メジャーリーグでは大谷翔平(エンゼルス)が二刀流で見事な活躍を見せているが、アマチュア時代には投手、野手両方で活躍していた選手は少なくない。近年では2年連続選抜高校野球で優勝投手となった根尾昂(中日)、1年秋からエースとして活躍していた鈴木誠也(広島)、3年夏の甲子園で150キロを超えるスピードをマークした今宮健太(ソフトバンク)などが代表例と言える。そこで今回は彼らのように野手としてプロ入りしたものの、投手としてプレーする姿も見てみたかった選手を取り上げたいと思う。



 高校時代の実績という意味では平沼翔太(日本ハム)がナンバーワンになるだろう。敦賀気比ではエースとして2年夏から3季連続で甲子園に出場。3年春には5試合を1人で投げ抜き、福井県勢として初となる甲子園優勝の立役者にもなっている。ストレートは140キロ台前半と驚くような速さがあったわけではないが、緩急を上手く使うピッチングは安定感抜群で、高い制球力も魅力だった。

 2年夏には球種によってフォームが変わる癖を大阪桐蔭に見抜かれて大敗を喫したが、続く3年春にはその癖を完璧に修正して完封でリベンジを飾っており、そのあたりにも投手としてのセンスの高さがよく表れていた。高校からすぐにプロ入りするようなタイプの投手ではなかったが、投球術は素晴らしいものがあっただけに大学や社会人で実績を残してからプロで活躍する可能性もあっただろう。

 平沼は総合力の高いタイプだったが、粗削りながら馬力とスピードが魅力だったのが細川成也(DeNA)と万波中正(日本ハム)の大砲候補2人だ。細川のピッチングで強く印象に残っているのが高校3年夏の初戦となった古河三との試合だ。4回途中からリリーフとしてマウンドに上がると、140キロ台中盤のストレートで相手打線を圧倒。試合は延長戦にもつれこんだが、7イニングを投げて被安打わずかに1、13奪三振、無失点の好投でチームを勝利に導いている。

 上半身の力が強く、少し“野手投げ”という感は否めなかったが、フォームのバランスは決して悪くなく、与えた四球も1つとコントロールも安定していた。また先発投手が突如崩れて、守っていたライトから急遽マウンドに上がるという緊急登板だったが、それでもいきなり140キロ台をコンスタントにマークし、ノーアウト満塁のピンチを三者連続三振で切り抜けているところには気持ちの強さが感じられた。馬力を生かしてリリーフ投手として勝負するという選択肢もあったのではないだろうか。

 万波のピッチングを初めて見たのは中学3年夏で出場したリトルシニアの全国大会。当時から190cm近い長身で注目を集めており、スピードは137キロをマークしている。横浜高校に進学後も1年夏の神奈川大会でホームランを放つなど早くから頭角を現していたが、タイミングをとる動きがなかなか安定せず、見る度に打ち方がよく変わっていた。特にどん底だったのが3年春で、変化球を投げておけばまず当たらないという打席を繰り返し、見ていたこちらが正直頭を抱えたものである。

 一方で投手として出場する機会は少なかったものの、2年夏の甲子園ではリリーフで短いイニングの登板ながらストレートのスピードはコンスタントに145キロを超え、その勢いは目を見張るものがあった。結局野手としての将来性を評価されて、現在ではチームで期待の若手になっているが、投手を選択した方が良いのではという声もあったことは間違いないだろう。

 ここまで紹介した3人は高校からプロ入りしているが、大学まで投手と野手両方の可能性を模索していた珍しい例が岡大海(ロッテ)だ。倉敷商時代からどちらかというと投手として評判の選手であり、明治大に進学後もまずは投手としてデビューし、150キロを超えるスピードもマークしている。コントロールがなかなか安定せず、運動能力を生かすために4年時にはほとんど野手でのプレーとなったが長身から投げ下ろすストレートは東京六大学の中でも目立つ存在だった。明治大のような選手層の厚いチームではなく、力のある投手が少ない大学に進んでいれば、将来が変わっていたことも十分に考えられるだろう。

 かつて仰木彬監督時代のオリックスでは萩原淳、嘉勢敏弘、今村文昭の3人を野手から投手に転向させ、いずれもチームの戦力とした事例もある。アイデアマンである仰木監督らしいエピソードだが、3人とも投手への再挑戦で選手寿命が延びたことは確かである。今後も彼らのように野手として芽が出なくても、投手として復活するような選手が現れることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員