師走を迎え、新春の第98回箱根駅伝(2022年1月2、3日)まで残り1カ月となった。第98回目となる今回の出走予定のランナーの中で「史上最強」と呼ばれるのが、東京国際大のケニア出身の留学生ランナー、イェゴン・ヴィンセント(3年)である。

 デビューから衝撃的だった。1年生時に出場した2020年の第96回箱根駅伝が「人生初の駅伝」。3区(21.4キロ)を任されて8位でタスキを受けると、ダイナミックな走りで次々と前を走るランナーを捉え、11キロ過ぎに7人抜きでトップへ。そのまま独走を続け、これまでの区間記録を2分01秒も更新する59分25秒の区間新記録をマーク。初めて1時間を切ったこのタイムは、ハーフマラソン換算で58分35秒というハーフ世界記録(58分1秒)に迫る驚異的なものだった。

 ヴィンセントは2度目の箱根路でも異次元の走りを披露した。新型コロナウイルスの影響で出雲駅伝が開催中止、全日本大学駅伝を欠場して迎えた第97回箱根駅伝。花の2区(23.1キロ)に登場して14位でタスキを受けると、一歩踏み出す毎に前を走るランナーとの差を縮め、6.8キロ付近で8人いた2位集団に追い付くや否や、各大学のエースたちを「周回遅れ」の如く一気に抜き去った。さらに9.2キロ付近でトップに立つと、終盤の権太坂も問題なく登り切り、前年に東洋大・相澤晃が樹立した区間記録を8秒更新する1時間05分49秒の区間新記録をマークし、「最強」の称号を確かなものにした。

 だが、過去にも「最強」と呼ばれた留学生は存在し、そのパイオニアだったのが、山梨学院大のジョセフ・オツオリである。1年生時、1989年の第65回箱根駅伝で2区を任されると、7人ゴボウ抜きの爆走を披露。以降も新興校躍進の象徴として快走を続け、箱根駅伝では3年連続の区間賞をマークし、チーム成績を7位、4位、2位と引き上げ、最終学年で迎えた1992年の第68回大会では、左膝じん帯損傷の怪我を負っていた中でも区間2位の執念の走りでチーム初の総合優勝に貢献。その名前と走りは、すべての駅伝ファンの記憶の中に強く刻み込まれている。

 オツオリの跡を継いだのが、同じくケニア出身で山梨学院大に入学したステファン・マヤカだった。1年生時、1993年の第69回箱根駅伝でエース区間の2区で区間賞をマークすると、翌年の第70回大会では2区で当時の区間タイ記録の走りを見せてチームを往路&復路の完全優勝に導いた。続く3年時の第71回大会でも2区を走り、チームは総合優勝。早稲田大の天才ランナー・渡辺康幸のライバルとして幾度となく名勝負を繰り広げ、大学駅伝界を大いに沸かせた。

 同じ山梨学院大のメクボ・モグスのスピードは、さらに強烈だった。箱根駅伝では4年連続で2区を走り、1年生だった2006年の第82回大会で区間賞デビューを飾ると、3年生の時に1時間06分23秒の区間新、さらに4年生の時には自らの記録を塗り替える1時間06分04秒をマークしてインパクトのある活躍を披露。また、ハーフマラソンでも好成績を残し、2年生時だった2007年の香川丸亀ハーフで当時世界歴代10位となる59分48秒の好タイムを記録。札幌国際ハーフでも3度(2005年、2007年、2008年)優勝を飾り、2007年には59分54秒の大会新記録をマークした。

 そのモグスの1学年下だったのが、日大のギタウ・ダニエルだ。1年生時は全日本大学駅伝2区で区間賞、箱根駅伝では3区で4人抜きでの区間2位。続く2年生時には出雲6区、全日本1区でともに区間賞をマークすると、迎えた第84回箱根駅伝では2区で15人抜きの離れ業を披露。その後も箱根2区を担当し、3年生時の第85回大会では怒涛の20人抜き(記念大会のため通常より3校多い23校が出場)。最終学年の箱根でも11人抜きを記録し、箱根駅伝4年間で前人未到の通算50人抜きの偉業を達成した。

 ここに挙げたオツオリ、マヤカ、モグス、ダニエル……。そうそうたる“レジェンド”たちが並ぶが、彼らと比べても東京国際大のヴィンセントの“走り”は特別だ。

 これまでに叩き出したタイム、そして箱根駅伝のMVPにあたる「金栗四三杯」を留学生として初めて受賞したという事実だけでなく、上体を捻りながら腕を振り、脱力しながらも大きなストライドで跳ねるように進む走り方は、彼にしかできないもの。何より、187センチの長身(オツオリ170センチ、マヤカ165センチ、モグス165センチ、ダニエル174センチ)が、他の追随を許さない別格の威圧感を放っている。

 この「史上最強」に付け足すとすれば、やはりチームの「箱根優勝」だろう。3年生となった今年は、出雲駅伝で東京国際大の初出場初優勝に貢献(6区で区間賞)したが、全日本大学駅伝では自身は3区で区間賞の走りもチームは5位だった。新春の箱根路でヴィンセントが果たしてどのような形で、どのような“爆走”を披露するのか。「史上最強」の名に相応しいレースを必ずや、見せてくれるはずだ。