選抜高校野球も終わり、全国では春季大会もスタート。また大学野球、社会人野球も公式戦が開幕し、各地で熱戦が続いている。ドラフト戦線も本格化してきたが、現時点で評価の高い選手を投手と野手に分けてランキング形式で10人ずつピックアップした。今回は野手編だ。



*  *  *
■10位:福本綺羅(明石商・外野手)

 1年秋には4番も任された強打の外野手。この冬で更に一回り体つきが立派になり、軽く振っているようでも打球の速さには目を見張るものがある。投手としても140キロ以上のスピードをマークするだけあって、センターから見せる返球も力強い。外野手としての総合力は先輩の来田涼斗(オリックス)と比べても遜色ない存在と言えるだろう。


■9位:池田陵真(大阪桐蔭・外野手)

 能力の高い選手が揃う中でも旧チームから1番を任され、昨年秋からは4番に座る右の強打者。上背はないもののたくましい体つきと、無駄な動きのない洗練されたスイングで広角に長打を放つ。センターの守備範囲の広さと素早い返球も高レベルだ。選抜では初戦敗退となったが、自身は3安打を放つ活躍を見せて存在感を示した。


■8位:中川智裕(セガサミー・遊撃手)

 スケールの大きさが魅力の大型ショート。動きの軽さはもうひとつだが、三遊間の深い位置からもファーストまで一直線で届くスローイングの強さはプロでもなかなかいないレベルだ。打撃もインパクトが強く、とらえた時は逆方向にも放り込むことができる。確実性には課題が残るものの、攻守ともに見ていて楽しい選手であるというのは大きな魅力だ。


■7位:吉野創士(昌平・外野手)

 中学時代から評判の右の長距離砲。入学直後から中軸を任されると、その期待に応えてホームランを量産。昨年秋にはチームの関東大会出場にも大きく貢献した。大きくて柔らかいフォロースルーで、ボールをバットに上手く乗せるようにして遠くへ運ぶ打撃が特長。長身だが体の使い方が上手く、外野から見せる返球の強さも魅力だ。


■6位:有薗直輝(千葉学芸・三塁手)

 吉野と並ぶ関東を代表する右のスラッガー。1年夏から4番として活躍しており、その後も順調に成長。元々大きかった体は更にたくましくなり、高校生とは思えないパワーを生かしたフルスイングが魅力だ。サードの守備も動きに素早さがあり、球際の強さが目立つ。投手としても140キロを軽く超えるスピードがあり、強肩でも目立つ存在だ。


■5位:松川虎生(市和歌山・捕手)

 選抜で大きく評価を上げた強打のキャッチャー。スローイングは少しコントロールに課題が残るが、巨漢とは思えないフットワークの良さがあり、キャッチングも安定している。下半身の粘り強さを生かしたバッティングも一級品で、選抜ではホームランこそなかったものの常に長打が出そうな雰囲気が漂っていた。貴重な打てる捕手の素材として、高い注目を集めることは間違いないだろう。


■4位:正木智也(慶応大・一塁手兼外野手)

 大学球界を代表する右の大砲。高校時代から長打力には定評があったが、大学で更に磨きがかかったように見える。芯でとらえた時の打球はスタンド中段まで軽々と届き、その飛距離はアマチュア全体でも頭一つ抜けている印象だ。少しヘッドが外回りするため内角の速いボールには課題が残り、守備についても特徴がないのは気になるところだが、長打力不足のチームにとっては非常に魅力的な存在である。


■3位:野口智哉(関西大・遊撃手)

 強打が魅力の大型ショート。1年春からレギュラーに定着してヒットを量産。リーグ戦でのホームランは多くないものの、全身を使ったフルスイングは迫力十分で、広角に鋭い打球を放つ。場面やカウントによってバッティングを変えられるというのも長所だ。ショートの守備も動きに軽さがあり、スローイングの正確さも目立つ。もう少し走塁への意識を高くしたいところだが、ショートとしての総合力の高さは大きな魅力だ。


■2位:古賀悠斗(中央大・捕手)

 大学ナンバーワンの呼び声高い強肩強打のキャッチャー。少し体を左右に振って投げるのは気になるが、2.0秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球はコンスタントに1.8秒台をマークし、コントロールも安定している。昨年までは課題と見られていた打撃もこの春は4月21日終了時点で首位打者、リーグ2位の3本塁打をマークするなど、大きく成長した姿を見せている。捕手では筆頭候補になる可能性が高いだろう。


■1位:阪口樂(岐阜第一・一塁手兼三塁手兼外野手)

 抜群のスケールと長打力が魅力の左のスラッガー。力任せではなく、下半身も使って柔らかく振り抜くことができており、左中間にも飛距離が出るというのが得難い長所だ。秋は厳しいマークと、投手としての負担もあって不発に終わったが、この春の練習試合ではしっかり結果を残し、改めて能力の高さを見せている。長距離砲としての素質は抜けたものがあるだけに、将来の中軸候補が欲しい球団には垂涎の存在と言えるだろう。


 選抜でも投高打低という声が多く聞かれたが、確実に上位指名されると太鼓判を押せる選手は少なく、投手に比べると全体的に人材不足という感は否めない。しかし逆に言えばこの春以降の活躍で、一気に浮上してくることも可能と言えるだろう。特に高校生の場合は夏の活躍が大きく影響してくるだけに、前評判を覆すような新たな有力選手が登場してくることを期待したいところだ。(文・西尾典文)

>>今年の「ドラフト候補」をランク付け! トップ10はこの選手たち【投手編】はこちら

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員