「負けるべくして負けた」。キャプテンの吉田麻也が試合直後のインタビューで吐き出した言葉は、“負けられない試合”と題された試合を観戦した多くの者が抱いた感想そのものだっただろう。



 カタールW杯アジア最終予選の初戦に挑んだ日本が、“格下”オマーン相手に黒星スタート。雨の中で試合のテンポを上げられず、VARによるPK取り消しで救われたにも関わらず、試合終了間際にゴールネットを揺らされて0対1の敗戦。相手の出足の良さ、運動量、気迫、一体感で大きく下回り、シュート数は10対13。コンディションの差だけでは片付けられない“完敗”だった。

 改めてこの日のスターティングメンバーを振り返ると、11人中6人が30歳以上で平均年齢は29.7歳だった。本来ならばここに26歳の南野拓実と22歳の冨安健洋が加わり、23歳の堂安律と20歳の久保建英も絡んで来るが、それでも決勝戦でカタールに1対3と完敗した2019年のアジア杯とほぼ同じメンバー。年齢的に現状維持はあれども大幅な成長は見込めず、チームとしての停滞は明らかだ。森保一監督はこの日のメンバーに「安定感」と「安心感」を求めたが、結果としては逆効果。新鮮味のないメンバーに躍動感は見られず、エネルギー不足の戦いに終始することになった。

 ここで求められるのは、やはりチームを活性化できる新戦力であり、カタールW杯の本大会を見据えても各ポジションでの世代交代は必須だ。FW陣では、26歳の古橋亨梧を左サイドではなく中央で使うことが最も即効性があるだろう。その他、追加招集された25歳のオナイウ阿道だけでなく、昨季ベルギーリーグで17得点を奪った25歳の鈴木優磨、怪我明けで東京五輪では本領を発揮できなかった23歳の上田綺世、同じく不完全燃焼に終わった23歳の前田大然といった面々を、早急にA代表に組み込むことにトライすべきだ。「大迫勇也の1トップ」にはすでに限界が見えており、いよいよ“脱・大迫”を決断する時が来たと言える。

 攻撃的な中盤、アタッカー陣では、オマーン戦で70分から交代出場した久保がスタメンに定着することはもちろんだが、それに加えて期待したいのが、やはり三笘薫である。前述の上田と前田同様に東京五輪では自身のコンディション不良だけでなく森保監督がチーム戦術の中に“落とし込めなかった”。だが、3位決定戦のメキシコ戦で奪ったゴールシーンに代表されるように、アタッキングサードで違いを見せられる稀有なタレントであることは間違いなく、今の森保ジャパンには必要不可欠な能力である。

 さらにもう一人、鹿島でブレイク中の荒木遼太郎にも期待したい。年齢的にはまだ19歳ではあるが、狭いスペースの中で見せる技術と一瞬のスピード、さらに高い得点力は、すでにJリーグの中では屈指のものがある。現状、「将来の日本を背負って行く若手」という位置付けではあるが、今季の9ゴール6アシスト(9月5日時点)という結果は、すぐにA代表に招集する理由になる。

 攻撃のタクトを振るうボランチでは、田中碧だ。五輪での激闘を経て9月10日に23歳を迎える技術と戦術眼に長けたゲームメーカー。今夏にドイツ2部のデュッセルドルフに移籍したこともあって今回の招集メンバーからは外れたが、今後のA代表定着は間違いなし。注目は柴崎岳からポジションを奪い取れるかどうかになるが、そうならなければ日本代表の進歩はないとも言える。遠藤航とのコンビネーション、補完性の高さは東京五輪で証明済み。日本のパス回し、攻撃のリズムを変えるには有効な手段になる。

 センターバックは吉田麻也、冨安健洋に続く3番手として植田直通は失格だったが、24歳の板倉滉に加え、昌子源もまだ28歳だ。問題はサイドバック。右は、31歳の酒井宏樹に続いて、27歳の室屋成と山根視来、22歳の橋岡大樹、21歳の菅原由勢と名前が挙がるが、左は未だに34歳の長友佑都をスタメンで起用しており、オマーン戦でのパフォーマンスも含めて今後の伸びしろはない。人材難であることは事実だが、早急に新しい形を見つけるべきだ。

 では、新たな左サイドバックは誰か。ボランチが本職でありながら、東京五輪で好パフォーマンスを披露した24歳の中山雄太を本格的に左サイドバックとして育て上げる手はあるが、やはり攻撃面では物足りない。反対に、旗手怜央では守備面に課題があり、東京五輪でも左サイドバックとしては不安が付き纏った。そこで期待したいのが、24歳の小川諒也だ。強さと速さ、正確な左足のキックを持つ大型サイドバック。国際舞台の中で継続的に起用して行く中で安定感を高めることができれば、大きく飛躍する可能性を持っている。チームとしても「左利きの左サイドバック」を起用することで、ピッチ上でのボールの置き所と回し方は確実に変化し、それが攻撃の活性化にもつながるはずだ。

 こうして考えると、日本には人材がいない訳ではない。最後に悔しさを味わった東京五輪メンバーの奮起にも大いに期待したい。だが、人材は活用しなければ埋もれてしまう。指揮官として経験、実績のない若手を起用するのは勇気のいることではあるが、リスクを恐れて挑戦することを忘れてしまっては、チームとしての成長はないのだ。W杯予選の最初と最後でスターティングメンバーが様変わりすることは、過去に何度も繰り返されてきた現象である。オマーン戦に完敗した今、森保監督の勇気あるチャレンジ、もしくは日本サッカー協会の決断が求められている。