Jリーグのシーズン開幕まで残りわずか。コロナ禍での調整、対策、影響を受けながらも、J1は2月26日の開幕から12月4日の最終節まで長丁場の熾烈な戦いが続く。昨季はシーズン中断の後の過密日程の中、川崎が圧倒的な強さを見せてJリーグ史上最速優勝を達成。迎える今季、「ストップ・ザ・川崎」のチームは現れるのか。4チーム自動降格という残留争いはどうなるのか。J1全クラブのオフシーズンの選手補強を査定(良い方からA・B・C・D・Eの五段階)し、3日間にわけて紹介する。今回は神戸、広島、徳島、福岡、鳥栖、大分の6チーム。

■神戸「C」

 昨季14位からの巻き返しを図るための戦力補強。その目玉は20歳のFWリンコン(←フラメンゴ)だ。16歳の時に名門フラメンゴでトップデビューを果たし、U−17、 U−20のブラジル代表にも名を連ねた新鋭アタッカー。体格的にも恵まれており、そのスピードは驚異的。欧州からも熱視線を送られていた男を獲得し、新たな攻撃の柱とするつもりだ。その他では、パスワークに優れた23歳の才能豊かなMF井上潮音(←東京V)の獲得が大きく、右SBとしてDF櫻内渚(←磐田)、高卒新人のMF櫻井辰徳(←前橋育英高)を獲得し、DF小林友希(←横浜FC)、MF増山朝陽(←福岡)をレンタルバックさせた。

 この面々が昨季のチームにそのまま加わっていれば大きな期待を持てただろうが、痛恨だったのが、不動の右SBとして働いていた西大伍の流出だ。2年間に渡って最終ラインで存在感を見せていたDFダンクレーも退団し、FW小川慶治朗、DF渡部博文のバックアッパーも放出。潤沢な資金を持つクラブとしては、物足りない補強だったと言える。目玉のリンコンに関しても、20歳という“若さ”がそのまま“脆さ”となる危険性もある。続投となった三浦淳寛監督の手腕も含めて、期待と不安が入り混じっている。


■広島「B」

 昨季8位のチームをベースにポイントを絞った補強。その最大にして唯一と言えるポイントが、1トップを務めるエースの“入れ替え”。昨季リーグ3位の15ゴールを決めたレアンドロ・ペレイラが流出し、その代わりに昨季途中に加入した横浜FMで22試合で13ゴールを決めたジュニオール・サントスを獲得したことだ。ともに190cm近い長身だが、ワンタッチゴールの多いレアンドロ・ペレイラに対して、ジュニオール・サントスは圧倒的なスピードとフィジカルで単独突破からのゴールが多い。この“違い”が、攻撃の組み立てにどのような影響を及ぼすか。まずはジュニオール・サントス自身がチームに馴染むことが大前提となるが、ハマればチーム自体がスケールアップできる可能性は大いにある。

 その他では、長身で競り合いに強さを見せる25歳のCB今津佑太(←甲府)、ドルブル突破が魅力で3年半のレンタル生活で力強さを増した東京五輪世代のMF長沼洋一(←愛媛)、さらに控えGKとして川浪吾郎(←仙台)、大卒新人のDF藤井智也(←立命館大)を獲得。藤井は昨季、特別指定選手としてすでに多くの試合に出場しており、引き続きの戦力として期待できる。レアンドロ・ペレイラ以外の主力クラスの退団選手がいない点は大きなプラスで、補強の数自体は少ないが、評価できるストーブリーグだったと言いたい。


■徳島「C」

 精度の高いサッカーでのJ2優勝から7年ぶりのJ1舞台へ。戦力アップを目指し、多彩な得点パターンを持つ将来有望な20歳のFW宮代大聖(←川崎)をレンタルで、スケールの大きいボランチとして昨季、急成長中した19歳のMF藤田譲瑠チマ(←東京V)を完全移籍で獲得。その他、将来性のある高卒選手4人と24歳のDF鈴木大誠(←琉球)を復帰させた。そして新外国人として21歳の長身ブラジル人CBカカの獲得を発表し、元U−21イタリア代表の肩書を持つMFバットッキオが獲得決定間近。両者ともにチームへの合流は遅れているが、必ずチームの戦力になってくれるはずだ。

