横綱白鵬が現役を引退した。相撲界で存在感を示してきた白鵬だが、入門直前に涙を流すなど、意外な一面もあったという。AERA 2021年10月11日号では、入門前から知る元力士の朝井英治さんに話を聞いた。

*  *  *

「白鵬が『モンゴルに帰りたい』と泣いているように見えました」

 そう振り返るのは朝井英治さん(51)。白鵬(36)が所属する宮城野部屋の元力士で先輩にあたる。

 2000年10月、15歳の白鵬が大相撲入りを目指すモンゴルの若者たちとともに日本を訪れ、大阪の実業団相撲の強豪・摂津倉庫の寮で寝泊まりしていたときのことだ。仲間たちに次々と相撲部屋から声が掛かる一方で、白鵬は取り残されていた。

 白鵬の父ムンフバトさんはモンゴル相撲の横綱で、1968年メキシコ五輪のレスリングで銀メダルに輝き、母国に初の五輪メダルをもたらした国民的英雄だ。その息子に声が掛からなかったのは不思議に思われる。

 しかし、当時の白鵬は身長175センチで体重は70キロにも満たない、色白でやせっぽちの少年だった。いよいよ時間切れで帰国寸前に、宮城野親方(元幕内竹葉山)からの連絡を受けてスカウトに駆け付けたのが、すでに引退して故郷の大阪に帰っていた朝井さんだった。

■明日には帰国の席で

「明日にはモンゴルに帰るというお別れの食事会の席だったと思います。引き取り手のない数人の中から白鵬を選びました。少年相撲の指導をしていた経験から、体ができあがっている子より細い子のほうが伸びる可能性があると思ったからです」

 自分が選ばれたと聞いた白鵬は大声で泣き始めた。その涙はうれしさというより故郷に帰れない悲しさと感じられたという。

「泣きじゃくっている感じでしたから。『そんなに嫌ならいいですよ』と申し出たくらいです。お父さんと電話がつながって正座をしたまま涙を流して話していたんですが、『帰りたい』と伝えて説得されていたんだと思います」

 白鵬自身、後日、相撲の勉強と観光旅行のようなつもりで来日したと明かしている。最終的には涙を拭い、入門を決意した。

 それから10年後の10年春のことだった。朝井さんは白鵬からこう言われた。

「大阪の宮城野部屋の宿舎で一緒に風呂に入っているときだったと思います。『大会を開きたいから力を貸してください』と」

 ひょろひょろだった少年は190センチ、150キロを超える大横綱として土俵に君臨していた。その大会とは子どもたちの相撲大会のこと。それも、モンゴルからも集めた大規模なものだ。現役力士が自ら音頭を取り、全国規模の子どもの相撲大会を開くのは異例だった。

 白鵬は自分を育ててくれた日本の相撲に恩を感じ、相撲大会を開きたいという思いを以前から抱いていた。それに加えて、当時、相撲界では八百長問題などの不祥事が相次ぎ、11年3月の春場所(大阪)が中止という前代未聞の事態に至る。そんな危機だからこそ、かねて温めていた相撲大会を実現したいと考え、当時、大阪府相撲連盟理事長を務めていた朝井さんに話を持ち掛けたのだ。

 朝井さんはもろ手を挙げて賛成したわけではない。全国規模の大会を初めて実施するとなれば準備期間は1年以上必要だ。一方、白鵬は年内には開催したいという。何度も話し合い、最終的にはその思いを受け止めた。準備は予想以上に難航したが、粘り強く交渉を繰り返した。

■普及に貢献する白鵬杯

 10年の12月19日、大阪・堺の大浜公園相撲場で、少年相撲大会「白鵬杯」が開催された。モンゴルの子どもたちも含め790人が参加し、大盛況だった。

 白鵬杯はその後も形や時期を変えながら継続。今年は新型コロナ禍で中止となったが、昨年は第10回の記念大会を国技館で開催した。モンゴルだけでなく世界14カ国・地域から千人以上の子どもたちが集まった。予選を勝ち抜かなくてもエントリーすればだれでも参加できるのが大きな特徴で、相撲普及に果たす役割の大きさは計り知れない。(相撲ライター・十枝慶二)

※AERA 2021年10月11日号より抜粋