センバツ高校野球で4年ぶり4度目の優勝を果たした大阪桐蔭(大阪)。2回戦で対戦予定だった広島商(広島)が選手の新型コロナウイルス感染により出場辞退となり、1試合少ないということはあったものの、それでも4試合で51得点、6失点と圧倒的な強さだった。4月9日に行われた春季大阪府大会の初戦も10対0と完勝しており、これで昨年秋に新チームを結成して以降公式戦21連勝となっている。学校として3度目の春夏連覇、そして松坂大輔を擁した横浜(神奈川)以来となる公式戦全勝という声も早くも聞こえてくる。

 そんな大阪桐蔭に対抗できるチームは果たしてあるのだろうか。昨年秋からこの春までの戦いぶりから、5校ピックアップしてみたいと思う。

 まずセンバツに出場したチームの中では広陵(広島)を推したい。2回戦で九州国際大付(福岡)に敗れたものの、これは相手エースの香西一希の巧みな投球に抑え込まれたものであり、春特有の投手優位が現れたものだったように見えた。太鼓判を押せるのが大阪桐蔭に匹敵する個々の能力の高さだ。投手は森山陽一朗、松林幸紀、岡山勇斗と140キロを超える右腕が3人揃い、夏までにまだまだスピードアップすることも十分に考えられる。打線も内海優太、真鍋慧の中軸2人を中心に迫力十分で、足を使える選手が多いというのも持ち味だ。明治神宮大会でも大阪桐蔭に8点リードされた場面から一時は3点差まで追い上げており、手強い相手ということを印象付けたことは間違いない。センバツがやや不完全燃焼な負け方だったというのも、夏に向けてのバネとなりそうだ。

 大会序盤の一発勝負ということで可能性がありそうなのが、選手の新型コロナウイルス感染でセンバツを直前に出場辞退した京都国際(京都)だ。その理由として大きいのが絶対的エースの森下瑠大の存在である。昨年も2年生ながら春夏連続で甲子園に出場しており、夏は投打にわたる活躍でチームの準決勝進出に大きく貢献。昨年秋の近畿大会は準々決勝で和歌山東に競り負けたものの、森下自身は13回を投げて無失点、17奪三振と圧巻のピッチングを見せている。同じ腕の振りからストレートと変化球を操り、高校生サウスポーらしからぬ制球力と高い投球術を誇る。大阪桐蔭の強力打線といえども簡単に打ち崩すことは難しいはずだ。打線はそれほど強力ではないが、森下が一世一代のピッチングをして、ロースコアの展開に持ち込めばチャンスはあるだろう。

 忘れてはならないのが昨年夏の甲子園優勝校である智弁和歌山(和歌山)だ。昨年秋は新チームのスタートが遅れたことも影響してか、県大会の準決勝で和歌山東に敗れて近畿大会出場を逃したが、選手個人の能力はやはり高い。特に大きいのが昨年夏の優勝を経験したキャッチャーの渡部海の存在だ。1年夏からマスクをかぶり、昨年夏もあらゆる投手をリードしてチームを見事優勝に導いている。ディフェンス面では大阪桐蔭の松尾汐恩にも決して負けない実力者である。投手陣も昨年夏の甲子園で好投した武元一輝、塩路柊季の2人を中心に力のある選手が揃っている。特に武元は投打ともに非凡なものがあり、プロのスカウトからの注目度も高い。昨年もセンバツ出場を逃しながら夏の甲子園を制覇しているだけに、今年もその再来も十分に期待できそうだ。

 投手陣の充実ぶりが目立つのが仙台育英(宮城)だ。昨年秋は東北大会で花巻東(岩手)に敗れてセンバツ出場を逃したものの、この冬は選手の底上げに成功。昨年春のセンバツでも好投した145キロサウスポーの古川翼を筆頭に、12人もの投手が既に最速140キロを超えているという。もうひとつの強みはチーム内での競争だ。これは大阪桐蔭とも通じるものだが、大会が終わるごとにメンバーはいったんリセットされ、そこから結果を残した選手がレギュラー、メンバー入りを勝ち取るという方法でチームは確実にレベルアップしている。有望な1年生も新たに加わっており、夏に向けてさらにチーム力が上がることも期待できるだろう。

 最後にダークホース的な存在として取り上げたいのが帝京(東東京)だ。2011年夏を最後に甲子園出場から遠ざかり、昨年夏には長く指揮を執った前田三夫監督も退任して新たなチームとなったが、この春の東京都大会では早稲田実(西東京)を13対0で5回コールド、センバツでベスト4の国学院久我山(西東京)を6対0と圧倒的な強さで破り快進撃を続けている。投手は既にプロ注目の2年生エース高橋蒼人以外にも力のある選手を揃え、渡辺礼、大塚智也などを中心に打線も強力だ。

 智弁和歌山も高嶋仁前監督から中谷仁監督に交代してチームが上手くスケールアップしたが、帝京もそのような流れになる雰囲気が感じられる。東の横綱が復活して大阪桐蔭と対戦するようなことになれば、甲子園は大変な盛り上がりになるはずだ。

 センバツの戦いぶりからは夏も大阪桐蔭が優勝候補の筆頭になることは間違いないが、大阪府内にも強豪は揃い、勝ち抜くのは簡単ではない。また、高校生は1週間単位でも急成長するケースもあるだけに、ここで挙げた以外のチームが浮上してくることも十分に考えられる。3度目の春夏連覇、そして公式戦無敗への道は決して平坦なものではないだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。