予想通りというべきか、北京五輪シーズンの今季、フィギュアスケート女子シングルではロシア勢が圧倒的な強さを誇っている。

 グランプリシリーズは現在第5戦・フランス杯まで終了しているが、そのうち4大会でロシア勢が優勝した。ただ日本勢も、第4戦・NHK杯で坂本花織が優勝・河辺愛菜が2位、第5戦・フランス杯では樋口新葉が3位と強さを見せている。怪我でグランプリシリーズを欠場している紀平梨花も含め、ロシア女子に食い下がれる存在として日本女子には期待が集まる。

 ロシア勢・日本勢以外で今季グランプリシリーズの表彰台に乗っているのは、ユ・ヨン(韓国、スケートアメリカ3位、NHK杯3位)、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー、イタリア大会3位、ロシア杯出場予定)の二人だ。

 ルナ・ヘンドリックスは2018年平昌五輪16位、2018年世界選手権9位の成績を残しているが、一昨季は怪我のため試合に出場できなかった。精神的にも落ち込んだ時期を乗り越えて昨季復帰し、世界選手権5位と最高のカムバックを果たしている。彼女を支えているのは、男子シングルの選手として活躍していた7歳上の兄、ヨリック・ヘンドリックスだ。ヨリックは2014年ソチ五輪・2018年平昌五輪に出場しており、2019年8月に引退を発表。現役時代は一緒に練習していた妹を、今はコーチとして指導している。

 イタリア大会のショートで完璧な演技をしたヘンドリックスは、世界女王アンナ・シェルバコワらロシア勢をかわして首位に立った。そしてミスなく滑り終えたフリーの演技後、キスアンドクライでメダル獲得を知ったヘンドリックスは、兄と抱擁し喜びを分かち合っている。

 ヘンドリックスは、ブランクを経て戻った氷上で、滑る喜びが現れたスケートを見せている。トリプルアクセルや4回転といった大技はないが、一つひとつの要素をクリアかつ丁寧に行う演技が印象的だ。22歳で女性的な体型のヘンドリックスは、美しく重みのあるスケーティングで、ロシア勢とは違う個性を発揮している。



 一方、現在17歳のユ・ヨンは、2018年平昌五輪代表選考がかかる国内選考会で1位になっているが、年齢制限のため出場は叶わなかった。濱田美栄コーチにも師事しており、トリプルアクセルを武器に頭角を現し、母国開催の2020年四大陸選手権で2位に入っている。昨季は不調だったが、今季はスケートアメリカのフリーで4分の1回転不足をとられながらもトリプルアクセルを着氷させており、復調の兆しを見せている。

 NHK杯でもユ・ヨンはショート・フリーともにトリプルアクセルに挑んだが、二回とも転倒。他には大きなミスはなく3位に入ったものの、記者会見では悔しさを隠さなかった。

「自分自身に非常にがっかりしています。他のジャンプが成功したのはよかったのですが、トリプルアクセルにもっと集中して、次の大会ではミスがないようにしたいです」(ユ・ヨン)

 ユ・ヨンの今季フリーは、羽生結弦やネイサン・チェンのプログラムも手がけるシェイ=リーン・ボーンが振り付けた『レ・ミゼラブル』だ。ドラマチックな旋律はユ・ヨンの力強い滑りとよく合っており、トリプルアクセルが決まればプログラム全体の輝きがさらに増すだろう。シーズン後半に向け、どこまで調子を上げてくるか楽しみだ。

 ロシア勢・日本勢とはまた違う魅力を持つスケーターたちの活躍で、北京五輪シーズンのフィギュアスケートはさらに興味深いものになるだろう。(文・沢田聡子)

●沢田聡子/1972年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」