高校の部は大阪桐蔭、大学の部は中央学院大の優勝で幕を閉じた明治神宮野球大会。来年のドラフト候補にとっては最初の大きなアピールの場となったが、活躍の光った候補選手を中心に紹介したいと思う。今回は高校生編だ。なお取り上げるのは、2022年にドラフト対象となる選手に限定している。

 投手は2018年の奥川恭伸(星稜→ヤクルト)や前回大会の高橋宏斗(中京大中京→中日)のような上位指名が確実視されるような選手は不在という印象だったが、一冬越えた時の成長ぶりに注目したいのが森山陽一郎(広陵)だ。中国大会では4試合すべてに登板して防御率0.65と見事なピッチングを見せてチームの優勝に大きく貢献。神宮大会では大阪桐蔭との決勝戦こそ4回途中5失点(自責点4)と打ち込まれて負け投手となったものの、3試合全てに先発し、エースとしての役割は果たした。

 今大会で最大の武器となっていたのがカーブだ。一度浮いてから鋭くブレーキのかかるボールで、落差の大きさもかなりのものがある。対戦した打者は目線がどうしても上がり、なかなか自分のスイングをすることができていなかった。変化の大きいボールはコントロールすることが難しいが、ストレートと変わらない腕の振りで低めにしっかり投げられるのは得難い長所である。

 もうひとつの武器であるフォークも少し制球はばらつくもののブレーキがあり、ストレートを見せ球にしてカーブとフォークで打ちとるというパターンが目立った。一方で課題となるのはストレートのスピードだ。今大会での最速は141キロと一定の速さはあるものの、ほとんどが130キロ台中盤から後半で、腕を振っている割にはボールの勢いがそれほど感じられなかった。冬の間に出力がアップして、コンスタントに140キロ台中盤をマークするようになれば、変化球がさらに生きてくるだろう。

 ストレートの強さが目を引いたのが辻田旭輝(クラーク国際)と松林幸紀(広陵)の2人だ。辻田は初戦の九州国際大付戦で4回2/3を投げて4失点(自責点3)で負け投手となったが、ストレートの最速は143キロをマーク。ステップの幅が狭く、上半身の強さで投げるフォームのため抑え込み切れずに浮くボールも目立ったものの、指にかかった時のストレートは勢いがあった。中指を痛めた影響で北海道大会に続いて背番号3だったが、春は万全の状態で不動のエースとしての活躍を期待したい。松林は決勝戦で森山の後の2番手として登板し、最速146キロをマークしてスタンドを沸かせた。左肩の開きもリリースも早く、タイミングを合わされやすいのは課題だが、馬力は大きな魅力である。森山と切磋琢磨してさらなる成長を期待したい。

 野手でまず目立ったのが田代旭(花巻東)、松尾汐恩(大阪桐蔭)、野田海人(九州国際大付)の捕手3人だ。田代は注目を集めた佐々木麟太郎(1年)の後ろを打っているが、ヘッドを中に入れるスタイルなど佐々木と重なる部分も多く、そのフルスイングは迫力十分。準々決勝の高知戦ではライトスタンド中段へ叩き込むホームランを放って見せた。地肩の強さもあるだけにスローイングの精度が上がれば楽しみな存在だ。

 松尾も強打が魅力のキャッチャーで、決勝戦では2本のホームランを含む4安打4打点の大活躍。少しバットの引きが大きいのは気になるが、巧みなリストワークで内角をさばくのも上手い。守備面は少し不安定なところもあるが、フットワークの良さとコンパクトで鋭い腕の振りも目立つ。野田は投手としても最速145キロをマークした抜群の強肩が魅力。少しフットワークが雑になることがあるのは課題だが、低くて伸びるセカンド送球は圧倒的なものがある。打撃の確実性と守備の丁寧さが出てくれば高校からのプロ入りも狙えるだろう。

 それ以外の野手では成田陸(国学院久我山・一塁手)、丸山一喜(大阪桐蔭・一塁手)、伊藤櫂人(大阪桐蔭・三塁手)、下川辺隼人(国学院久我山・遊撃手)、海老根優大(大阪桐蔭・外野手)、内海優太(広陵・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)などが目立ったが、スケールが感じられたのは海老根、内海、黒田の外野手3人だ。

 海老根は強肩とフルスイングの迫力が魅力。少しコントロールは課題だが、センターから見せる返球の勢いは圧倒的なものがある。初戦の敦賀気比戦ではレフトスタンド中段に叩き込むスリーランを放ち、長打力も見せた。攻守にうまくまとまりが出てくるかが今後の注目ポイントとなりそうだ。内海は形の良さが目立つ左の大型打者。パワーも十分だが決して力任せではなく、無駄な動きがほとんどないのが長所。3試合連続で安打、打点をマークし、初戦の明秀日立戦ではライトポール際に一発も放っている。投手も務める肩の強さと大型ながら脚力があるのも魅力だ。

 黒田は抜群のスピードとパンチ力が持ち味。脚力があるだけでなく、全力疾走を怠らず、常に次の塁を狙う意識の高さも光る。海老根、内海と比べると少し細身だが、全身のバネを感じるスイングで長打力も申し分なく、準決勝の大阪桐蔭戦では一時勝ち越しとなるホームランも放っている。総合力では全国でも屈指の外野手と言えるだろう。

 投手、野手ともに1年生の目立つ大会だったが、それでも今後が楽しみな選手は決して少なくない。来春の選抜高校野球では、さらに一回り成長したプレーを見せてくれることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員