野球に「たられば」は禁物。そんなフレーズを子供の頃からよく目にし、耳にもしてきた。それでも、歴史を振り返る上では「もし……」と思うことがある。たとえば、もし、1年ほど前にこの世を去った野村克也氏が、1990年代にヤクルトの監督になっていなかったら──。



 ヤクルトは、1950年に国鉄スワローズとして誕生し、今年で72年目のシーズンを迎える。その間にリーグ優勝7回、日本一5回。日本一の回数は、巨人(22回)、西武(前身球団も含め13回)、ソフトバンク(前身球団も含め11回)に次いで、NPB歴代4位の数字である。

 ただし、「もし」野村監督の時代がなければ、日本一は1978年と2001年の2回、リーグ優勝も2015年を加えた3回だけ。つまり、野村監督の下でリーグ優勝4回、日本一3回に輝いた1990年代こそが、ヤクルトの球団史上でも唯一の黄金期ということになる。

 野村氏といえば現役時代の大半を南海(現ソフトバンク)で過ごし(最後の8年は選手兼任監督)、その後はロッテ、西武と渡り歩いて45歳で現役を引退。ユニフォームを脱いでからは、野球評論家として活動していた。そんなセ・リーグの球団とは縁もゆかりもなかった野村氏を監督として招聘したのは、ヤクルトの大英断だったと言っていいだろう。

「1年目に種をまき、2年目に水をやり、3年目に花を咲かせてみせましょう」

 ヤクルトの監督に就任した野村氏は、その言葉を実現する。1年目の1990年は5位に終わったものの、翌91年は11年ぶりのAクラスとなる3位に導くと、3年目の92年は阪神、巨人との三つ巴の争いを制し、14年ぶりのリーグ制覇。自身にとっては南海のプレーイングマネジャー時代以来、監督として2度目の栄冠となった。

 さらに1993年には球団史上でも初めてのリーグ連覇を達成。日本シリーズでは当時のパ・リーグにあって「常勝」といわれていた西武を相手に前年の借りを返し、球団15年ぶり、そして野村監督にとっては初の日本一。この年のプロ野球は巨人・長嶋茂雄監督の復帰という大きな話題があったのだが、“主役”の座をさらったのが野村監督率いるヤクルトだった。

 当時のヤクルトは投手、野手ともに日本人の主力選手はほとんどが20代。しばしば「ヤングスワローズ」と呼ばれ、しかも1980年代はほぼBクラスの球団がいきなりの躍進を遂げたことで、時ならぬ“バブル”が訪れる。

 ソフトバンクモバイルとなった今では考えられないが、その前身である東京デジタルホンのCMには「ツバメ商事」の社員という設定で野村監督以下、古田敦也、廣澤克実(当時の登録名は広沢克己)、池山隆寛(現ヤクルト二軍監督)、荒木大輔(現日本ハム投手コーチ)などの主力選手が揃って出演。街中のゲームセンターに行けば、UFOキャッチャーのケースには誕生したばかりのマスコット・つば九郎はもとより、野村監督、古田、廣澤、池山らのぬいぐるみまでがプライズとして置かれるようになっていた。

 果ては俳優・真田広之がヤクルトの選手に扮した映画『ヒーローインタビュー』が全国ロードショーで公開。その中で武田鉄矢が演じたヤクルトの監督もどこか野村監督を思わせるなど、一時的にではあれ「スワローズ」が社会現象のようになっていく中で、そこには常に「野村克也」がいた。

 黄金期と言いながらも、リーグ連覇は1度きりで、その後は4位と優勝(日本一)を1年おきに繰り返したのは、ある意味でヤクルトらしいといえる。それでも1990年代のリーグ優勝4回は巨人の3回を抑えてセではトップであり、日本一3回は西武と並んで両リーグ最多。野村氏は南海時代も選手兼任監督としてリーグ優勝を成し遂げているが、真の意味で監督として評価されたのがヤクルト時代だったのは間違いない。

 1998年限りでヤクルトを退団した後も、野村氏は阪神、社会人・シダックス、そして楽天で監督を務め、選手としても監督としても3000試合以上出場というメジャーリーグにもない記録をつくり上げた。だが、思い入れが最も強いのは、自身にとっての“黄金期”でもあるヤクルト時代に違いない。

 2019年7月に神宮球場で開催された『オープンハウスpresents SWALLOWS DREAM GAME』。ヤクルト球団初のOB戦であるこの試合に監督として出場した野村氏は、愛弟子の古田に促されて初めてヤクルトのユニフォーム姿で打席に立ち、42年ぶりの“プレーイングマネジャー”復活を果たすと、試合終了後には古田や当時の小川淳司監督(現ヤクルトGM)らに体を支えられながら、マイクを握った。

「私の長い野球人生で、ヤクルトスワローズには足を向けて寝られません。ヤクルトのユニフォームを着て日本一に3回、リーグ優勝4回させていただきました。これほど名誉なことはありません」

 野村氏の言葉に、あらためて「ヤクルト愛」を感じ取った者は多かったはずだ。それから半年余りが過ぎた2020年2月、野村氏は永眠。ヤクルトをはじめ阪神、楽天でも同じユニフォームを着た愛息の野村克則氏(現楽天育成捕手コーチ)が父の死装束に選んだのは、背番号73のヤクルト時代のユニフォームだった。

『DREAM GAME』での「最下位なんてけしからん!」という野村氏の熱い言葉にも関わらず、ヤクルトは2019年に続いて昨年も最下位に沈んだ。小川前監督からバトンを受けて昨年から指揮を執っているのは、守護神として野村監督時代の3度の日本一ですべて胴上げ投手になった高津臣吾監督である。

「野村監督の教えを(春季キャンプ臨時コーチの)古田さんや僕がしっかり今の選手に伝えていき、大変だった90年代に(ヤクルトを)強くした野村監督のことを思いながら、2年連続最下位ですけども、しっかりと立て直していきたいなというふうに思います」

 高津監督はキャンプ中のインタビューでそう話しているが、ローマは1日にしてならず。簡単なことでないのは承知の上だが、「ノムラの教え」を受けてあの黄金期の立役者の1人にまでなった高津監督だからこそ、球団史上でも例のない3年連続最下位阻止はもちろん、本格的なチームの「立て直し」にも期待したい。(文・菊田康彦)

●プロフィール
菊田康彦
1966年生まれ。静岡県出身。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身。2004〜08年『スカパーMLBライブ』、16〜17年『スポナビライブMLB』出演。プロ野球は10年からヤクルトの取材を続けている。