50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超え、2021年9月には「日本プロレス殿堂会」で殿堂入りを果たした天龍さんが伝えたいことは? 今回は「殿堂入り」をテーマに、つれづれに明るく飄々と語ってもらいました。

 *  *  *

「日本プロレス殿堂会」の殿堂入りは、正直な気持ちとしては嬉しいが、面映ゆいところもある。プロレスの殿堂にノミネートされただけでも嬉しいのに、しょっぱなに殿堂入りできたことに意義があるんじゃないかな。ファンの中には「なぜ天龍が入っていて、この選手が入っていないんだ!」と思う人もいるはずだ。殿堂会は主催者が勝手に決めているのではなく、本人や亡くなった人の場合はご遺族に殿堂入りの打診を事前にしているんだ。その上で辞退される場合もある。特にご遺族にとってはレスラーである前に父親であったり家族の一員なわけだから、プロレスから離れてそっとしておいてほしいという希望もあるからね。

  だからこそ、この殿堂会の趣旨に一番賛同したというか、理解を示しているのが長州力と藤波辰爾というのも興味深いんだ。特に長州は断りそうなもんだけど、自分が殿堂入りを受けることで、後輩たちも受けやすくなるだろうと考えているようだ。セレモニーの時、彼と話したんだが、「殿堂入りのハードルを高くし過ぎると、選考も四角四面になるし、権威的になってしまってもいけないので、もっとフランクに入れるようにした方がいいんじゃないか」って。野球のように明確な数字で資格が決まるわけじゃないからね。懇親会とまではいかないけど、身近なレスラーがどんどん入るようにすれば裾野が広がって、プロレスも殿堂会も世間にもっと広まるんじゃないかなと言っていたよ。さすが、大学出は言うことが違うよ!(笑)

 プロレスの殿堂といえば、アメリカのWWEが有名だ。殿堂というと斜(しゃ)に構えてしまうかもしれないが、向こうでは「ファンと選手のコミュニティー」というのが基本的な趣旨だ。「サマースラム」なんかの大きな大会あると、往年のレスラーが前日にサイン会をやって長蛇の列ができたり、周辺のホテルが満室になったりと、経済効果的な影響も大きくて、いろいろな都市から誘致されるくらいだからね。昔からのファンと往年のレスラーの交流の場にもなっているし、日本も昔のファンの掘り起こしができたらいいなと思うよ。

  もし、日本で活躍した外国人レスラーの殿堂を作るとしたら、誰を入れるかだって? まずはシャープ兄弟だね。黎明期のころから日本にプロレスを浸透させたという意味で貢献度が高い。俺がアメリカでプロレス修行していた頃、ノースカロライナで一緒だったレスラーが「父が日本で活躍したレスラーだ」と言っていて、「誰だ?」と聞いたら「シャープ兄弟だ」って。彼はシャープ兄弟の弟のマイクの息子、マイク・シャープ・ジュニアで、お父さんたちはすごい親日家だという話も聞いたよ。ずいぶん、日本での印象が強かったみたいだね。

  あとはやっぱり、ザ・ファンクス、アンドレ・ザ・ジャイアント、ミル・マスカラス、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、アブドーラ・ザ・ブッチャー。ここまでかな。

 新日本プロレスのファンからしたら、ビッグバン・ベイダーやタイガー・ジェット・シンもいるだろうが、俺の場合は全日本プロレスしか知らないから、全日本で強かった外国人レスラーしか浮かばないけど、そこは容赦してくれ。でも全日本と新日本だと、全日本の外国人レスラーの方がポピュラーでファンに浸透しているというイメージの方が強いよね。

  新日本は外国人レスラーの人気が無い分、アントニオ猪木さん、坂口征二さん、長州力、藤波辰爾と、外国人レスラー以上に日本人レスラーがバーンっと頑張っていた。全日本にいたときは、どの会場でもファンは外国人レスラーについていることを感じていたけど、新日本は日本人選手にファンがついている。そこも全日本と新日本の大きな違いだ。全日はマスカラスやスタンが来ると会場がいっぱいになるけど、来ないとイマイチだったりしたからね。まぁ、ジャイアント馬場さんが外国人レスラーが好きだったということも大きいだろう。外国人レスラーは葉巻をお土産に持ってくるからね(笑)。

  馬場さんの葉巻と言えば思い出すのは、俺が相撲からプロレスに転向したばかりの頃。馬場さんが住んでいたリキマンションの一室を借りたら、部屋に冷蔵庫がすでにあって「俺が使っていいんだ」と思って冷蔵庫を開けたら、馬場さんの葉巻がびっしり入っていた。さすがに馬場さんの葉巻と一緒に俺の物を入れるわけにはいかない。冷蔵庫を買う金が浮いたと思ったのに(苦笑)。

  そうそう外国人レスラーといえば、ロード・ウォーリアーズのアニマルとホークも印象的。なぜかというと、彼らは日本のラーメンが大好きだったんだ。「肉(チャーシュー)も麺もあって、こんなグッドフードはない! ホットドッグほどヘビーじゃないから胃に優しいし、一杯ですべてをまかなえる」と、全国各地どこへ行っても会場の近くでラーメンを食べていたよ。ホットドッグよりラーメンの方がヘビーだと思うけどね(笑)。特にホークが気に入って「あの店のラーメンはどうだこうだ」と一丁前に講釈垂れたりしていたよ。

  彼らはいつも試合前の練習でベンチプレスで250キロを挙げたり、バックプレスで150キロを挙げたりとハードなトレーニングをして、その後にラーメンを食べて、試合をするんだ。「ラーメンはクイックエネルギーとして本当にいい!」って言ってね。近所のラーメン店もいきなりデカい外国人が2人で来てビックリしただろうね。

  アニマルとホークだけでなく、ほかの外国人レスラーにもラーメンは評判がよかったよ。彼らのように日本に来た外国人が「日本にうまいヌードルがある」と本国で紹介して、それを聞いた人たちが日本でラーメンを食べて、さらに海外でラーメン店ができると「そう、これだ、これ!」となって現在のような人気になったんじゃないか。だとしたら、アニマルとホークもラーメンの発展に一役買っていたかもしれない。ということで、海外でも人気となったラーメンも“フードの殿堂入り”を推したいね!

  フードの殿堂でもうひとつ、焼肉も推したい。俺が相撲界に入ったばかりの14〜15歳の頃に、肉の価格がぐっと下がって、浅草なんかの下町を中心に焼肉が安く食べられるようになったんだ。それまで肉といえばステーキやしゃぶしゃぶで、とても高価だからタニマチと一緒じゃないとなかなか食べられない。そこに安価な焼肉が食べられるようになって、よく食べたもんだ。俺の相撲やレスラーとしての体を作ったのは間違いなく焼肉だね。そのころから日本人の平均身長もどんどん伸びたんじゃないかな。安くて腹いっぱい肉が食べられるのは、相撲取りやレスラーにとって大事なこと。今は昔ほど体の大きなレスラーがいなくてさみしいじゃない。今の子どもたちもどんどん焼肉を食べて体を大きくして、将来プロレスラーになってほしいね!

  では、次回も天龍源一郎の“個人的殿堂入り”を話すとしよう。国内外の俳優や歌手、それに天龍にとって一番外せない殿堂入りの人を紹介するから、誰だか予想して待っていてくれ!

(構成・高橋ダイスケ)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす。