさせる。ただし大慈彌氏が語るように、メジャークラスの選手がNPBに多数いることも事実。次の挑戦者は誰になるかを念頭に置きながら、今年のプロ野球も楽しみたい。(文・山岡則夫)

●プロフィール
山岡則夫/1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍、ホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!公式ページ、facebook(Ballpark Time)に取材日記を不定期更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。