現地時間4月1日、米メジャーリーグがついに開幕を迎えた。今季は2年ぶりに全162試合、かつ有観客で催される。もっとも各球場では飲食時以外のマスク着用義務や入場者数の上限が設けられているが、新型コロナ感染症が爆発的に拡大した米国において、完全無観客でしかも全60試合に短縮されてしまった昨季に比べれば、大きな進歩だ。


 
 今季のメジャーは開幕前から大いに盛り上がりをみせていた。現地メディアの間で注目を集めたのは、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)と前田健太(ミネソタ・ツインズ)が揃って開幕戦投手に指名されたことだった。メジャーリーグで複数の日本人投手が同時に開幕投手を務めるのは4年ぶりであり、同日に登板するの史上初の出来事だったが、いずれも思うような結果にはならなかった。勝敗こそはつかなかったものの、それぞれ5回を投げきれずに降板してしまった。この結果を現地メディアはどのように見たのだろうか。著者は各チームの番記者から詳しい話を聞くことができた。

「もちろん、チームや本人が望むような結果ではなかったが、(ダルビッシュが)パドレス史上最高峰の投手であるという認識に変わりはない」

 そう評価するのは、パドレスの地元紙『サンディエゴ・ユニオン・トリビューン』で番記者を務めるケビン・エース記者だ。

 開幕戦、パドレスは5回表に相手アリゾナ・ダイヤモンドバックスからの猛追を受け、本塁打3本(うちダルビッシュから2本)で5点差もあった点数を一気にひっくり返された。エース記者は「制球が思うようにいかなかったのでは」とダルビッシュの様子を分析するも、「今回は相手の素晴らしい攻撃にやられただけ」と意外にもあっさりとした答えが返ってきた。同記者に言わせてみれば、所詮は162試合のうちのたった1試合の些細な出来事にしかすぎないようだ。ファンからは落胆の声は上がらなかったのだろうか。答えは「ノー」だ。「キャンプでの状態をみていれば、疑う余地はない」とエース記者は続ける。ダルビッシュはオープン戦で一時、防御率0.00を続けるパーフェクトピッチングをみせ、抜群の投球力があることをチームやファンに対してすでに証明している。「(今季)防御率が3.00を超えることがあれば、その時に落胆すればいい」とエース記者は語る。

 ダルビッシュには、今季もサイ・ヤング賞を狙える力があり、地元サンディエゴでは1998年にチームを優勝に導いたケビン・ブラウン投手の再来だと騒がれるほど、熱烈な歓迎を受けている。今季、パドレスが目指しているのは、球団初のワールドシリーズ制覇だ。チームは昨季、ナ・リーグ2位の勝率を記録し、今季の優勝候補上位にランクインする実力を持っている。まずは、ナ・リーグで同じ西地区に所属し、昨季の覇者であるロサンゼルス・ドジャースを倒すことが至上命題となっている。宿敵ドジャースに対抗できる戦力を揃えるため、シカゴ・カブスからダルビッシュを電撃的に獲得したという経緯があるだけに、現地でのダルビッシュへの期待はそう簡単には揺るがないようだ。

 一方の前田健太は、ダルビッシュ以上に期待を懸けられている。「記者を務めて14年、前田のような支配的な投手は見たことがない。最も信頼できる先発だ」と、ツインズの地元紙『スター・トリビューン』のフィル・ミラー記者は評価する。

 前田は昨季開幕前にドジャースからツインズに移籍した。ドジャース時代、シーズン序盤では先発中心、終盤は中継ぎに回るという起用法の中で何年間も過ごし、その実力を発揮する機会に恵まれなかった。前田自身も望んだこの移籍は、まさにキャリアのターニングポイントだった。昨季は11試合に先発し、6勝1敗、防御率は2.70。8月18日には、ミルウォーキー・ブリュワーズ戦で、9回途中までノーノーに抑える好投をみせるなど、メジャーキャリア最高級の活躍だった。

 一方でチームは前田獲得のための犠牲も払った。「有力プロスペクトだったブルスダー・グラテロル投手を放出してでも獲得したかったのですから、誰もが認めるエースになることが求められていました」と、同じく地元紙のメーガン・ライアン記者は語る。もちろん、その期待に応える力を前田はすでに示している。

 しかし、開幕戦の前田は彼らの期待に応えるものではなかった。開幕戦では一体何が起こったのか。

 各地元記者によれば、この日の前田には制球力と投球メカニックバランスに乱れがあったという。「変化球、特にカーブの制球がうまくいっていなかった」(ライアン記者)。開幕戦のセレモニーや、昨季ノーノー未遂を受けたブリュワーズからの徹底した対策によって、前田のルーティーンには狂いが生じていた。そして3回裏のクリスチャン・イエリッチへの死球によって投球フォームが崩れてしまったという。これは前田本人も自覚しており、試合後の記者会見でもそう語っている。

 それでも、ツインズのロッコ・バルデッリ監督は前田を信じていた。当日、「前田は4回で降板する」と記者席の誰もが予想していた。しかし、前田は続く5回にもマウンドに上がった。「味方のエラーがなければ、5回終了まで前田に託し、勝利投手の権利を与えていたでしょう」と、いかにチームが前田に信頼を置いているかがわかるシーンだったとミラー記者は振り返る。

 チームの目標は、プレーオフを勝ち抜くことだ。ツインズは、2004年以来、18試合連続でポストシーズンで敗北しており、これは米メジャースポーツのワースト記録となっている。そんな不名誉な記録を打ち破るには前田の力が必要不可欠であると、全てのツインズのファンが考えている。

 前田は次回のデトロイト・タイガース戦では、開幕戦での不本意な結果をはねのけるだけの圧倒的なピッチングを示す必要があるだろう。

 パドレスもツインズも常勝チームではないからこそ、近年ようやく巡ってきた千載一遇のチャンスをつかみ取らなければならない。確かに、両投手ともにサイ・ヤング賞、最多勝賞、最優秀防御率などの名誉ある賞を受賞する可能性とそれだけの実力が十分にある。しかし、何よりもチームの勝利に貢献することこそが今の使命と言えるだろう。

 かつてないほど高いレベルの結果が求められる二人。彼らの現在地は、我々の想像をはるかに超える高い位置にある。

(澤良憲/YOSHINORI SAWA)