ここ数年の高校野球で最も盛り上がりを見せた年となると、やはり2017年ではないだろうか。根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)などを擁する大阪桐蔭が史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を達成。また夏は吉田輝星(日本ハム)が獅子奮迅の活躍を見せた、いわゆる“金農(かなのう)フィーバー”もあった。そんな彼らは秋のドラフトで1位指名を受け、現在は一軍定着に向けて奮闘しているところだが、同世代にはプロを選ばずに進学、社会人入りを選択した有望選手も少なくない。そんな2000年生まれのアマチュア選手について、ピックアップして紹介したいと思う。



 まず今年のドラフト対象となる社会人3年目の選手で最も注目を集めているのが米倉貫太(埼玉栄→Honda)だ。埼玉栄では甲子園出場はなかったものの、早くから県内では評判の投手であり、東北高校でダルビッシュ有(パドレス)を指導した若生正広監督(当時)も米倉のフォームについて「直すところがない」と語っていたほどの素材である。

 社会人では選手層の厚さもあって公式戦で活躍する機会は少なく、チームが優勝した昨年の都市対抗でもわずか6球の登板に終わったが、ストレートの最速は151キロを記録。そして3月に行われた東京スポニチ大会では先発として社会人初勝利もマークした。投げるボールのばらつきは大きく、完成度の高さはまだまだという印象だが、素材の良さは社会人球界でも屈指である。今後の公式戦での活躍次第では上位候補に浮上してくる可能性もあるだろう。

 社会人に進んだ他の選手では夏の甲子園で大阪桐蔭を苦しめた山田龍聖(高岡商→JR東日本)、高校時代から九州屈指の本格派として評判だった河浦圭佑(小倉→JR東日本)も好素材。野手ではスピード溢れるプレーが魅力のショートで昨年の都市対抗でも活躍した水野達稀(丸亀城西→JR四国)、社会人での実績は乏しいが常勝チームの扇の要として高い守備力を誇った小泉航平(大阪桐蔭→NTT西日本)も候補となりそうだ。

 大学に進んだ投手は、現時点で誰がトップになるかまだはっきりしていない状況だが、スピードに関しては加藤泰靖(志学館→上武大)がリードしている印象を受ける。昨年秋に行われた横浜市長杯(関東地区大学野球選手権)では登板した全投手の中で最速となる153キロをマーク。23球投じたストレートのうち19球が150キロを超えており、アマチュア全体でもこれだけのスピードを誇る投手はなかなかいないだろう。この春は出遅れてリーグ戦2週が終了した時点でまだ登板はないが、ここから調子を上げてくることを期待したい。

 地方大学ながら実績の面でリードしているのが金村尚真(岡山学芸館→富士大)。層の厚いチームの中でも入学直後から投手陣の一角に定着し、昨年秋にはエースへと成長。現在プロで活躍している大道温貴(八戸学院大→広島3位)に投げ勝ち、MVPとベストナインにも選ばれている。少しコンパクトな腕の振りが特徴だが、コンスタントに140キロ台中盤をマークするストレートは威力があり、制球力も高い。今後さらに注目を集めていくことになるだろう。

 東京六大学では増居翔太(彦根東→慶応大)、生井惇己(慶応→慶応大)、橋本達弥(長田→慶応大)など慶応大に好投手が多い。増居は抜群の安定感、生井は躍動感溢れる投球、橋本は角度抜群のボールとそれぞれ持ち味が異なり、強力投手陣を支える存在となっている。この春浮上してきたのが斎藤礼二(東海大相模→東海大)と秋山凌祐(愛工大名電→立命館大)の2人だ。ともに昨年まではリーグ戦での登板がなかったが、いきなり開幕戦の先発を任されて見事な投球を見せている。ともに高校時代からまとまりのある好投手だったが、大学で大幅にスピードアップし、ピッチングに凄みが出てきた。

 野手では強打者タイプに人材が豊富で、中でも森下翔太(東海大相模→中央大)、蛭間拓哉(浦和学院→早稲田大)、山田健太(大阪桐蔭→立教大)、沢井廉(中京大中京→中京大)の4人が有力候補である。森下は1年春にいきなりベストナインを獲得し、その後に行われた日米大学野球でも代表に選出。昨年は少し調子を落としたが、この春は開幕戦でいきなり2本塁打を放つなど見事に復活。確実性には少し課題が残るものの、ヘッドスピードととらえた時の打球の速さはピカイチだ。

 蛭間は高校時代もU18侍ジャパンに選ばれた左の強打者。昨年は春、秋のリーグ戦でともに3本塁打ずつを放ち、秋の早慶戦では優勝を決める劇的なホームランを生井から放っている。確実性と長打力を兼ね備えており、穴らしい穴のないバッターだ。山田は大阪桐蔭時代からスケールの大きい打撃が目立っていたが、大学でも1年春から中軸に定着。昨年は少し調子を落としたが、懐の深い打撃が持ち味で広角に強い打球を放つ。大型でセカンドを守れるというのも魅力だ。沢井は地方リーグながら全国レベルの力を持つ左のスラッガー。1年春からベストナインを獲得し、この春も3試合で7安打、1本塁打を含む長打3本と打ちまくっている。フォロースルーの大きいスイングは迫力十分で、左方向にも大きい当たりを打てるのが魅力だ。

 リードオフマンタイプでは田中幹也(東海大菅生→亜細亜大)、奈良間大己(常葉大菊川→立正大)、小松勇輝(東海大相模→東海大)の3人が面白い。田中はショート、セカンドどちらもこなすが、菊池涼介(広島)を彷彿とさせるような守備範囲の広さと積極的な走塁が持ち味。少しスローイングの強さは物足りないが、守備名人になれる素材だ。

 奈良間はフットワークの良いショートの守備と全身を使ったフルスイングが持ち味。もう少し走塁への意識が上がってくれば、相手にとって更に嫌な選手になるだろう。小松も全てのプレーの質が高いショート。高校時代からセンスは抜群だったが、この春のリーグ戦では一発も放つなどパワーもついてきている。高校、大学の先輩である田中広輔(広島)のような存在になれる可能性を秘めた選手だ。

 最後に投手、野手両方で大きな可能性を秘めた選手を紹介したい。それが矢沢宏太(藤嶺藤沢→日本体育大)だ。高校時代から本格派サウスポーとして注目されていたが、大学ではまず外野手として台頭して昨年秋にはベストナインも獲得。そしてこの春のリーグ戦では開幕週の1戦目で3番、投手、2戦目には4番、DHで出場し、大谷翔平(エンゼルス)を思わせる起用法で活躍している。

 矢沢は173cmと上背はないものの、運動能力の高さは抜群で、投手としては140キロ台後半のスピード、打者としては軽々とスタンドへ運ぶパワーとスピードを備えている。どちらかに絞るのが本当に惜しい素材であり、来年のドラフトでは大谷以来となる二刀流論争が再び巻き起こることも考えられるだろう。

 昨年はコロナ禍で大学、社会人も公式戦が少なかったが、その鬱憤を晴らすかのようにこの春活躍を見せている選手が多い。冒頭で触れた根尾、藤原、吉田などプロでプレーしている選手たちに刺激を与える意味でも、同世代の選手が更にドラフト戦線に浮上してくることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員