正二塁手として期待されながら、出遅れた感もあった巨人の吉川尚輝。チームを襲ったピンチにより“予想外”の出番が増えているが、チャンスを生かしきれていない状況が続いている。



「はっきり分かったのは今日ですね。最善を尽くしてやっている中でね、まぁ、どういう状況になってもやっぱり我々は前を向いて戦うというね」(巨人・原辰徳監督)

 シーズン序盤、巨人に非常事態がやってきた。丸佳浩、中島宏之、若林晃弘、ゼラス・ウィーラーが新型コロナウイルスに感染。その他の選手、関係者にも濃厚接触者の可能性があるということで対応に追われた。

「痛手なのは間違いない。感染した選手には早く良くなって戻って来て欲しい。しかし二軍から育成まで、全選手にチャンスがあるということでもある。一軍のレギュラーを目指し切磋琢磨すれば、チーム力の底上げにもなる。吉川は一軍での実績もあるので、頑張って欲しい」(巨人関係者)

 開幕早々に予期せぬ事態が3連覇を目指すチームを襲ったが、ピンチはチャンスにもなる。吉川にとってはレギュラー奪取の千載一遇の機会でもある。期待されながら、毎年のように故障などで定位置奪取まで行かず、今年も控え選手という位置付けからのスタートだった。だが、思いがけない形でアピールの場が増えそうだ。

 16年ドラフト1位で中京学院大から巨人に入団。大学4年時には大学日本代表にも選出され、同大学史上初のドラ1選手としても話題になった。スピードを生かしたプレースタイルが武器で、長年チームの課題でもある二塁手のレギュラー不在にピリオドを打つと期待された。

「身体能力の高さはもちろん、印象に残るプレーをする。1年目の最終戦、スタメンで一軍初出場を果たすと3安打猛打賞。2年目は松坂からプロ初本塁打。節目で大きなことをやってのけ、その度に驚かされた。しかし攻撃的なプレースタイルの影響なのか、故障が多いのだけが心配だった」(巨人関係者)

 2年目の18年は、開幕戦から2番・ニ塁手で先発出場を果たす。5月13日の中日戦(東京ドーム)で松坂大輔(現西武)からプロ初本塁打を放つなど、存在感を発揮。坂本勇人が離脱した際には遊撃手も任されるほど信頼は厚かった。しかし夏場に一塁へのヘッドスライディングで左手支柱骨を骨折、フェニックスリーグでの復帰まで時間を要した。

「1年目から二軍ではずば抜けた存在で、間違いなく一軍でも結果を残せると感じさせた。最終戦での3安打も鮮烈だったが、それ以上に印象に残ったのは同日に記録した思い切りの良いプロ初盗塁。2年目の骨折は、持ち前のスピードがアダになった形だったが、巨人の野球が変わると感じさせた」(在京スポーツ局担当者)

 プロ3年目の19年には開幕から11試合で打率.390を記録し、大ブレークを予感させた。ところが腰痛が悪化し、出場選手登録を抹消されシーズン最後まで復帰できなかった。

「開幕戦が鮮烈だった。3連覇中だった広島相手にチームは負けたが3安打を放った。その後は腰痛を発症して試合にも出られない。チームも優勝して存在感が薄れてしまった。腰の負担を減らすために外野に挑戦するなど、内野手でのレギュラー再奪取は難しいとも感じた」(巨人担当記者)

 昨季は、初めて規定打席に到達し、打率.274、8本塁打、32打点、11盗塁と結果を残した。シーズン終盤には再び1番を任されるまでになり、周囲が待ち望んだ定位置奪取は確実視された。しかし今年もキャンプ中から出遅れる形となり、飛び抜けた存在になれなかった。

「北村(拓己)が二塁のレギュラーを取ると面白い。もちろん、吉川は昨年も良い経験をしたけど、数字的には高い選手ではない。足も速いが、スチールなら増田(大輝)の方が走力がある。(吉川は)相当、奮起しないといけない」(原監督/2月16日付スポーツ報知)

 キャンプ中、元阪神・藤川球児との対談においても吉川の評価は高くなかった。本来なら1番・二塁を任せたい選手であるはずだが、原監督には物足りない部分があるようだった。

 そして3月26日のDeNAとの開幕戦、2番・二塁手でスタメン出場したのは若林だった。メジャー帰りの楽天・田中将大から本塁打を放つなど、オープン戦では打率.371、2本塁打とアピール。また、原監督が名前を挙げた北村、増田らが虎視眈々と試合出場の機会を狙っている。

 そんな状況下の開幕戦、吉川は代走起用されながら牽制球で誘い出されアウトになった。また3月30日の中日戦(バンテリンドーム)ではセカンドゴロをエラー。オープン戦でも走塁のミスを指摘されるなど、精彩を欠く場面も目立った。考えられないような凡プレーは、焦りが要因と指摘する声もあるほどだ。

「空回りしている感じがある。打撃の調子は良かったが、持ち味の守備と走塁でミスを重ねた。結果を出さなければいけない焦りのようなものが、ミスに繋がっているのかもしれない。同じポジションのライバル選手が、トレードで入れ替わったりもしているのもあるだろう。自分自身のプレーをすれば必ず結果につながる選手なのだが……」(巨人担当記者)

 昨年まで二塁のポジション争いをした山本泰寛が金銭トレードで阪神へ、田中俊太はFAで加入した梶谷隆幸の人的補償でDeNAへ移籍した。そして開幕直前には、廣岡大志が田口麗斗との交換でヤクルトから加入。結果を残さなければ放出され、必要な人材が加入して来る。これまで以上に過酷な現実を突きつけられている。

「厳しい状況だが、まだ吉川には風が吹いている。コロナ感染者が出たのは残念だが、出場機会は増えるはず。良くない言い方だが、ライバルの若林も感染したわけだから。結果を出せばレギュラー返り咲きも現実味を帯びる。最後のチャンスだと思って、死に物狂いでやるしかない」(在京スポーツ局担当者)

 とはいえ、14日には新型コロナウイルスに感染した丸、中島、若林の3選手が退院。若林不在の間も今のところ吉川は結果を残せていない。今年で大卒5年目の26歳と中堅に差し掛かっているだけに、今季はどんな形でもいいので結果が求められるシーズンとなりそうだ。