50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超え、2021年9月には「日本プロレス殿堂会」で殿堂入りを果たした天龍さんが伝えたいことは? 今回は前回に続き「殿堂入り」をテーマに、つれづれに明るく飄々と語ってもらいました。

*  *  *

 前回に続き、今回も“天龍源一郎の個人的殿堂入り”がテーマだ。今回は俳優、歌手、そしてぶっちぎりで天龍の殿堂入りの人物を紹介しよう。

 俳優で個人的な殿堂入り、まずは松方弘樹さんだね。撮影が終わった後もスタッフを連れて飲みに行ったりと、いかにも“映画スター”だ。松方さんの伝説はいろいろ聞くけど、一緒に酒を飲んだ時もかっこよかった!お父さん(近衛十四郎)もスターだったから、それを引き継いだんだね。相撲で言えば、大鵬さんや北の富士さんのような大スター。一緒に飲んだときにそんな姿を見せられて、その在り方を教えられた気がするよ。

 それにしても松方さんはきれない飲み方をする人だったね。人に「飲め」と強要しないで、自分のペースで、フランクに話して、心地いい空気を作るんだ。それがいかにも遊び人という雰囲気なんだよなぁ。それでいて松方さんは酒が強かったし、乱れずに、ずっと同じペースで飲んでいて、一方の俺は調子に乗って飲んで一人だけベロベロになってしまった。松方さんが後のインタビューで「酒で唯一負けたのが、天龍源一郎さん」と名前を出していただいて恐縮したけど、遠回しに「あんな乱暴な飲み方をするもんじゃないよ」と諭されたような気分だ。俺は「ほら、飲もう! 飲もう!」「誰か歌え!」という飲み方だから。後になって「あのときは無理やり飲まされて……」と批判されるんだ(苦笑)。

 それから高橋英樹さん。俺が相撲に入ったばかりの中学生のころ、二所ノ関部屋の近くに日活の映画館があってよく映画を観たけど、そこで主役として活躍していたのが高橋英樹さんだ。轟由紀子さんがヤクザの女ボスで、英樹さんがその息子で組を受け継ぐ『男の紋章』シリーズだったな。英樹さんはヤクザの親分役で出ていて、ものすごい貫禄があった。中学生だった俺はてっきり、結構なベテランの役者だと思っていたが、英樹さんは俺の6歳上で、当時は20歳そこそこだ。それでいて日活の主役でヤクザの親分を演じているんだから、役者としての貫禄が桁違いだよ。今でもバラエティに出たりと、現役感がすごいよね。

 高倉健さんもヤクザ映画から晩年は人情ものに出演して、しっかり役を演じ切って、幅が広い。本当の役者とはそういう人を指すのだと思う。普段と同じようにしゃべって、それを映像で見せて、それが役者だっていうのは違うよ。今の俳優は地で演じているだけで、役に入ってガラっと変わる人って少ないよね。普通のしゃべり方で、映画やドラマとテレビに出演してる時とあまり変わらないし、普段と違う役をやると映画が振るわなかったり、視聴率が悪かったりするもんね。昔の役者はどんな役でもアベレージを保っていたと思うんだよ。

 それにしても、役者は雨のシーンでびしょ濡れになりながら何テイクも撮って、監督が気に入らなかったら何度もやり直しさせられて大変だよ。「何十回も撮り直しさせられて、ぶっ殺してやろうかと思った」なんてコメントもたまに聞くよね。俺たちプロレスラーは気に食わなかったらリングの上で発散することができるけど、役者はできないからかわいそうだね(笑)。

 そうそう、女優さんでは吉永小百合さんも俺の殿堂入りだね。昔から、ずっとトップを走り続けて、いまだに日本でトップの女優だ。俺は吉永さんと同じジムに通っていたことがあるんだけど、吉永さんはいつも1時間くらいずっとプールで泳いでいて、厳しくシェイプしているんだなって尊敬したもんだよ。それで、ジムに通っている共通の知り合いが吉永さんに「天龍さんもいるし、プロレスを観に行きませんか?」と誘ったんだけど「私、プロレスはちょっと……」と断られたらしいんだ……。それを聞いて、俺の吉永さんのファン度が半分くらいになった。吉永さんは野球が好きで西武球場にはよく行くのに、プロレスはダメなのか、チクショー! って(笑)。あれから年齢も重ねて趣味も変わっているかもしれないから、もう一度誘ってみようかな? 吉永さん、プロレスを観に行きませんかー?(笑)。

