中日・根尾昂は、現在のプロ野球界で正統派のスターになれる資質がある選手だ。



 今年でプロ3年目、チームではまだまだ大きな戦力になれてはいないが、所属する中日のファンでなくとも一人前の選手になって欲しいと見守る人は多い。

「1年目は周囲からも色々な声が聞こえた。(入団前までの経歴などが)完ぺき過ぎて妬みもあったのだろう。プロは甘くないと言って、どや顔をする人もいた。しかし時間とともに、そういったものが減った。野球への取り組み方、普段からの人間性に接していれば自然と応援したくなる」(中日関係者)

 大阪桐蔭では3年生だった18年に甲子園の春夏連覇に貢献。投打の二刀流も話題となり、10年に1人の素材と言われた。その年のオフに、4球団競合の末にドラフト1位で中日に入団。1年目は二軍で過ごす時期が続き、シーズン終盤に一軍に昇格したが、2試合に出場して2打数ノーヒットに終わった。2年目もプロ初安打こそ放ったが9試合の出場で23打数2安打。そして、そろそろ結果も欲しい3年目となる今季は、ここまで目立った成績はないものの、36試合に出場。今後の飛躍を期待させるプレーも随所に見せている。

「模範的な選手で野球への取り組み方が素晴らしい。球場入りはトップクラスに早く、暗いドーム内で黙々とランニングを始める。チーム練習前には汗びっしょり。試合後もトレーニングをして、球場を出るのは最後。オフの日も室内練習場やウエイトルームにこもりっぱなしです」(中日担当記者)

「野球に対して妥協しない。試合後でも納得がいくまでバットを振り込む。外野守備が苦手だと感じたら、時間を見つけては捕球練習する。データへの貪欲さもチームで1番。時間はかかっても必ず結果を出せると確信している」(中日関係者)

 真摯な姿勢は着実なレベルアップにもつながっている。今季は開幕から一軍に定着し、スタメン出場も増え、結果も出始めている。5月4日のDeNA戦(バンテリンドーム)の3回には、プロ初本塁打となる満塁弾を放った。コロナ禍で声を出しての応援は禁止されているが、球場中が大歓声に包まれたのは記憶に新しい。ホームランの瞬間、ドームで働く関係者も大いに喜んだという。

「打った時の盛り上がりは凄かった。入場制限もあって観衆は9679人だったが、そんなことは一切感じさせない熱狂状態。客が入っても白けた雰囲気だった近年のドームが、最高潮になった。初本塁打が満塁弾というのも、何かを持っているとしか思えない」(中日担当記者)

「本塁打の瞬間はバックヤードでも歓声が上がった。誰もが認める良い人で、根尾を好きな人は多い。球場入りの時は、明るいあいさつを欠かさない。アルバイトの人にもです。何かあれば必ずお礼を伝えてくれる。親御さんがしっかり育てたのでしょうね。周囲への配慮ができる大人です」(球場関係者)

 プロの世界、調子が良い時も悪い時もある。結果が出なければ、マスコミでは叩かれファンからも罵声を浴びる。ストレスも多く、人間不信に陥ってしまうアスリートは多い。周りの人たちへの対応がいい加減になっても仕方ないが、根尾の誠実さは常に変わらない。伝わってくる人柄の良さは本物のようだ。

「今はコロナ禍でサインや写真に対応できないのはわかる。それでもファンは選手と交流を持ちたい。(根尾は)断り方が本当に丁寧で、申し訳なさが伝わってくる。こっちも納得するし良い人だと感じる。誰とは言わないけど、子供にも態度が悪い人がいますからね」(中日ファンの女性)

「今年はコロナでダメだったけど、1、2年目のキャンプでは食事に来てくれた。一品運ぶ毎に笑顔でありがとうと言ってくれる。練習で疲れているだろうに、立派な子だと思いました。ああいう選手にはサービスしたくなります。また来て欲しいですね」(キャンプ地沖縄の飲食店員)

 野球に対する熱心さ。周囲への感謝と気遣い。そしてファンサービスの丁寧さ。グラウンド内外での振舞いは、プロ野球選手として非の打ち所がない。

「同級生の藤原恭大(ロッテ)は、アイドル顔負けのルックスで近寄りにくさもある。根尾はよく笑うし、隣の兄ちゃん的な温かい雰囲気。嫌われない選手というのはフレンドリーな感じがする」(在京テレビ局関係者)

「松井秀喜(巨人、ヤンキースなど)も野球の実力と人間性で敵味方問わず、嫌われない選手だった。形は違えど根尾も同じような、好かれる選手の道を辿るような気がします。松井のメジャー初本塁打が満塁弾だったのも、根尾との共通点に思える」(中日担当記者)

 誰もが認める人間性はもちろんだが、初本塁打が満塁弾になるなどスター特有の“持っている”要素も根尾に感じる。

「コロナ禍でなかなかバンテリンドームに来れない状況ですけど、何とか1勝でも多く勝ってファンの皆さんに喜んでいただけるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」(根尾・5月4日ヒーローインタビュー)

 根尾のインタビューが終わるまで、多くのファンが球場に残った。姿が見えなくなる最後まで追いかけたい存在。根尾にはそんなヒーローになって欲しいと誰もが望んでいる。今後、野球で結果を残し、中日という球団の枠を超えたプロ野球界を代表するようなスターになって欲しい選手の一人だ。