月刊誌での安倍晋三前首相の発言が、波紋を呼んでいる。コロナ禍で五輪開催に反対」する人たちは「反日的」なのだろうか。AERA 2021年8月2日号で識者たちに意見を聞いた。


*  *  *
 安倍晋三前首相の発言は、6月下旬発売の月刊誌「Hanada」(8月号)でのジャーナリストの櫻井よしこ氏との対談の中で出た。

「共産党に代表されるように、歴史認識などにおいても一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の(東京五輪)開催に強く反対しています。朝日新聞なども明確に反対を表明しました」

 発言は、櫻井氏が、野党は東京五輪の開催で日本から海外への感染拡大を懸念しているとし、「菅政権を引きずりおろすために五輪を政治利用している、と言わざるを得ません」と批判したことを受けて出た。安倍氏は、「彼らは、日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているのではないか」などと同調し、先のように述べた。東京五輪に反対する人は「反日」とも受け取れる言い方だった。

■反対署名は14万筆

 7月23日、コロナ禍での五輪が幕を開けた。だが、直前まで中止を求める声は多く、19日には社会学者の上野千鶴子さんらが、五輪反対のネット署名約14万筆を東京都に提出した。五輪に反対する人たちは、どんな理由からなのか。

 本誌は7月12〜16日、インターネットを通じてアンケートを実施。この問題への関心は高く、10〜70代の2443人から回答を得た。五輪に賛成か反対か──。「反対」が約67%と、「賛成」の約24%を大きく上回った。「どちらでもない」は約9%だった。

 反対の理由で多かったのは、感染者が増え続けているコロナ禍での開催の不安だ。

「現実を見てコロナが終息していないのに開催することで、感染者が増加するのが目に見えている」(29歳、会社員男性)

 五輪のあり方に疑問を投げかける意見も少なくない。

「五輪はごく少数の権益者の金儲けのためのイベントに成り下がっているから」(51歳、無職男性)

 一方、賛成の理由では、

「諸外国と比して感染状況が軽微であること。ワクチンの接種が進み、重症化患者を一定程度、抑制することが可能であること」(52歳、会社員男性)

 反対理由とは逆に、コロナは抑えることができるからという声が目立った。

 SNSの分析に詳しい東京大学大学院の鳥海不二夫教授(計算社会科学)は、今回の安倍氏の発言を機に、ツイッター上の五輪反対派はどのような人たちなのかを分析した。

 対象は、第2次安倍政権の最後の時期にほぼ重なる2019年2月〜20年10月に、ツイッターに投稿された約1億3千万件。「政権支持派」と「政権不支持派」がそれぞれ、五輪賛否ツイートをどの程度拡散していたのかを確認していった。その結果、五輪反対のツイートの41.6%を政権不支持派が、五輪賛成のツイートの53.3%を政権支持派が拡散していた。

■五輪への思いは複雑

 安倍氏の言う「反日的ではないかと批判されている人たち」がどのような集団を指すのか、正確にはわからない。

 ただ、日本共産党の志位和夫委員長が、安倍氏の発言に「自分に反対するものを『反日』とレッテルを貼る」とツイッターで発信した。

「もしこのロジックを採用すれば、安倍前首相の言う『反日的』とは『政権不支持派』となります。五輪に反対している41.6%は安倍前首相に反対する政権不支持派といえるため、安倍前首相の月刊誌での指摘は、的外れではないことになります」(鳥海教授)

 次に、鳥海教授は、党派性が強いとみられるアカウントを削除し分析を行った。その結果、「五輪反対クラスター(集団)」が約14万アカウントでトップ、次いで「野球五輪代表情報」(約3万7千アカウント)、「五輪に関するネガティブな情報」(約3万2千アカウント)、「サッカー五輪代表情報」(約3万アカウント)と続いた。

 こうした結果を踏まえ鳥海教授は、(1)党派性の強い人たちは五輪に強く反対している(2)党派性を持たない人たちも五輪に反対している(3)五輪を楽しみにしている人たちもいる──この三つの側面が明らかになったという。鳥海教授は言う。

「五輪に対する思いは単純ではありません。二重、三重と、複雑な構造になっています」

 では、安倍氏の発言の意図は何だったのか。ネットでは、

「#反日はお前だ安倍晋三」

 というハッシュタグも立ち上がり、批判の声が上がった。

■巧妙に論点ずらす論法

 アンケートでも、発言についてどう思うか聞くと批判的な意見が多数を占めた。

「あまりに短絡的、感覚的。自分の意にそぐわない意見は全て反日的になってしまうのか」(29歳、会社員男性)
「日本人を反日と言わないでほしい、反政治なだけでしょう」(50歳、会社員女性)

 政治評論家の小林吉弥(きちや)さんは、今回の「安倍発言」をこう見る。

「五輪直前でも多くの人がコロナへの感染が心配で五輪に反対している。そうした人たちを『反日的』だと決めつけるのは、核心からずれ、間口を広げ過ぎている。ただ、首相時代の国会答弁でも安倍さんは論点をずらした発言が数多くあった。ある意味、今回の発言は、安倍さんの本質が出たのではないか」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2021年8月2日号より抜粋