ゴルファーの丸山茂樹氏が「祝! マスターズ優勝」と題して、松山英樹選手の偉業について解説する。



*  *  *
 いやいやいや、やってくれました。松山英樹(29)が「マスターズ」(4月8〜11日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC)で日本の男子として初めて海外メジャーで勝ちました!

 日本の選手が初めてメジャー4大会に挑戦したのが1932年、初めてマスターズに出たのが36年ですか。まさに日本ゴルフ史上最高の偉業ですよ。若いゴルファーたちは、この優勝から夢と希望と勇気をもらったと思います。

 テレビで見てて、泣かせてもらいましたよ。優勝決定のパットを入れたときは、苦しみ抜いた本人の気持ちになった感じでしたけど、表彰式でね、満面の笑みでガッツポーズした姿を見て、「これがほんとの英樹の顔だなあ」って感じた瞬間に涙が出ました。

 祝福のメッセージをLINEで送ったら、表彰式のすぐあとに電話をくれて、「やりました!」って。僕はもう号泣。通話時間は2分17秒だったんですけど、「ありがとう」って言った以外は何をしゃべったか覚えてないです。ハハハ。

 これまでいろんなところで言ってきましたけど、英樹がメジャーで勝つならマスターズだろうと思ってました。彼のゴルフスタイルはマスターズ向きです。完全に。

 何より、アイアンの距離感が抜群にいいところですね。そこがものすごく重要視されるコースなんですよ。なおかつショットとパッティングとのハーモニーがうまくいくと最高です。歴代勝ってるのはアイアンショットとパターのうまい人なんですよ。そういう意味では、英樹はむちゃくちゃ向いてましたね。

 メジャー4大会のうち、マスターズだけは会場が毎年同じ。英樹はこれが10回目で、1回しか予選落ちがない。やはり合ってるんですよ。たとえばブライソン・デシャンボー(27)は「オーガスタは何度回っても、はっきり分からない」と言ってます。英樹にはそういうネガティブな感情はない。逆に「回りやすい」「パットが入りさえすればいける」と思ってたはずです。

 2位に4打差の単独トップで迎えた最終日のポイントを振り返ってみます。

 まずは1番で緊張感のある中でティーショットをミスしましたが、2番のティーショットを完全に真ん中に打ち抜いたこと。それでバーディーをしっかり取って、悪い流れをリセットできた。そして3番、4番、5番の危機を脱出して、いい流れをつかんだ。取らなくてはいけない8番パー5でバーディーを奪います。その勢いで9番もバーディー。これで50%は優勝が見えました。

 難関のアーメンコーナーは12番でボギーを打ったものの、13番で取り戻した。必ずバウンスバックできてるんですね。これでだいたい70%まで持っていったと思います。

 15番はセカンドショットが池に。あれは驚きました。でも16番で同じ最終組で2位につけていたザンダー・シャウフェレ(27)も池ポチャ。あそこで80%まで盛り返して、17番でパーを取ったときに85%。それで18番のティーショットがフェアウエーにいったところで95%です。

■英樹に続く王者 必ずや現れる

 13番で林に打ち込んだと思ったら木に当たって戻ってきて、バーディーにつながりました。ほかにも英樹にとって幸運なシーンがいくつかあった。あのラッキーが半分なくても、勝てなかったでしょう。ああいうのがなきゃ勝てないんです。メジャーは。

 それにしても3年8カ月も米PGAツアーで優勝から遠ざかってましたからね。しかも今年はトップ10にも入ってなかった。なのにワンチャンスをものにできるのは、ほんとにすごいことですね。

 松山英樹が優れているのはまず、いろんな情報をきちんと吸収する能力があるってことですね。一人の世界に入らずに、いろんな人から必要な情報を吸収して、そこからエキスだけをしっかり抜き取れる。柔軟性があり、なおかつ分析能力があると思ってます。

 ジャスティン・トーマス(27)がいつもタイガー・ウッズ(45)に相談してるように、ああやってしっかり話を聞くってのが大事なことだと思います。英樹も先輩との練習ラウンドなんかを通じていろんな情報を収集して、うまく自分のものにしていってると思うんです。そこの力が非常に高いんです。プロになってから初めて迎えたコーチの目澤秀憲とも、いい関係性を築けてます。

 そして体をつくることも練習することも、ほんとに努力を惜しまないでやれる姿勢がある。プロゴルファーとして素晴らしいと思いますね。

 日本の選手として初めてマスターズに勝ったのは、コロンブスがアメリカ大陸に到達したみたいなもんです。「あそこへ行けるよ」と示してくれた。だから松山英樹に続くメジャーチャンピオンが必ず日本から現れると、僕は信じてます。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

※週刊朝日  2021年4月30日号