13日に行われた総合格闘技イベントの「RIZIN.28」で朝倉未来(28=トライフォース赤坂)がクレベル・コイケ(31=ブラジル)に失神KO負けを喫した。柔術家のクレベルに対して、朝倉は試合前から「タップはしない」という趣旨の発言をしており、その“散り方”を称賛する声もあれば、危険だと批判する声も上がった。かつて、タップしない相手の腕をそのままへし折って批判を浴びた経験のある格闘家の青木真也は、朝倉の姿とわき起こっている論議をどうみるのか。



*  *  *
――朝倉選手は試合前にタップをしない趣旨の発言をして、実際にタップをせずに失神状態でKO負けしました。あの姿をどうみましたか。

 朝倉選手はそれだけ気持ちが強い選手だった、ただそれだけのことですよ。タップするかしないか、発言がどうかなんて本当にくだらない話。タップするもしないも勝手にどうぞとしか思いません。

――「くだらない」という言葉の意味は?

 タップしなかったらオチる(失神する)だけ、骨が折れるだけです。何か問題がありますか? 問題があるのならルールでオトすことと、骨を折ることを反則にすればいいだけの話です。

 そもそも格闘技は人を傷つけ合ってノックアウトするのだから、スポーツじゃないんです。世間一般に存在するためにスポーツということにしているだけで、あくまで格闘技なんです。多くの人が、そこを勘違いしていると思います。

 殴ればいい、オトせばいい、そういう仕事なんですよ。格闘家の視点からみれば、タップがどうこうなんて、くだらない話だと思いますね。

――選手生命を考えると、あそこまで耐えてしまうのは、危険ではないですか? また、やはり格闘家でない素人には、失神させたり、骨を折ったりするのは「やり過ぎだ」と思われそうです。

 逆に聞きますが、相手を殴るときに骨が折れてしまうか、失神させてしまうかを気にする選手がいますか? いませんよね。

 パンチなら骨を折っても相手が気を失っても称賛されるのに、絞め技でオトしたり骨折させたりすると批判されてしまう。同じルールの中でやっているのに、的外れな批判だと感じます。じゃあ、殴って失神させるのもルールで禁止にしたらどうですか(笑)。

 よくあることですが、骨が折れたかな、オチたかなと思って力を抜くと相手が殴り返してくる。僕らが生きているのは、素人の皆さんが思うような甘い世界ではないんです。だから僕は躊躇なく骨を折りますね。そのシーンが嫌なら格闘技を見るなよと思います。

 ――とはいえ、朝倉選手が試合前から「タップをしない」趣旨の発言をして、それを「有言実行」してしまったことで、失神する姿がテレビに流れてしまった。これは議論を呼んでいます。

 論議が起きてしまっていることを考えても、やっぱり僕は格闘技はサブカルであってほしいと思います。地上波で大衆に見せるものではなく、ペイパービュー(有料視聴)にして、見たい人だけが見ればいいんです。

 だって、東京ドームみたいなところで真ん中にリングを置いて、人が殴り合っているのを客が喜んでいる光景って、俯瞰して見たらどう考えてもおかしいですよね。人が傷つけられて倒れるのを喜んでるんだから。これを(テレビなどで)大衆に見せたら、特に一見さんはいろいろと言う人がでてきますよ。

――青木さんは格闘技はスポーツではないという考え方ですが、逆に、やり過ぎてしまうと格闘技がスポーツではなくなってしまうという意見もあります。

 そういう緩い人は僕の「客」ではありません(笑)。格闘技って、あくまで「技術」なんですよ。緻密な研究や理屈の上にすべてが成り立っているんです。それをみんな分かっていない。

「芸事」という言葉を僕は使いますが、これが分からない人とは一緒に格闘技というアートを作っていけません。

――ファンにも厳しいですね。

(格闘家でも)批判が怖くて言いたいことを言えない人が多い。でも、僕は本当のことを言い続けたい。本当のことを言うことが、僕の表現だと思っています。(構成=AERAdot.編集部・國府田英之)