波乱の展開からの大逆転劇となった今年の箱根駅伝。そのレースを彩った4年生たちにとっては最後の箱根路であり、卒業後も競技を続ける者たちに期待したいのは、さらなる飛躍である。昔を振り返ると、瀬古利彦(早稲田大、1980年卒)、谷口浩美(日体大、1983年卒)が「箱根から世界へ」の代表格だったが、それ以降の“箱根のエース”たちの卒業後のランナー人生は、「成否」が大きく分かれる。

 最も期待されながら苦しんだのが、渡辺康幸(早稲田大、1996年卒)だろう。市立船橋高時代から無敵を誇り、大学1年時から箱根の「花の2区」を任され、2年時の1区区間新に続き、3年時、4年時は2区で連続区間新の快走。特に3年時に演じた「9人抜き」、「マヤカとの名勝負」は伝説として語り継がれている。

 しかし、卒業後はケガとの戦いだった。ヱスビー食品に入社し、1996年にはアトランタ五輪の1万メートル日本代表に選ばれながらも左アキレス腱を痛めて出場を回避。その後も度重なるアキレス腱痛に苦しんで学生時代のような輝きは見せられず、2002年に29歳で現役を引退した。フルマラソンは3度出走して「7位、5位、途中棄権」で自己ベストは2時間12分39秒。その成績は、“天才ランナー”と称されてきた男には似つかわしくないものとなった。

「山の神」として一斉を風靡した柏原竜二(東洋大、2012年卒)も、卒業後に故障に泣いた。箱根では山登りの5区を4年連続区間賞、3度の区間新記録更新というケタ違いの走りを見せ、大学4年間で3度の総合優勝を経験。“最強東洋”における紛れもない「神様」だった。しかし、富士通入社後は、普通の「人間」に……。ニューイヤー駅伝を3度走ったが、区間4位、7位、9位と平凡な成績で、唯一のフルマラソン出走となった2015年のシドニーマラソンも2時間20分45秒での7位というもの。アキレス腱や仙腸関節など相次ぐ故障に悩まされ、2017年に27歳で現役から退いた。

“青学史上最強ランナー”と言われる出岐雄大(青山学院大、2013年卒)も、卒業後に伸び悩んだ一人だ。高校途中までサッカー部だった男は、大学入学後に原晋監督の指導の下で急成長を遂げ、2年時に2区で11人抜き、3年時にも2区で9人抜きの力走を見せた。4年時の出雲駅伝では初優勝に貢献するなど青学黄金期の礎を築いた。また、3年時の2012年3月には初のフルマラソンに挑戦し、当時の学生歴代3位となる2時間10分02秒の好タイムでゴールし、多くの陸上ファンに「将来の五輪メダル」を期待させた。だが、卒業後に中国電力に入社して以降は「陸上に強い思いがなかった」、「箱根以上の目標が見つけられない」とモチベーション低下に悩み、「中途半端な気持ちで続けては会社に失礼」と2016年に25歳の若さで引退した。

 箱根のエースたちが伸び悩み、「箱根の弊害」を指摘する声が再び多く聞かれるようになってきた頃に現れたのが、大迫傑(早稲田大、2014年卒)だった。佐久長聖高時代から数々の記録を作り、大学でも1年時から1区区間賞で総合優勝の原動力になるなど、スーパールーキーとして活躍。同時に卒業後を見据えたトレーニングも積み、日清食品グループ所属を経て渡米し、プロランナーとして活動。トラックで2013年、15年の世界陸上、16年のリオデジャネイロ五輪に出場した後、2017年からは本格的にフルマラソンに参戦。同年4月のボストンマラソン、12月の福岡国際マラソンでともに3位の好成績を収めると、翌2018年10月のシカゴマラソンで2時間5分50秒の日本記録を樹立。日本長距離界のエースの座に君臨し、2020年3月の東京マラソンでは日本記録を再更新する2時間5分29秒の激走を見せ、東京五輪の日本代表切符を手にした。

 大学卒業後に飛躍した箱根のエースは大迫だけではない。同学年の設楽悠太(東洋大、2014年卒)に加え、井上大仁(山梨学院大、2015年卒)、中村匠吾(駒沢大、2015年卒)、服部勇馬(東洋大、2016年卒)らも学生時代の経験をプラスに変えて卒業後も活躍。箱根で2年連続総合優勝の原動力となった設楽は、2015年の世界陸上に1万メートルで出場し、2018年2月の東京マラソンでは、当時の日本記録を更新する2時間06分11秒で走破している。

 井上はマラソンで2017年の世界陸上に出場した後、2018年のアジア大会で日本人32年ぶりの優勝。4年時に主将を務めて1区区間賞を獲得した中村は、2019年9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で設楽、大迫を振り切って優勝。箱根2区で2年連続区間賞(渡辺康幸以来20年ぶり)の偉業を成し遂げた服部も同MGCで2位と好走し、箱根路を彩った大迫、中村とともに東京五輪のマラソン日本代表に決まっている。

 その他、箱根5区で3年連続区間新の走りを見せて多くのファンを作った「初代・山の神」今井正人(順天堂大、2007年卒)、1年時から箱根で3年連続区間新(3区、1区、7区)を達成した佐藤悠基(東海大、2009年卒)、3年時に5区で区間新記録(当時)の衝撃的な走りを見せて「3代目・山の神」となった神野大地(青山学院大、2016年卒)といった面々も、卒業後にケガやスランプに悩む時期がありながらも奮闘を続け、箱根ファンを喜ばせている。

 そして箱根の2区を史上初の1時間5分台で走って“学生最強”の名をほしいままにした相沢晃(東洋大、2020年卒)は、1万メートルの日本記録を更新して東京五輪に出場予定。現役大学生にも、田沢廉(駒沢大、2年)、三浦龍司(順天堂大、1年)といった卒業後も楽しみなスター選手が次々と現れている。「箱根至上主義」には賛否があり、改善点があることは確かだが、間違いなく「箱根から世界へ」という御旗は近年、より高く、目立つ位置に掲げられ、日本の男子長距離界の未来を明るく照らしている。