バックドロップはプロレスを代表する投げ技。多くのレスラーが使用してきたが、バックドロップの名手と呼べる選手は誰だろうか……。一撃必殺、説得力抜群の技が生み出した至極の名シーンを振り返る。

 まず、バックドロップといえばジャンボ鶴田は外せない。

 72年ミュンヘン五輪のアマレス日本代表は、五輪後に「全日本プロレスに就職します」の名言とともにマット界へ。米国での武者修行を経て73年に帰国、「若大将」と呼ばれジャイアント馬場に次ぐ次世代エースとして期待された。

 国内リーグ戦などでは結果を残したが、国外メジャータイトル戦における外国人トップレスラーたちの壁は厚かった。ルール等を巧妙に利用されるなど寸前でタイトルを逃すことも多く、ファンから「善戦マン」と呼ばれたほどだった。そんな鶴田のプロレス人生を左右したのもバックドロップだった。

 若手時代から使用していたが、鉄人ルー・テーズから「ヘソで小さく弧を描くように投げろ」とアドバイスを受け、破壊力が増した。のちに「岩石落とし」とも呼ばれる説得力抜群の必殺技となった。受け身が上手くない選手には致命傷になりかねないため、相手に応じて落とす角度などを変化させていたというほどだった。

 バックドロップで世界を獲ったシーンはプロレス史に残る名場面。84年2月23日、東京・蔵前国技館でインターナショナル王者の鶴田がAWA世界王者のニック・ボックウィンクルとダブルタイトル戦に挑んだ。試合は32分0秒、バックドロップ・ホールドでのピンフォール勝ちで二冠王者となった。

 そしてバックドロップを巡る忘れられないシーンがもう1つある。90年6月8日、東京・日本武道館での三沢光晴とのシングルマッチだ。大量の離脱者が出るなど、全日本プロレスの非常事態に立ち上がった三沢。シリーズ開幕戦で虎のマスクを脱ぎ、素顔でのファイトを続け最終戦でエース鶴田と激突した。

 エンディングにつながるスリリングな切り返しはプロレスの醍醐味だった。鶴田のブレンバスターを空中で返した三沢がバックドロップを仕掛ける。これを再び鶴田が空中で返し三沢に被さってフォールへ。しかしカウント2から三沢が再び返して24分6秒ついにカウント3が入った。

「三沢が勝った」(日本テレビ/若林健治)という歴史に残る名実況も、間接的だがバックドロップが生み出したものだった。

 アントニオ猪木もバックドロップを代名詞としていたプロレスラーの1人だ。延髄斬りや卍固めなどのイメージが強いが、新日本プロレス旗揚げ当時などの70年代は柔軟な身体を生かした「反り投げ」系技を多く用いていた。バックドロップもその1つで当初はオーソドックスな「抱え上げ式」を使用していたが、ルー・テーズ来日以降は「ヘソで投げる」ものを使い始めたとされる。

 バックドロップの印象を強くしたのが、74年10月10日NWF世界戦で行われた大木金太郎戦(東京・蔵前国技館)。猪木の日本プロレス追放、新日本プロレス立ち上げの経緯で両者には感情的シコリがあり遺恨試合となった。大木のヘッドバッドと猪木のナックルパートの応酬の末、13分13秒バックドロップからの3カウントで猪木が勝利した。のちに鶴田のバックドロップが世に知れたのも蔵前だったことを思うと因果を感じる。

 猪木はその後も数々のビッグマッチでバックドロップを使用した。76年2月6日、日本武道館でのウイリエム・ルスカ戦は「プロレス対柔道」の異種格闘技戦として行われた。その試合で猪木は、ミュンヘン五輪金メダリストに対してバックドロップ3連発を放ち、20分35秒タオル投入でのTKO勝ちを収めた。また86年6月20日の京都府立体育館では形こそ崩れていたが、223cm230kgと言われるアンドレ・ザ・ジャイアントをバックドロップで投げたことが話題になった。

 鶴田、猪木の他にも強烈なバックドロップの使い手はいる。

 日本人では、もう1人のAWA世界ヘビー級王座戴冠者(90年2月10日、東京ドーム、ラリー・ズビスコ戦)、マサ斎藤が繰り出していたものも印象に残る。米国時代に改良を重ね、捻りを加えた強烈なものでAWAサーキット当時は「サイトー・スープレックス」と呼ばれていたという。また斎藤を尊敬してやまない長州力も、同様の捻り式の強烈なバックドロップを使っていた。

 後藤達俊(新日本他)のものは真っ逆さまに落とす、まさに「殺人バックドロップ」だった。90年6月12日の福岡国際センターでは、8人タッグで対戦した技を受けた馳浩が試合後に心臓停止に追い込まれた。そしてスティーブ・ウィリアムス(全日本他)や川田利明(全日本他)も、相手選手の命を心配してしまうほどの危険な角度で投げていた。その他にも小川良成(ノア他)、諏訪魔(全日本)、永田裕志(新日本)などバックドロップの名手を挙げれば国内外キリがない。

 テーズ式、捻り式、抱え込み式、旋回式……。

 バックドロップにはレスラーの数だけ種類があり試合状況によって形も変わる。様々な個性を持っているからプロレスの代表技になったのだろう。今後もバックドロップは多くの名シーンを作り出し、語り継がれていくことになるはずだ。