50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超えたいま、天龍さんが伝えたいことは? 前回に引き続き今回も「盟友」をテーマに、戦友の阿修羅・原選手、恩人のロッキー羽田選手について、つれづれに語ってもらいました。



*  *  *
 前回の輪島さんの次は阿修羅・原のことも話そうか。俺が阿修羅を知ったのは、日本人で初めてラグビーの世界選抜に選ばれた彼が、プロレスに転向するという話を聞いたときだ。自分とダブるというと大げさかもしれないが、俺も相撲からプロレスに転向したから、彼の気持ちもわかる。最初は国際プロレスに入ったんだけど、団体がつぶれて全日本に来て、当初は俺と対戦することが多かった。彼のファイトスタイルはラグビーのバックボーンがあるからか、全身全霊でぶつかる、嘘偽りのない戦いで、相撲をやっていた俺も気持ちがよかった。

 そして、いつも試合が終わるたびに「俺はラグビーで、源ちゃんは相撲をやっていたからわかると思うけど、テレビ放送がない田舎の試合だからっていい加減なことをやっていたら、絶対に客にナメられる。練習でも試合でもガチガチにやって、誰もがすごいと思うことをやらないとプロレスは成り立たないよ」とずっと言っていた。俺も世間からは「プロレスなんて所詮……」と言われて癪だと思っていた頃で、彼も同じ気持ちなんだとわかったんだ。

 しばらくして、阿修羅があまり全日本になじめなくて浮いていたとき「阿修羅と俺がタッグを組んだら面白いんじゃないか」と思って、馬場さんに相談したんだ。そうしたら馬場さんも何かを感じ取ったらしく、すぐにOKを出してくれた。そのときは名古屋にいて、阿修羅と2人で話をしたことを覚えているよ。「これからは好きなことをやってプロレスを光らせよう。全日本を他と違う団体にしよう」って、世間一般から言われていることと、自分たちがやっていることの温度差を埋めようと誓ったんだ。

 1987年6月6日、山口県長門市トレーニングセンターで龍原砲として初めて、輪島さん・大熊(元司)さんと対戦した試合は今でも覚えているし、会場で観た人は「あの試合はすごかったね」と今もずっとファンでいてくれるんだ。嬉しいもんだよね。

 何度も話しているけど、その頃はちょうどアサヒスーパードライが新発売された時期で、2人ですっかりハマったんだよね。毎晩、うまいスーパードライを飲むために一生懸命試合をしたというのが正直なところだ(笑)。試合が終わって、朝まで阿修羅とずーっとスーパードライを飲みながら「今度ジャンボ(鶴田)と対戦する時は、ああしよう、こうしよう」とか、そんな話ばっかりだったけど、本当に楽しかった。女房にも「あの時があんたの青春時代だったね」と今でも言われるし、俺もそう思っている。

 ただ、阿修羅とはシリーズが終わると、プライベートでは一切交流がなかった。シリーズが終わると何をしているのか知らなかったし、ミステリアスな男だったよ。お互いに自分は自分で、そういう点でもウマが合ったんだと思う。そしてシリーズが始まると「おお、久しぶり」なんて言って、またガンガンやるんだ。とんねるずの石橋と木梨みたいだろう(笑)。

 阿修羅は多くを語らないタイプだし、崩せないポリシー、譲れないことも多く、頭が堅いところがあった。俺のところにも彼のよくない噂が聞こえてきていたけど、別に俺には関係ないから詮索もしない。俺がどうこうできるもんでもないし、俺が解決するって言ってもカッコつけの阿修羅だから「そんなことしなくていいよ」と言われるのはわかっていたからね。

 阿修羅が全日本を解雇されて北海道に行っていた時、SWSに移籍していた俺は彼のことを迎えに行ったんだ。そうしたら開口一番「源ちゃん、俺をあわれんで来てくれたんだったら、俺はそんなの受けないよ」と言ったんだ。こっちは「カッコいいセリフ吐いて、何言ってんだお前!」って(笑)。

