直前まで様々な問題が噴出していた東京五輪の開会式。当日は波乱なく終わったが、この式典を映画監督の青山真也さんはどう見たのか。AERA 2021年8月2日号でインタビューした。



*  *  *
 2014年から3年間にわたり、国立競技場の建て替えによって移転を強いられた都営霞ケ丘アパートの住人の生活を撮り続けました。大切なコミュニティーを引き裂かれ、命がけで立ち退いた高齢者がいる中で五輪開催が強行されたことに、今も強い疑問を持っています。

 正直に言えば、開会式も競技も見たくない。でも、現に様々な問題が起こっていて、これからも問題が起こるかもしれないこの東京五輪を、最後まで見届ける必要があるのではないかと思い直しました。

 私の心にとくに引っかかった場面が三つあります。

 まず、もっとも目と心を奪われたのは、聖火台に聖火をともす最後の場面です。吉田沙保里さんと野村忠宏さんが競技場内に聖火を持ち込み、長嶋茂雄さん、王貞治さん、松井秀喜さんに渡す。そして医療従事者、パラトライアスロンの土田和歌子選手、被災地の子どもたちにつながれ、最後のランナーとなったのは大坂なおみ選手でした。

 BLMの問題に言及したり、スポーツ選手のメンタルケアに配慮すべきだというメッセージを発信したりしてきた大坂選手。非常にいい人選だったと思います。でも同時に、この場面だけでダイバーシティーを語ろうとしているようにも見えて、複雑な思いになりました。

■人選が象徴する矛盾

 選手入場の際に「ドラゴンクエスト」のテーマ曲が演奏されました。作曲したすぎやまこういち氏は、LGBTの人たちに対する差別的な主張をした杉田水脈議員に共感するコメントをした人物です。「多様性を認めよう」「心を一つに」と言い、直前に小山田圭吾、小林賢太郎の両氏を外しながらも、なぜ彼の曲を採用したのでしょうか。出場選手の中にもLGBTの人はいますし、この世界で生きるすべての人に対して開かれた大会であるべきです。

 次に印象に残ったのは、森山未來さんが登場した場面。コロナ禍で亡くなった方やミュンヘン五輪で亡くなったイスラエル選手団に対して捧げた鎮魂の舞踏でした。森山さんは今年6〜7月に上演された舞台「未練の幽霊と怪物」で、新国立競技場の設計者として脚光を浴び、後に撤回された建築家、故ザハ・ハディド氏の霊を演じています。また彼が出演した大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」は、政治家がパフォーマンスの道具として五輪を利用することを批判し、スポーツビジネスとして過度に膨れ上がる現在の五輪のあり方にも厳しい視線を送っているような作品でした。そんな彼のシーンは様々な方向から語るべき意味や価値のあるものだったと思います。

 三つ目は、各国の選手たちの入場行進です。先頭のギリシャに続いて2番目に入場したのは、戦乱が続くアフガニスタンや内戦下のシリアなど、11カ国出身の29人で結成された難民選手団でした。

 その一方で、日本が難民(認定申請者)に対して強硬な態度をとっていることは知っておく必要があるでしょう。五輪を安心安全に開催するという名目で外国人取り締まりが強化され、入管の収容所に長期間拘束されている人もいます。入管施設で命を落としたスリランカ人女性のことは大きく報じられましたが、この死亡事件と五輪は無関係とは言えないと考えてよいと思います。

 私は心から難民選手団の活躍を願っていますが、「努力をして心清くスポーツに励む若者=難民」というイメージが固定化されないことを切に願います。

(構成/編集部・藤井直樹)

※AERA 2021年8月2日号