 ハリウッド俳優ではジョン・トラボルタはいい役者だよね。『サタデー・ナイト・フィーバー』でアイドル的にブレイクしたけど、今でも息の長い役者で活躍している。それから、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロも殿堂入りだ。そういえば二人とも『ゴッド・ファーザー』シリーズに出ているね。今まで何度も観ている映画だけど、テレビで放送しているとやっぱりまた観ちゃう。それぐらい彼らの演技に引き込まれてしまう。何回観てもいい映画だ。トラボルタもアル・パチーノもデ・ニーロも演じてきた役柄とリンクするように、いい感じに老けていくよね。エージェントが付いていて役柄を選んで、それをしっかり演じて、経験を積み重ねた証だろう。

 俳優に続いて、歌手の殿堂入りは舟木一夫さんだ。俺が中学2年のとき、夏休みに相撲部屋に見学に来なさいと誘われたとき、舟木さんの「高校三年生」がヒットして、都会に夢を抱いた時とちょうどマッチしたんだ。初めて東京に出てきた時、この歌に後押しされて頑張ったことを今でも覚えている。この曲を聞くと「東京に行ってみたいなぁ」と思っていた俺を思い出して、懐かしい気持ちになるよ。

 それから舟木さんの歌は大体聴いているね。その後、プロレスに転向して世田谷に引っ越したとき、近所に舟木さんの家があると知って、わざわざ見に行ったもん。同じく近所のユーミンの家も見に行ったし、高田延彦の家にはピンポンダッシュしに行ったよ(笑)。

 最後に、天龍源一郎の圧倒的殿堂入りは、女房の嶋田まき代だ! 天龍のプロレスの伝説や逸話、功績は女房の包容力のおかげで生まれたと言ってもいいだろう。

 俺が毎晩飲みに行っても、それをとがめることもなく自由にしてくれた。毎晩飲み歩いて「源ちゃん、毎晩飲んでて、奥さんは大丈夫?」なんてよく心配されたけど、「うちは大丈夫! もっと飲もう」と、いつも言えたからね。そのおかげで当時一緒に飲んでいた仲間と「あの頃は毎日朝まで飲んで楽しかったね」なんて思い出話ができる。

 今にして思えば、家でもっと女房とコミュニケーションを取ればよかったんだけど、家で一緒にいると、彼女の方が物知りで、どっしり構えて度胸もあるから、俺の方が“位負け”しちゃうんだよ(苦笑)。だから夕方になると俺がそわそわし出して、女房が「飲みに行きたいんでしょ。行ってきなさいよ」って言うんだ。家では位負けしているけど、外では“プロレスラー・天龍源一郎”として名が知れていて、デカイ顔できるからね(笑)。家では女房の圧に負けるから、外で飲んで、天龍源一郎を見せつけていて、うさを晴らしていたところもあったんじゃないかな(苦笑)。

 俺がそこそこ名前が売れて、車が必要だなってなったときにまず国産車を買ったんだ。そうしたら女房が「天龍源一郎なんだから」と、ベンツ560SECを買ってくれたのも嬉しかったね。プロレスラーは夢を与える職業だからって、俺のことを理解して突き進ませてくれた女房に感謝だ。まるで勝新太郎さんと中村玉緒さん夫婦のようだろう。勝新さんが好き勝手できたのも、玉緒さんがしっかり支えてくれたからだ。勝新さんも晩年は「うちの玉緒が〜」と奥さんに感謝しているようだったもんね。うちと一緒だ。今の俺は春先のつららと一緒で、ぽたぽた水が垂れて先細る一方だ(笑)。

 女房と結婚して俺の性格も変わったと思う。相撲からプロレスに転向して、坂道を転げ落ちそうな時、踏みとどまらせてくれたのも女房だ。もう、俺だけじゃなくてみんなの「プロレスラーの女房の殿堂」も作ればいいんだよ。そうしたら嶋田まき代は間違いなく殿堂入りだ! まさに“これがおいらの恋女房”だね。

(構成・高橋ダイスケ)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす。