前半戦に首位を快走していた阪神の勢いが完全に消えてしまった。下位に沈む広島に敵地・マツダスタジアムで手痛い同一カード3連敗。後半戦に入り7勝8敗と黒星が先行し、首位から3位に転落した。



「4番で我慢強く使っていた大山悠輔をスタメンから外し、広島との3戦目には6試合連続無安打と絶不調の佐藤輝明も先発から外しましたが、思うように機能しない。5番に糸原健斗を抜擢しましたが迫力不足は否めず、打線の組み方にも疑問が残りました。ただ、長いシーズンで主力が次々に不調になる時期があるし、仕方ない部分もある。気になるのはベンチの雰囲気です。矢野燿大監督は点が入ると満面の笑みでガッツポーズをして、勝つと選手以上に喜びを露わにしますが、負けが込むと悲壮感が漂う表情を浮かべて空気が一気に重くなる。喜怒哀楽を前面に出すのは決して悪いことではないですが、勝っても厳しい視線で課題を指摘する巨人の原辰徳監督、勝っても負けても無表情を貫く落合博満さん(元中日監督)に比べると、頼りなく感じてしまう」(スポーツ紙デスク)

 矢野監督は選手と共に戦っているように感じる。もちろん、指揮官として俯瞰した目で戦術を組み立てている側面はあるが、選手の一挙手一投足に感情移入する。7月12日のDeNA戦(甲子園)では3点ビハインドの9回2死一塁と敗色濃厚の展開から5連打で4得点の大逆転勝ち。劇的な逆転勝ちで試合後にマイクを向けられた矢野監督は「感動しています」と話した後、目を潤ませた。

「苦しかったですけどね。本当に一人一人が……」と話すと、言葉を詰まらせて「ちょっと待ってください」沈黙。「全員の気持ちだと思います」と言葉を振り絞って選手を称えた。

 敗戦後、選手を名指しで批判することはほとんどなく、選手を起用した自身の責任という思いを貫く。それゆえに選手からの人望は厚い。ただチームを司る指揮官としてその采配には批判の声が少なくない。

 打撃不振の大山悠輔を辛抱強く使い、2カ月以上白星から遠ざかり、後半戦も本来の投球に程遠いエースの西勇輝を先発ローテーションから外さない。主軸の丸佳浩が精彩を欠いていると見るや迷いなく2軍に落とすなど、主力を特別扱いせず「結果至上主義」の原監督とは対照的に映る。

 16年ぶりのリーグ優勝を狙う阪神だが、勝負強さに不安が残る。巨人との直接対決に弱く、12年から9年連続カード負け越し。昨年も巨人戦で8勝16敗と大きく負け越している。悪夢として阪神ファンの脳裏に刻まれているのが08年だ。開幕から首位を快走し、7月9日の時点で同率2位の巨人、中日に最大13ゲーム差をつけていたが、腰痛を抱えていた新井貴浩が北京五輪に強行出場して患部の症状が悪化。後半戦に長期離脱して得点力が半減すると苦しい戦いが続く。猛追する巨人に「メイクレジェンド」と形容された劇的な逆転優勝を許し、岡田彰布監督は辞任に追い込まれた。

「巨人、ヤクルト、阪神の混戦は続くでしょう。勝負を分けるのは監督の采配力です。矢野監督は勝利に徹して非情にならなければいけない部分も必要になってくる。選手に寄り添う姿は素晴らしいですし結束力を高める上でも大きな魅力ですが、優勝するためには選手に嫌われてでも勝利に執着する采配が求められます」(スポーツ紙記者)

チームを立て直し、矢野監督は名将になれるか――。(牧忠則)