ISUグランプリシリーズNHK杯が11月12日から14日に東京で開催され、男子シングルは宇野昌磨選手が3季ぶりに同シリーズ優勝を果たした。AERA 2021年11月29日号では、世界トップへの決意を新たにした宇野選手がNHK杯での躍進を振り返る。

*  *  *

 開幕前日から宇野昌磨(23)の表情に自信がみなぎっていた。

「自分が成長できている実感がある」

 調子の良さが伝わってきたのはその日の公式練習だ。4回転ジャンプはループ、サルコー、フリップ、トーループをすべて着氷した。3週間前のグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカに比べても、精度は上がっていた。だからこそ、だろう。宇野は今大会、自身に課すハードルが高かった。

 ショートプログラム(SP)は102・58点で首位発進。しかし、演技後は反省ばかりが口を突いた。4回転─3回転の連続トーループを、4回転─2回転にしたことを「もっと挑戦するべきだった」と悔やんだ。

 翌日のフリーはチャレンジする姿勢をリンクの上で表現した。

「まとめにいくのではなく、失敗してもいい、そんな気持ちで挑みにいった」

 4回転5本を組み込んだ「ボレロ」で、まずは今季再投入した冒頭のループを成功。GOE(出来栄え点)3・30点を引き出した。続いて、最も力を入れてきたというサルコーも決めた。

「すべてが練習通り。偶然ではなく、必然だという実感を持ちながら、滑れた」

 後半、フリップが2回転になった。

「緩みが少し出てしまった」

 それでも、4本の4回転を着氷した。

GPファイナルに進出

 スタンディングオベーションを浴びる。合計での自己ベストを更新する290・15点。3季ぶりのGPシリーズ優勝で、GPファイナル進出を決めた。

 苦しんできた。一昨季はGPで表彰台に乗ることさえできなかった。昨季の世界選手権も4位にとどまった。そんな中、世界選手権を2度制しているステファン・ランビエル・コーチから「世界一になるためには何が必要だと思う」と問われ、「ジャンプ」と答えたという。

「1位をめざすためには、そのリスクを背負って、試合に挑まなければいけない」

 覚悟を表現できたことが、自信になった。フリーから一夜明けた14日は「トップ」へのこだわりを口にした。

 これまで最高峰の選手が集うオリンピック(五輪)、世界選手権、GPファイナルではいずれも最高2位。「シルバーコレクター」と見られることの思いを聞かれた時だった。

「2位という順位がいかに難しいかを認知していたので、葛藤はない」と前置きした上で、

「僕の中では、そこ(2位)にいる自分に今まで満足していたところがあった。一度でいいから破って、ちゃんとトップで争う選手になりたい」

と言い切った。

 銀メダルを獲得した2018年平昌五輪の前にも頂点への意欲を示していた時期があった。だが、当時と今では、その意味が違うという。

「前までは(トップに)なれたらいいな、という気持ちだったが、今はなれるような練習をしていこうという考えになっている。限界を決めずに成長していきたい」

 力強い言葉を次々と発したのは「復活」で満足することはないという決意の表れだ。世界一のスケーターへ。さらなる高みを目指していく。(新聞スポーツ部・岩佐友)

※AERA 2021年11月29日号