「俺は昔の全日本の楽しい思い出もあるし、今は俺がトップの団体だから、阿修羅が来ることを誰も反対しないし、ウエルカムだからやってほしい」と伝えたら「そういう気持ちだったら、俺ももう1回頑張るよ」って復帰してくれたんだ。

 ただ、最後はラグビーのボールが破裂するように、彼の人生も破滅に向かって、隅に追いやられてしまったね……。彼はラグビーと一緒で前にしか進めないタイプ。いつもガンガンぶつかって行くから、俺も見ていて面白かったし、気持ちいいだろうなと思うことが多かったよ。

 でもその分、譲れないプライドを持っていて、時としてそのプライドが邪魔になることもある。多くの人は大人になってそのプライドを曲げたり、妥協したりするけど、彼はそれができないし、そんな自分に酔っている部分も無きにしもあらず、だったと思う。

 阿修羅からはよく、ラグビーの日本代表の遠征で外国に言ったときの話も聞いていた。日本代表として海外で試合をするときは、向こうも選手を尊重してくれるし、しっかりもてなしてもくれていたのだろう。プロレスの海外修行とは雲泥の差、屁みたいなもんだ。

 だから余計にプロレス界の小ささやちまちました部分に呆れたり、がっかりした部分もあったと思う。普通は妥協して収まるところに落ち着くんだけど、阿修羅はそれができなかった。記者やファンからは特異な男で片づけられたけど、本当はそんなんじゃない、規格外の男だったんだよ。

 そんな阿修羅との一番の思い出は、(スタン・)ハンセンに後ろからタックルされてコーナーポストの金具で顔に大ケガした時だ。顔の側面がざっくりと切れて、すごく傷が深かったから試合後に「病院に行って縫ってもらった方がいいよ」と言ったら、「大丈夫だよ、こんなの」って。傷口にテープを縒ったのをペタペタ張って「じゃあ、元気が出るように焼肉食いに行こう」って、そのまま焼肉屋に行ったんだ。

 焼肉屋のおばちゃんが傷を見て「これなら朝鮮人参酒を飲めば治るよ」なんて言うもんだから、阿修羅も朝鮮人参酒をくいくい飲んじゃってね。案の定、翌朝になると顔がパンパンに腫れあがって、さすがにこれはダメだとなって、ようやく病院に行って縫ってもらった。たしか20数針縫ったかな。阿修羅はその日も試合に出ると言っていたけど、さすがに休まされてたよ。阿修羅も焼肉屋のおばちゃんも、いい加減なもんだ(苦笑)。このことが阿修羅とのエピソードで一番印象に残っているよ。

 最後にもう一人、ロッキー羽田についても話しておきたい。彼も花籠部屋出身の元力士で、俺の2歳年上でプロレスでも先輩だ。からだも大きくて上手い選手だったが、とにかく人がよくて馬鹿正直な人でね。俺のことも相撲で幕内まで行った天龍だからと、なにくれとなくよくしてくれたもんだよ。

 プロレスに慣れてない頃はタッグを組んで、俺がピンチになると彼が試合を持ち直して、いいところになると俺にタッチして「源ちゃん、行きなよ!」っておいしいところを持たせてくれる。そして彼はいつもやられる役に回ってくれるんだ。三沢光晴も新弟子の頃は彼にずいぶんよくしてもらっていたはずだよ。

 ただ、ロッキーは家庭がうまくいっていなくて、いつも合宿所に寝泊まりして、酒に溺れるようになってしまった。子どもに会いたくても会えないことで精神的にダメージを受けて、ヤケクソになってプロレスにも身が入らなくなって、馬場さんからも退職をすすめられたしね。

 一時期は長野県でプロモーターとして頑張ったけど、やはりいろいろあって、酒浸りになって若くして亡くなってしまった。でも本当にいい人で、トゲトゲしいところもなくて、からだも人間的な器も大きな人だった。

 時々、ロッキー羽田のことを俺が話すと彼のことを覚えているファンも多いんだよね。それを見て、そういえば俺の人生でロッキー羽田に対して謝意を伝えたことがなかったことに気づいてね。ここでこうして改めて感謝を伝えたかったんだ。ありがとう、ロッキー羽田!

(構成・高橋ダイスケ)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす。