東京パラリンピックの開会式に出席するため、再来日していた国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が8月25日夜、ひっそり帰国した。

 パラリンピックの開会式に招待されていたバッハ氏は23日に来日。だが、特例として隔離措置は取られず、物議を醸した。

 政府分科会の尾身茂会長は25日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、「なんでわざわざ来るのかと。そこでは、そういうことをなぜ、普通のコモンセンス(常識)なら(判断が)できるはずなんですね」と苦言を呈していた。

「銀ブラをしたり好き勝手な行動をしたバッハ会長が再来日することに政府もJOCも『NO』と言えない。東京五輪は利権が絡んでいるからです。視線がIOCにばかり向いているから、国民の思いに気づかない。不要不急の外出を呼び掛けてもこれでは説得力がないですよ」(スポーツ紙記者)

 一方、東京パラリンピックでアスリートたちが連日、奮闘している姿に、心を揺さぶられる視聴者は多いのではないだろうか。

 24日夜に開催された開会式は日本国内だけでなく、世界中から「感動した」、「ハイクォリティーな構成、演出で圧巻」と絶賛の嵐だった。

「WE HAVE WINGS(我々には翼がある)」をコンセプトに行なわれたイベントで、開始を告げるダンスパフォーマンスには、公募で選ばれたダンサーたちが登場。タレントのはるな愛の姿も見られた。車いす俳優のはしぐちしんさんなど様々な障害や個性を持ったダンサーがポップな音楽に合わせ、笑顔で息の合ったパフォーマンスを披露した。

 印象深かったのが、演劇「片翼の小さな飛行機」だ。主人公として抜擢されたのは、羊膜索症候群や関節拘縮症により上肢下肢に機能障がいのある13歳の和合由依さん。オーディションで選ばれたが演技経験がないとは思えない。その表現力は圧巻だった。和合さんは、翼が1つしかないために飛ぶことを躊躇する様子を表情と全身で表現。

 物語の中盤では、悩む和合さんの前に光り輝く「デコトラ」が登場。歌手・布袋寅泰が荷台に乗って登場し、この開会式のために書き下ろした「TSUBASA」と「HIKARI」の2曲を、全盲ギタリストの田川ヒロアキ、車いすギタリストの川崎昭仁、不登校を経験した笑顔が魅力の17歳ベーシスト・アヤコノさんと共に演奏し、ダンサーが踊りだす。

 勇気づけられた和合さんは約20メートルの滑走路を車いすで走り、無事に飛び立った。一連の物語は、困難を乗り越えて戦いに臨むアスリートたちの姿が重ねられている。

「五輪の開会式は視聴者が置いてきぼりになった感がありました。詰め込みすぎて何を表現したいのかわからなかった。せっかく大竹しのぶさんなど表現力がある女優が出演したのにもったいないように感じました。パラリンピックの開会式は一貫性のある演出で制作スタッフの強い思いが伝わってきました」(テレビ関係者)

 五輪の開会式でバッハ会長が13分に及ぶ挨拶で、「長い」とヒンシュクを買ったが、パラリンピックの開会式では国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長の挨拶は6分半あまり。

「ここまで来られたことに信じられない気持ちです。多くの人がこの日が来るのは不可能だと考えていました。それでも多くの人々のおかげで、地球上で最も大きな変革を起こす力のスポーツの祭典が、いま始まろうとしている」

「パラリンピックは、単に観戦する楽しみにとどまらず、地球上の他のスポーツイベントとは異なり、社会を変革する力を持っています」と身振り手振りで訴えかけた。日本語で「ありがとうジャパン、ありがとう東京!」と感謝する場面もあり、多くの視聴者の心をつかんだ。

「挨拶一つとっても五輪への思い、熱意は伝わってきます。バッハ会長とパーソンズ会長は対照的でした」

 スポーツ紙五輪担当記者は五輪とパラリンピック開会式についてこう振り返る。

「東京五輪は開会式の演出チームのメンバーが次々に辞任、解任する想定外のアクシデントがありましたが、酷評された現実は受け止めなければいけない。イベントが大きくなれば大きくなるほど、外部からの口出しが多くなり演出チームの思い描いた形にならないケースが珍しくない。日本にも世界に誇れる立派なクリエイターがたくさんいます。パラリンピックの開会式で証明してくれましたし、学ぶべき点が大いにあると思います」(同前)

 SNS、ツイッター上でも東京五輪とパラリンピックを比較した意見が相次いだ。

「五輪の開会式はゴチャゴチャしていて何がやりたいか分からなかったけど、パラリンピックの開会式はシンプルな構成で凄く深いから見入った。日本人はこういう素晴らしい作品が作れるんだと誇らしい気持ちになりました」

 視聴者にいったい、何を伝えたいか――。この観点を軽視して忖度してばかりでは視聴者の心に響かない。(朝倉一平)