緊急事態宣言下でも無観客で熱戦展開中のJリーグ。その歴史を彩り、サポーターを沸かせ、リーグの発展に貢献してきたのが、有名無名の外国人選手たちであり、国籍別で最多人数を誇るのがブラジル出身の選手たちである。その中には、ジーコやドゥンガ、レオナルドといった世界的プレイヤーも多くいたが、例え“そうではなく”とも、優れた能力を持ち、高い貢献度を誇った選手は多かった。改めて彼らを称えるため、「A代表未招集」のブラジル人Jリーガー“ベスト11”を選出し、W杯で上位進出を狙えそうなチームを結成したい。



 まずGKだが、ここはシジマール(清水)で文句なしだ。身長183センチは決して高くないが、両腕を伸ばした長さは193センチを誇り、愛称「クモ男」の通り、多くのシュートを獲物のようにことごとくキャッチ。シーズン731分間連続無失点のJ1記録を保持する男に最後の砦になってもらいたい。

 DFは4枚。センターバックの1人目は、ペレイラ(V川崎ほか)だ。屈強な肉体と高いインテリジェンス、非常に優れたカバーリング能力を持ち、1994年にJリーグMVPに選ばれるなど、V川崎の黄金期を力強く支えた。カズやラモス瑠偉といった華やかな攻撃陣が力を発揮できたのも、最後尾にこの男がいたからこそ。活躍したのは30年近くも前のことになるが、足元の技術、フィード能力も含めて、実に現代的なDFだったと言える。

 その相棒には、シジクレイ(G大阪ほか)を選ぶ。身長187センチの高さと鋼の肉体を持ち、スピード不足を補って余りあるフィジカルの強さで相手FWを圧殺。その頼もしき姿に「残念、そこはシジクレイだ」という言い回しも誕生。ボランチにも対応可能な能力の多彩さもあった。所属した5クラブで積み上げたJ1通算289試合出場は、外国人選手として歴代2位を誇るなど、実績も申し分なしだ。

 左サイドバックは、ドゥトラ(横浜FM)だ。抜群のスピードと疲れ知らずの豊富な運動量で左サイドを上下動し、攻め上がっては精度の高い左足クロス、守って抜群の対人能力の高さを発揮する。J1通算213試合出場。献身性も高く、90分通して安定したプレーを見せることができる男を、チームから外すわけにはいかない。

 逆側の右サイドバックには、エウシーニョ(現清水)を配置する。アタッカーを彷彿とさせる優れたドリブル能力を持つ超攻撃的サイドバック。DFの枠に捉われない変幻自在かつ神出鬼没な動きで次々とゴールを奪い、川崎に所属していた2017、18年にはJ1連覇にも貢献した男が、攻撃にアクセントを加える。

 MFは3枚。アンカーの位置は、レオ・シルバ(現鹿島)を選びたい。疲れ知らずの運動量と高いボール奪取能力を持ち、パス、ミドルシュートと攻撃性能も高く、攻守において存在感を放つ。亀田製菓の『ハッピーターン』が大好き過ぎるブラジル人としても有名になったが、そのプレーぶりは高級洋菓子のように洗練されている。

 インサイドハーフは2人置くが、1人目はポンテ(浦和)で即決だ。ブンデスリーガでも活躍した実力者。2005年途中に来日して以降、卓越したテクニックと正確無比なシュート、そして抜群の戦術眼から繰り出される高精度のパスで、浦和の黄金期を築いた。守備も献身的。何よりここ一番で決定的な仕事をできる男が、このチームの心臓だ。

 その横には、レアンドロ・ドミンゲス(柏ほか)を配置する。多彩なキックと繊細なボールタッチ、優れたアジリティで攻撃を構築し、直接フリーキックも大きな武器。特に柏をJ1制覇に導いてMVPに選ばれた2011年のパフォーマンスは出色だった。守備面での貢献は少なく、適性はトップ下の“王様”だが、視野の広さとシンプルなプレーぶりで、インサイドハーフにも対応できるはずだ。

 FWは3人。1人目は“猛犬”ウェズレイ(名古屋ほか)だ。スピード豊かにDFラインの裏に抜け出し、ボールを持てば重戦車のようなドリブル突破から強烈なシュートを叩き込むパワフルストライカー。J1でハットトリックを8回も記録した爆発力は他の追随を許さず、広島時代の弓矢パフォーマンスも絵になった。

 そのウェズレイはJ1通算217試合で124得点を記録したが、さらに多くのゴールを決めたのが、マルキーニョス(鹿島ほか)だ。日本で計7クラブを渡り歩き、J1通算333試合出場で外国人歴代最多となる152得点をマーク。鹿島時代はJリーグ3連覇に大きく貢献し、2008年には得点王&MVPを獲得。精力的にピッチを走り回りながらボールを引き出し、ゴール前では優れた得点感覚を発揮する。

 そして最後の1人には、エメルソン(浦和ほか)を選ばざるを得ない。爆発的なスピードは間違いなく世界トップレベルであり、シュート、パス、トラップと基本技術も卓越したものがあった。素行不良の問題児ではあるが、能力の高さは折り紙付きだ。

 FWの並びに迷うが、万能性のあるマルキーニョスを真ん中に置き、右にウェズレイ、左にエメルソンでどうか。リバプールに負けない超高速カウンターが発動可能になる。さらにポンテとレアンドロ・ドミンゲスが高精度のパスを配給し、ドゥトラ、エウシーニョの両サイドバックが攻撃に厚みを加える。もちろんW杯で勝てるかどうかは約束できないが、ブラジル代表に未招集の面々でも非常に魅力的なチームを作ることができるのは、間違いない。

以下、今回選出したメンバー

【GK】
シジマール

【DF】
ペレイラ
シジクレイ
ドゥトラ
エウシーニョ

【MF】
レオ・シルバ
ポンテ
レアンドロ・ドミンゲス

【FW】
ウェズレイ
マルキーニョス
エメルソン