ヤクルトのセ・リーグ優勝が目前に迫っている。

 昨年まで2年連続最下位だった球団の躍進には球界全体が驚いている。チーム一丸となり日に日に強さを増していった戦いぶりは「あっぱれ」と言うしかない。

 対照的だったのが阪神。春先には独走状態だったが後半戦に首位を明け渡した。勝負どころで差が出たヤクルトと阪神の違いはどこにあったのだろうか。

「ヤクルト、阪神とも球団編成はしっかりしていた。昨オフから適材適所の補強を行い戦力は整っていた。とはいえタラレバになりますが、阪神が普通に戦っていればここまでの失速はせず優勝できたはず。春先の好調で浮き足立ってしまったのかな。逆にヤクルトは弱者であることを忘れず戦い方がブレず戦力を有効活用できた」(在京球団編成担当)

 今季は阪神を優勝候補に推す声は多かった。藤川球児は現役引退したものの、昨季セーブ王のスアレスを中心とした盤石のブルペン陣は健在。エース西勇輝を軸とした先発陣も頭数が揃った。打線は大型新人の佐藤輝明、韓国プロ野球で二冠王のロハス・ジュニアを獲得。戦力の充実度はライバル巨人に引けを取らないものだった。

 対してヤクルトを上位と予想する者はほぼ皆無。昨オフにFAで流出が濃厚と見られていた主砲の山田哲人、エース小川泰弘、クローザー石山泰稚が揃って残留したが前評判は高くなかった。しかし蓋を開けてみれば既存の戦力と、助っ人のサンタナ、オスナなどの新戦力が上手くかみ合い予想外の躍進を果たした。

「阪神が春先に走ったのは予想通り。調子が悪い選手がいても他でカバーできるだけの豊富な戦力がある。ヤクルトは地味ながら良い補強をしていたのでAクラスはあるかなと。山田、小川、石山も残留して普通にやればそれなりに結果は出すと思ったが、ここまでとは。下馬評を覆すまさかの展開で驚いた」(在京球団編成担当)

 開幕ダッシュに成功した阪神は4月4日から首位に立ち、一時は2位巨人に最大8ゲーム差をつけていた。08年に13ゲーム差を巨人に逆転されたこともあるが、多くのファン、関係者は早い段階で優勝を期待し大いに盛り上がった。6月16日に大阪市内で開かれた阪急阪神ホールディングス株式会社の定時株主総会では、チームが強いことで阪神への質問が飛び出さないと言う珍しい現象も起こったほどだ。

「優勝間違いなしという雰囲気で浮き足立ったような部分も見え始めた。7月上旬から本塁打を放った選手にメダルをかけるようになった。良い雰囲気がそうさせたのもわかるが他球団からすると面白くないはず。また夏前には優勝を見越した特集雑誌まで発売された。企画が持ち込まれた際に営業担当者などノリノリだったと聞きましたが、時期が早過ぎましたね……」(阪神担当記者)

 一方、ヤクルトは堅実な戦いを続け、終盤に一気に抜け出した。序盤戦から貯金の数は大きくは伸びなかったものの、5割以上をキープ。そして勝負どころの9月に13試合連続負けなしで10年ぶりの9連勝を記録し、10月にも7連勝と白星を重ねた。2年前の19年には球団ワースト16連敗を喫したチームとは思えないような強さと安定感があった。

「我慢しながら勝ち星を積み重ねてきた。核となる中心選手は固定、若手などは個々の調子によって使い分けパフォーマンスを発揮させた。ローテーションに定着した奥川恭伸をはじめ、経験を積んだ若手が自信を持ってプレーするようになりシーズン中に地力が上がった感じがある。高津臣吾監督の采配はもちろんモチベーターとしての手腕も光っています」(ヤクルト担当記者)

 投手陣では将来のエース候補と期待されていた奥川がプロ2年目で開花。田口麗斗など他球団からの移籍組も持ち味を発揮した。野手ではシーズン途中から1番打者に定着した塩見泰隆がサイクル安打を放つなど大ブレーク。そして高津監督の存在が大きいのは言うまでもない。適材適所での選手起用は監督2年目とは思えないほど。グッズが作られるほど話題になった「絶対大丈夫」という発言をはじめ、数々の“言葉”を駆使し選手の気持ちを高めた。

「チームが強いと考えず常に謙虚にプレーしていた。青木宣親、村上宗隆、山田などNPBを代表するスター選手が率先して声を出してチームプレーをする。当然若い選手は必死にやらないといけないので伸びるはずです。他球団が上だが『負けない』という思いで必死にやってきた。シーズンに入り互角に戦えることで自信も出てきた。反骨心と謙虚さがヤクルトを1つにまとめて今があると思う」(ヤクルト担当記者)

 まだ優勝の可能性は残されているものの、ここぞのところで強さを発揮できなかったのは阪神。

「戦力的には優勝してもおかしくない。春先に走り過ぎたことで気持ちに緩みのようなものが出た。佐藤にしても皮肉なもので、オープン戦から開幕直後に打ち過ぎたことで徹底的に研究されてしまった。若い選手もプロでの優勝経験はない。歯車が狂い始めると対処方法がわからない部分もある。今後に向けて良い経験にして欲しい」(阪神担当記者)

 チームスポーツは補強による戦力差で勝敗が決まる傾向が強いが、今季はそんな流れを覆すような戦いぶりをヤクルトが見せたのはある意味痛快だった。このままリーグ優勝となるのか、それとも阪神が最後の最後でまた盛り返すのか。残り数試合となった今年のペナントレースから目が離せなくなってきた。