 その中で最大の懸念が、2017年から4年間チームを率いてきたリカルド・ロドリゲス監督が“流出”したこと。代わりに、同じスペイン人で育成組織での豊富な指導経験を持つポヤトス氏を新監督として招聘することに成功したが、新型コロナの影響で来日が遅れ、監督不在のままキャンプがスタート。チーム作りの遅れは避けられない状況となっている。退団した選手はレンタルも含めて10人以上いるが、主力の流出はほぼない。戦力を維持した上で、新加入組をプラスアルファとしてチームに組み込むことができる点は大きなアドバンテージ。監督不在の逆境が、チームを成長させることもあるが、果たしてどうなるか……。


■福岡「B」

 5年ぶりのJ1舞台に挑む。J2最少失点の守備陣を維持した上で、攻撃陣をJ1仕様にスケールアップするため、昨季J1で9得点をマークした決定力と献身性を持ち合わせたFWブルーノ・メンデス(←C大阪)、左利きの右サイドMFでU−19ベルギー代表の経歴を持つ26歳のジョルディ・クルークス(←ローダJC)、さらに大宮、新潟で計4年間プレーした経験を持つブラジル人MFカウエ(←ベレネンセス)を獲得。日本人選手もFW渡大生(←大分)、MF吉岡雅和(←長崎)に加え、高い技術を持つ25歳MF杉本太郎(←松本)らを獲得した。昨季チーム最多の11得点を挙げたFW遠野大弥やユース育ちのFW東家聡樹が退団し、福満隆貴、菊池大介というサイドのMFもレンタル終了とともにチームを去ったが、新戦力がしっかりと働けば問題なし。むしろ前線は質、量ともに大幅にアップしたと言える。

 守備陣では、高い身体能力とリーダーシップを持つCB奈良竜樹(←鹿島)、左サイドバックのレギュラーとして期待される志知孝明(←横浜FC)の他、GK永石拓海(←C大阪)、DF宮大樹(←鳥栖)ら多くの即戦力を獲得。GKセランテスが退団した影響は少なく、選手層という意味でも確実にアップしたと言える。戦力的にはまだまだJ1他クラブと比べると不足しているが、旋風を巻き起こせる可能性は十分にあるはずだ。


■鳥栖「D」

 昨季13位のチームは今オフ、多くの選手を入れ替えた。新たに加わったのは、実績十分の実力派CBファン・ソッコ(←清水)、空中戦に強いCB田代雅也(←栃木)、攻撃力が魅力のSB飯野七聖(←群馬)、高校時代に選手権得点王となったMF仙頭啓矢(←横浜FM)、さらにMF島川俊郎(←大分)、MF酒井宣福(←大宮)、FW山下敬大(←千葉)、さらに28歳のナイジェリア人FWチコ・オフォエドゥ(←マッカビ・テルアビブ)を獲得。今までとは違うサッカーを展開し、新たな可能性をサポーターに提供できる面々だと言える。

 しかし、小粒感は否めない。昨季のチームからの変化は確実だが、戦力アップに成功したとは言い切れず、特に中盤をコントロールしていたMF原川力、大卒1年目で33試合に出場したDF森下龍矢が他クラブに引き抜かれた点はマイナス。MF高橋秀人も移籍し、元エースのFW金崎夢生もレンタル先に完全移籍となった。実力未知数のオフォエドゥが“当たり”となれば面白くなるが、過度な期待は禁物。現状、上位進出を予想するよりも残留争いを予想する方が、自然だ。


■大分「D」

 片野坂スタイル6年目に突入。昨季11位のチームにはテコ入れが必要で、クロスに合わせる自分の型を持っている長身FWの長沢駿(←仙台)、安定感のあるプレーで中盤をコントロールするMF下田北斗(←川崎)、身長174cmながら空中戦に無類の強さを見せるCB坂圭祐(←湘南)、さらにGKポープ・ウィリアム(←川崎)、DF黒崎隼人(←栃木)、MF上夷克典(←京都)、MF福森健太(←北九州)、FW渡辺新太(←新潟)、そしてMF井上健太(←福岡大)、FW藤本一輝(←鹿屋体育大)の有能な大卒新人も加えた。

 だが、その補強は「必要に迫られたから」だと言える。GKムン・キョンゴンが兵役のために帰国し、DF鈴木義宜、DF岩田智輝、MF島川俊郎、MF田中達也と昨季の主力が次々と退団。低い位置でのビルドアップ戦術が特徴のチームにおいて、最終ラインの離脱は大きなマイナスで、サイドを独力で打開して決定的な仕事をしていた田中を失ったことはそれ以上の痛手だ。FW陣も知念慶、渡大生が他クラブへ移籍。長いシーズンを戦い抜くためには、もう1枚、2枚、点取り屋が必要な状況。離脱組をカバーするために懸命な補強を続けたが、トータルとしてプラスになったかどうかには甚だ疑問が残る。