4月18日、西武は24歳の育成契約の投手・東野葵から自主退団の申し入れがあったことを発表した。



 2019年に日本経済大から育成ドラフト1位で西武に入団した東野は、本格派左腕として期待され、同年9月6日のイースタン、日本ハム戦で斎藤佑樹と投げ合って初勝利を挙げるなど、2勝を記録したが、翌20年の春季キャンプで左肘じん帯を損傷。3年目の今季も自主トレ中に再び左肘を痛めたことから、今後は野球とは違った道に進むことを決意し、シーズン中の自主退団となった。

 自主退団とは、球団から戦力外通告を受けていないのに、他球団やアマチュアでの現役続行などを視野に入れて、自らの意思で退団することだが、過去にも自主退団をした選手は存在する。

 19年オフに中日を退団した松坂大輔(現西武)もその一人だ。

 中日移籍1年目の18年に6勝を挙げ、カムバック賞を受賞した松坂だったが、翌19年の春季キャンプ中に肩を痛め、出遅れたことが災いし、1軍登板わずか2試合の0勝1敗、防御率16.88という不本意な成績に終わった。

 現役続行を希望する松坂に対し、当初球団側は戦力外にする意向を固めていたが、与田剛監督が“最後の働き場所”を与えるという温情から残留を希望し、一転年俸8千万円から減俸幅を一定に抑えた条件でオファーを行った。松坂も「球団には配慮していただいている」と条件面には納得している様子だった。

 だが、17年オフにソフトバンクを戦力外になったあと、最初に声をかけ、中日のテスト入団に尽力してくれた恩人の森繁和SDと友利結国際担当の退団が決まると、松坂は「僕もいちゃいけないな」と退団を決意。10月4日、加藤宏幸球団代表に退団を申し入れ、了承された。

 結果的に中日は、力の衰えたスーパースターに戦力外通告をして、世間の非難を浴びるという事態を回避。松坂も中日退団後、古巣の西武に移籍しているので、自主退団は双方にとって最も角が立たない解決手段でもあった。

 今季ソフトバンクからヤクルトに移籍した内川聖一も昨年10月下旬、戦力外通告を受ける前に自ら退団を申し入れているので、一応自主退団と言えるだろう。

 中日といえば、16年オフに呉屋開斗、17年オフに藤吉優と2年続けて育成選手が自主退団したことでも知られる。

 八戸学院光星高の左腕として14年春から3季連続甲子園に出場した呉屋は、15年の育成ドラフトで中日に5位指名されて入団したが、1年目の夏に球団社長に自ら電話をかけて退団を申し出た。

 当初は大学に進学し、実力をつけてからプロにと考えていたが、高校の監督の勧めでプロ志望届を提出したところ、思いがけず指名を受けたことで、心の葛藤があったという。

 周囲の関係者の喜ぶ姿を見るにつけ、入団を辞退すると迷惑をかけると思い、吹っ切れない気持ちのまま入団したが、やはり周囲とのレベルの差は大きく、プロは厳しい競争社会であることを思い知らされた。

 これまでの人生の進路は周囲が決めたことに従ってきた呉屋だったが、本来なら3年間在籍できるのに、1年目シーズン途中での現役引退は、初めて自分の意思で決めた選択だったという。

 一方、秀岳館高の強肩強打の捕手で主将も務めた藤吉は、14年の育成ドラフトで中日に3位指名されて入団。当時兼任監督だった谷繁元信を目標に掲げ、「自分は配球面が課題なので、監督から学びたいです」と1軍昇格に意欲を燃やしたが、3年目の契約満了となった17年オフに育成選手として再契約後、「環境を変えてやり直したい」と思直し、アマチュア球界復帰を目指して、自ら退団を申し入れた。

 2人の退団は、育成ドラフトがプロへの門戸を広げる一方で、レベルの違いから自信を失い、早期の自主退団者を生むという、二面性を有していることを如実に物語っている。

 同じ自主退団でも、球団側が選手に求めたとされるのが、17年の巨人・山口俊(現ブルージェイズ)の事件だ。

 同年7月11日未明、山口は都内の飲食店で泥酔中に右手の甲を負傷。その後、訪れた病院で、出入り口の扉の損壊や男性警備員への暴行に及んだとして、傷害と器物損壊の疑いで書類送検された。

 山口は8月23日に不起訴処分になったが、事態を重く見た球団側は11月30日までの出場停止や罰金、出場停止期間中の減俸の処分を科すことを決めた。

 これに対し、日本プロ野球選手会は「処分は不当に重い」として再検討を求めたが、当初球団側が山口に自主退団を要求し、その後、複数年契約を短縮することになったという話も選手会側から明らかにされた。

 処分が明けた山口は、19年まで巨人でプレーし、同年は15勝4敗の好成績で最多勝、最高勝率、最多奪三振を獲得するなど、5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。もし自主退団になっていたら、シーズンの結果も違ったものになっていただろう。

 真相はどうあれ、自主退団が違った意味で用いられた一例である。

 最後に志半ばでプロ野球界を去る東野が、セカンドキャリアで成功を収めることを切に願いたい。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。